テニス ストローク

ストローク

ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?

テニスの試合、なんだかんだ言ってもストロークの力がモノを言う。

だからこそみんな、ストローク力を向上させようと練習では多くの時間を割いている。

それなのに・・・なかなか実力として向上している感じがしない人、いませんか?

モヤモヤ悩んでいても、何も始まらない。

もしかすると、根本的にこういった問題に直面しているのかも知れません。

低い打点でこするストロークの癖、いつの間にか染み付いてしまっていませんか?

 

ストロークを安定させたいのに、「低い打点でこすってばかり」の人、いませんか?

 


 

■低い打点では、ストロークは攻撃が難しい

当たり前・・・と感じるかも知れませんが、意外と意識が出来ていない方が多いので。

低い打点でのストロークは、なかなか有効な攻撃が出来ないしリスクが高い。

それなのになぜか、初心者の方を中心に打点が低くなってしまうのはなぜか。

恐らく、ボールをしっかり待って、落として下からスィング、というストロークの基本を最初に習ったからだと思います。

この基本、試合では通用しません。

それは試合に出ているアナタなら、理解して頂けるはずです。

 

■良いスピンとは、こするようなスィングでは無い

ストロークのレベルは、良い回転量をかけられるかどうか。

良い回転量を与えるには、しっかり厚いグリップで打点を前に取り、速いスィングスピードが求められます。

こするようなスピン回転になっていると、軽いボールにしかなってくれない。

特にオムニコートでは、バウンド後に伸びていくようなボールにはならないでしょう。

こするようなラケットの振り方ではなく、下半身から回転させて「厚い」当たりを身に付けておかないと試合では通用しない。

そしてもっと大事なのは、「打点の高さ」です。

 

■ストローク戦で高い打点は、待っていても得られない!

最近の錦織選手やプロ選手の試合を観ていて分かるように、「高い打点」は自分から奪いにいかないといけない。

少しでも相手の打球が浅くなると感じたら、相手が打つ前からポジションを前にする。

いや、普段のストロークのラリー戦からポジションをベースライン近くにしておく必要があるでしょう。

常に甘くなったら「高い打点」で打てる準備があれば、こするようなスィングからも卒業できるはず。

打点を奪いにいく、時間を奪いにいくストロークを、ぜひ今年は身に付けていきましょう。

 

打点が低いから、こするように回転をかける。

この癖が付くと、肘からこねるようなストロークになって、怪我にもつながりやすい。

打点が高ければそれだけ力を入れなくても良いストロークになりますし、こすりあげる必要も無い。

必要なのは勇気と速い判断力。

まずはポジショニングと意識から、変えていきませんか?

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ストローク

    軽く打ってるのに、なぜあの人のストロークには伸びがあるのか?

    軽く打っているのに、すごくストロークに伸びがある人。試合も強い…

  2. テニス リターン

    ストローク

    逆クロスのストロークは、腕先よりも身体の向きでコントロール

    ストロークのコントロールを、「腕先」だけでやろうとしている人は、意外と…

  3. ストローク

    「試合になるとストロークが全部浅い!」人が変えていきたい5つのポイント

    普段は伸び伸び打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなる。…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    フォアハンドで、ウィナーを取るテニスにするために

    ストロークで攻撃的に、ウィナーを取る。特にフォアハンドでしっか…

  5. テニス ロブ

    ストローク

    なかなか教えてもらえない、「ロブを追いかけてしっかり返す」ための注意ポイント4つ

    試合でも練習でも、意外と「ロブで抜かれたときに、追いかけて返球」する機…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドとフォアハンド、打点との距離は違うの?

    打点を意識出来れば、テニスは見違える。「ここだ!」という場所を…

特集記事

  1. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない
  2. ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです
  3. テニス 打点

    ボレー

    テニスの試合では「ボールを打っていないときの動き」でネットプレーのレベルが決まる…
  4. テニス フットワーク

    サーブ

    サービスゲームの基本、「サーブを打つ前に、相手リターンの位置」は必ず確認しよう
  5. テニス 雨

    テニス知識

    なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる…
PAGE TOP