テニス ダブルス

ダブルス

ミックスダブルスの試合で、「女性に強く打てない…」と感じている男性がいれば、それはスキルアップのチャンスです

学生の皆さんはプレーする機会が少ないかも知れない、ミックスダブルス。

それでも社会人になったりテニススクールに通うようになると、異性とプレーする機会も増えますし、それもまたテニスの魅力でもあります。

今回は、男性が陥りがちな「女性に対してどれくらいの強さで打って良いのか、悩む・・・」という問題について、考えてみます。

あくまで自分のスキルアップに焦点を当てると、しっかり目的感が見えてきます。

 

ミックスダブルスの試合で、「女性に強く打てない…」と感じている男性がいれば、それはスキルアップのチャンスです

 


 

■スピードで勝負しないテニスは、生涯使える素晴らしいテニスに

ミックスダブルスのプレーは、少しゆったりしたプレースピードに。

男子ダブルスのような迫力は無いかもしれませんが、スピード以外の部分、プレースメントや配球、それに対する心理戦を考えてみると、非常に面白い競技であることは間違いありません。

また、スライスやロブといった細かい技術を習得し、生涯アナタが使える武器に育てていくのに、ミックスダブルスは恰好の材料になります。

女性に対して遠慮する必要は、ありません。

勝負ですから、しっかりスピードやパワー以外の部分を交えながら、相対していきましょう。

 

■普段のテニススクールの練習から、対女性にも真剣に練習できてますか?

男性の社会人の方でも、テニススクールで女性に対してあからさまに手を抜く人がいます。

まず、こういった方は試合で結果を出すのは難しいでしょう。

試合にコンスタントに出場して勝ちたいという意識の人は、女性相手にどういう練習が自分にとっても最も最適かの答えを出している。

真剣に、プレースメントで勝負して相手を揺さぶり、最後はオープンスペースを作って決める。

こういった流れをイメージして実践していけば、新しい技術の習得も速い。

雁行陣や並行陣、色々な陣形も求められます

どんどん上達していく人は、テニスに対していつでも真摯な姿勢で常に自分なりの練習を模索して実行しているのです。

 

■真剣勝負の場面では、強く打つ、打たれるのも当然

「じゃあ女性には一切、速いボールは打ってはいけないのか・・・」と考えると、そうではありません。

公式戦もあり、試合ですからそこは勝負。

ときにはしっかりしたボールを打つ、前衛にいてもストレートアタックを行うことは必要になります。

当然相手もそれを実践してきますから、その場面でいかに女性が粘れるか、男性相手に頑張れるかもミックスダブルスの大事な要素。

ですので練習でも、たまには速いボールを女性に打つことが、大事な練習になるのです。

そのメリハリをしっかり付けて、相手を掌握して主導権をアナタ自身で握れるようにイメージして試合を進めましょう。

 

男性対女性、と一言で言ってもそのシチュエーションは様々です。

がっつりストロークを打ち込んでくる女性もいれば、緩急を使い分ける男性プレイヤーも多い。

そういった様々なタイプの選手にアナタ自身が負けない為には、様々な選手と練習を共にするのが一番。

どんな環境でも、自分とテニスして練習できる仲間は最大限に活用したい。

だからこそ、いつも全力で、頭はフル回転を維持できるようなメンタル、真摯な姿勢を持ち続けていきましょう。

ミックスダブルスには、アナタ上達の芽である可能性が多く秘められているのです。

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. ダブルス

    リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう

    「前衛につかまっても、気にしないで!」と、一言、言えるかどうか。…

  2. テニス メンタル

    リターン

    シングルスの試合、「スライスでのリターン」で絶対に試合での勝率は上がる

    シングルスの試合、勝てない選手はリターンが荒い。もったいないと…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

    ダブルスの雁行陣、で後衛でプレーしている時に。「何だか、味方の…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ダブルスの試合で求められるストローク」は、シングルスと何が違うのか?を考えてみる

    学生の皆さんは特に、シングルスもダブルスも両方をプレーする、選手の方が…

  5. ダブルス

    テニス部としてダブルス強化を狙うなら、「ペア練ローテーション」を!

    テニスの団体戦、で今年は結果を出したい!と思っているチームの皆…

特集記事

  1. フットワーク

    「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身にな…
  2. テニス メンタル

    戦術

    試合の流れが悪いときに、実践したい5つのこと
  3. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?
  4. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
  5. その他

    後輩には「武勇伝よりも失敗談」を話す方良い
PAGE TOP