テニス ミス

フットワーク

「身長が低いから、自分はテニスに向いていない・・・」と落ち込んでいるアナタは、もったいない!

スポーツは身長が高いほど有利?

確かに、顕著に体格差が実力差につながりやすい種目もあるでしょう。

でも、テニスはちょっと違う。

身長が高ければ良いプレイヤーとは限らない。

むしろ身長が低い選手の方が、たくさん活躍出来る要素が詰まっているのがテニスです。

 

「身長が低いから、自分はテニスに向いていない・・・」と落ち込んでいるアナタは、もったいない!

 


 

■名ダブルスプレイヤーは、身長が低い選手が多い

特にダブルスでは、日本の女子選手も皆身長が低い中で活躍している。

身長が低ければ、サーブやスマッシュが弱いのでは・・・と思うかも知れませんが、それを補うフットワークがあればOK。

テニスはサーブ以外、コートの中のどこでどんなタイミングで打っても良いのです。

そういう意味では、フットワークや予測力、観察力がモノを言うスポーツ。

身長が低い選手が、逆に強みを発揮出来るのです。

 

■コンパクトなフォームを身に付ければ、負けにくい選手になれる

身長が低い選手は、手足のリーチも短い。

当然打球により近づかないと、しっかり打てないのは事実でしょう。

ですが、これは一見不利なようで武器になる。

コンパクトなフォームをしっかり身に付ければ、フットワークも活きるし安定感が増す。

負けにくい、非常にしぶとい選手になれる。

私の経験上、身長が低い選手の方が戦略的に戦うことが出来て強い。

体格に恵まれた選手は、無理しようとしてミスばかりで結局試合で勝てません。

 

■狙われる高い打点は、前に踏み込んでいこう!

ですがどうしても、試合で狙われるのは高い打点。

特にバックハンドの高い打点で打たされる機会が多くなると、苦しくなる。

この問題を解消するには、やはり前に踏み込んで打つショット、ライジング系の技術を磨くしかない。

あとは、山なりの軌道で攻撃させないためにも、ネットに出る動きも必要です。

苦手な打点で打つ機会を減らすには、アナタ自身が何かを変えていかないといけないことを自覚しましょう。

 

錦織選手も、実際にプロツアーの中では身長は低い。

それをポジショニングや戦略、積極的な展開力で強みに変えていますよね。

身長が低いことを、不利だと思うことを卒業しましょう。

きっと新しいテニス、見えてくると思います。

安定感を武器にしたテニスに変えていくには、良いチャンスかも知れません。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. フットワーク

    センターからセンター、だけじゃ勝てない

    ダブルスの試合は、センターセオリー。真ん中を攻め、その返球は…

  3. テニス サーブ

    フットワーク

    サーブ&ボレー、アプローチ、もっと「早く」に止まって待って良いと思う

    サーブ&ボレーや、アプローチショット、リターンダッシュ。テニス…

  4. テニス ボレー

    フットワーク

    速く動けば余裕が出来る、のがテニスのフットワーク

    テニスの試合、強い選手のフットワークは何が違うのか。これって、…

  5. テニス ポジショニング

    フットワーク

    滅多に来ない厳しいボールを、待ち続ける悲しい人たち

    ベースライン遥か後方、でストロークを頑張る人。もちろん、足が速…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合で、「厳しいボールを追いかけるときに声を出す」ことで自分をプッシュで…
  2. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスにおける戦術とは、「今ある技術だけを使って勝つ為の方法論」だと考えると割り…
  4. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で使える、「リターンで有効なコース」4つ
  5. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない
PAGE TOP