テニス ストローク

ロブ

深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。

普通にロブで粘る、のも手ですがここは思い切ってトップスピンロブも打てるようになっておきたい。

難しい技術ですが、これが成功すると相手は前へポジションを取り辛くなる。

ぜひ女性の方も、スィングスピードを意識して練習してみましょう!

 

深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

 

1.トップスピンで急激な回転をかけて相手の頭上に

深いボレ―をしっかり引き付けて、トップスピンでロブを上げる。

難しい技術ですが、まずはしっかり低い態勢を作りましょう。

そして後ろ足でコートをキックするようにして、ジャンプしながらボールの後ろ側を思い切りつぶすようにしてこすりあげる。

軌道は相手の頭上、通常のロブより少し低めくらいで大丈夫。

まずは足の使い方から、練習してみて下さい。

 

2.アゴは上がらないように、打点に顔を残す!

アゴが上がってしまうと上体が開いてしまいますので、しっかり締めて打ち終わるようにしましょう。

そしてジャンプしながらラケットは顔の横くらいまでしっかり振り切って上げること。

気持ちに迷いがあっては、このショットは打てません。

しっかり振り切る為に、速い決断も大事です。

 

3.「ギャンブル的なショット」であることを忘れずに

難しい技術ですので、大事なポイントでは使いたくない。

しっかりリードしているときに、更に相手をねじ伏せたいようなときに、打ってみると良いでしょう。

安全策も大事ですが、ときにはこういったチャレンジも試合の中で大事。

ぜひ、メリハリをつけてトライしてみて下さい。

 

新しい技術に貪欲になること、はテニスにおいて絶対に必要。

今ある技術だけで勝てる、試合だけでは上を目指せません。

「どうせ、男性がやるショットでしょ・・・?」と思って敬遠している女性の方、違います。

今のラケットやガットなら、色々な技術が実現できる。

ぜひコーチにも相談しながら、ベテランの女性の方もチャレンジしてみて下さい。

きっと世界、変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ロブ

    ダブルスの試合、クロスロブが有効な場面とは?

    ダブルスの試合で、ロブは基本ストレート?確かに、前衛が正面にい…

  2. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  3. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    試合で相手に効くロブは、精度よりも「打つタイミング」で相手の不意を突く要素が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相…

  5. テニス コントロール

    ロブ

    ロブを追いかけて一度落とす時には、並行して走ってると一生間に合わない

    「そんなの、誰だって知ってるよ・・・」という、テニスの基本。こ…

  6. テニス 粘り

    ロブ

    高いバウンドのスライスロブは、バックスピンで戻ることを忘れないように

    高いスライスロブを打たれて、走っていってストロークで返球・・・しようと…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミングはいつ?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「回り込みフォアハンドの逆クロスを、あえて少し浅目に打つ」ことで、相手を揺さぶる…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ドロップショットの質を高めたいなら、「相手の走ろうとしているコースの逆の前」へ落…
  4. テニス 準備

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合を優位に進めたければ、「早めに男性を狙ったポイントを作る」…
  5. テニス ミス

    フットワーク

    「身長が低いから、自分はテニスに向いていない・・・」と落ち込んでいるアナタは、も…
PAGE TOP