テニス 前衛

ダブルス

ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

ダブルスで、前衛がストレートを抜かれる。

リターンのときに、よくある光景ですよね。

これについて、正しい責任の所在の議論がなされているのか・・・私はいつも、疑問を感じます。

どこか、「前衛側」の責任だけ追及されているような気がしてならないのです。

 

ダブルスの試合で、「リターンでストレートを抜かれるのは前衛の責任?」という疑問について

 


 

■一般の試合は、まだまだ「ポーチ」に出る回数が少な過ぎる

上のレベルになればなるほど、ダブルスはポーチに出る確率が上がる。

それだけ前衛がしっかりプレッシャーをかける、Iフォーメーションを使うペアも多い。

一般の方の試合、学生のみなさんの試合は、基本的にリターンからポーチに出る回数が少なく、ラリーの中で雁行陣からポーチに出るペアが多いのが現実。

これが悪い、とは言いませんが「もったいない」と思うことが多い。

でもその背景には、やっぱり「前衛はストレートを守るべき」という基本的な考えが背景にあるように思います。

 

■強力なリターンへの対応は、サーバーと前衛の共同作業

ストレートへリターンを展開される、というのはつまり強力な対戦相手ということ。

であれば、そこへの対応はしっかりサーバーと前衛の共同作業、で行うのが理想です。

センターにサーブを入れればストレートへのリターンは角度を付け辛く、前衛が触りやすい。

ワイドに打てばストレートにも「ポール回し」級のコースでボールが来る、のでしっかりケアしておく。

この対応こそ、ダブルスならではの「共同作業」でしっかり行うべきところ。

ストレートに抜かれるのを前衛のせいにしている人・・・アナタのサーブが半分は、原因ですよ。

 

■リターンを抜かれるのは悪くない、ポーチに出ない方が悪い!

前衛は一番、攻撃で「優先権」を持っている。

だからこそ、しっかり自分から動いて相手にプレッシャーをかける権利があることを自覚しましょう。

その結果、ストレートを抜かれるのは悪くありません。

一番まずいのは、ポーチにも出ないしストレートに打たれても劣勢になってしまう。

これを相手に見られてしまうと、もう相手は強気にどんどん攻撃してくる。

リターンを踏み込んで、思いっきり叩かれてしまう感じになって、ブレイクも容易にされてしまうでしょう。

 

前衛のプレーを見直すと、ネットプレーの概念が変わります。

ダブルスからでも良いので、しっかりネットプレーを「積極的」に行えるようになって欲しい。

後衛がいるんだから、何も遠慮する必要はありません。

ストレートを抜かれる?

その責任を自分一人で背負い込むのではなく、ペアでどう防いでいくか、対応していくか。

ダブルスで勝ちたければ、絶対にストレートに展開してくる強いペアを倒していかないといけない。

さぁ、一緒に準備していきましょう!

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

    ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。これはどのレベ…

  2. ダブルス

    「ダブルスの試合で相手前衛にポーチされまくり・・・」アナタのテニスを助ける技術とは?

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がとにかく邪魔!」と感じたことはありませ…

  3. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題について

    ダブルスの試合、どうにも勝てないペアはどこかおかしい。仲間を助…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスで4アップの陣形に強くなる!」4人でネットプレーの状態になったときに、注意したいポイントは…

    テニスのダブルスにおいて、上のレベルの試合になるとネットプレーが増えて…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ゲームメイクと展開力」を身に付ける為に必要な意識とは?

    ダブルスが上手い選手は、ゲームやポイントを作っていくのが上手いと言われ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    手堅いボレーでしぶといダブルス、どうやって崩す?

    ダブルスの試合で、みなさんがぶち当たる壁。それは、手堅い並行陣…

特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    フォロースルーを前に出さないスライス、でドロップショットは完成です
  3. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!
  4. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なショットでの展開が、「特別なショット」になっては試合で勝てない
  5. テニス ストローク

    メンタル

    勘違いしている方が多いですが、「テニスはラリーを続けることが目的」のスポーツでは…
PAGE TOP