テニス 前衛

ダブルス

ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

ダブルスで、前衛がストレートを抜かれる。

リターンのときに、よくある光景ですよね。

これについて、正しい責任の所在の議論がなされているのか・・・私はいつも、疑問を感じます。

どこか、「前衛側」の責任だけ追及されているような気がしてならないのです。

 

ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

 


 

■一般の試合は、まだまだ「ポーチ」に出る回数が少な過ぎる

上のレベルになればなるほど、ダブルスはポーチに出る確率が上がる。

それだけ前衛がしっかりプレッシャーをかける、Iフォーメーションを使うペアも多い。

一般の方の試合、学生のみなさんの試合は、基本的にリターンからポーチに出る回数が少なく、ラリーの中で雁行陣からポーチに出るペアが多いのが現実。

これが悪い、とは言いませんが「もったいない」と思うことが多い。

でもその背景には、やっぱり「前衛はストレートを守るべき」という基本的な考えが背景にあるように思います。

 

■強力なリターンへの対応は、サーバーと前衛の共同作業

ストレートへリターンを展開される、というのはつまり強力な対戦相手ということ。

であれば、そこへの対応はしっかりサーバーと前衛の共同作業、で行うのが理想です。

センターにサーブを入れればストレートへのリターンは角度を付け辛く、前衛が触りやすい。

ワイドに打てばストレートにも「ポール回し」級のコースでボールが来る、のでしっかりケアしておく。

この対応こそ、ダブルスならではの「共同作業」でしっかり行うべきところ。

ストレートに抜かれるのを前衛のせいにしている人・・・アナタのサーブが半分は、原因ですよ。

 

■リターンを抜かれるのは悪くない、ポーチに出ない方が悪い!

前衛は一番、攻撃で「優先権」を持っている。

だからこそ、しっかり自分から動いて相手にプレッシャーをかける権利があることを自覚しましょう。

その結果、ストレートを抜かれるのは悪くありません。

一番まずいのは、ポーチにも出ないしストレートに打たれても劣勢になってしまう。

これを相手に見られてしまうと、もう相手は強気にどんどん攻撃してくる。

リターンを踏み込んで、思いっきり叩かれてしまう感じになって、ブレイクも容易にされてしまうでしょう。

 

前衛のプレーを見直すと、ネットプレーの概念が変わります。

ダブルスからでも良いので、しっかりネットプレーを「積極的」に行えるようになって欲しい。

後衛がいるんだから、何も遠慮する必要はありません。

ストレートを抜かれる?

その責任を自分一人で背負い込むのではなく、ペアでどう防いでいくか、対応していくか。

ダブルスで勝ちたければ、絶対にストレートに展開してくる強いペアを倒していかないといけない。

さぁ、一緒に準備していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入ろう!

    ダブルスの試合。序盤は皆さんどんな意識で試合に入っていますか?…

  2. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    「ダブルスが得意なベテランプレイヤー」に対抗する為に必要な4つの戦術

    同じカテゴリーだけで行われる高校や大学の大会と異なり、一般の大会に出れ…

  4. ダブルス

    落ち込んでいるパートナーに、何が出来る?

    ダブルスの試合で、ペアの調子が悪い。自分でも自覚しているから…

  5. ダブルス

    自信満々、な相手の方がポーチが効く

    ダブルスの試合で、何だか相手が自信満々。ストローク、リターンも…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

特集記事

  1. テニス テイクバック

    リターン

    リターンのときに、「バックハンド側に高く弾むサーブ」をしっかり抑えて返球するコツ…
  2. テニス 消臭

    テニス知識

    テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. テニス ボレー

    ボレー

    自分が思っている以上に、ボレーでは手首をこねている
  4. テニス メンタル

    メンタル

    ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する
  5. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事
PAGE TOP