テニス ストローク

ストローク

「回り込みフォアハンドの逆クロスを、あえて少し浅目に打つ」ことで、相手を揺さぶる効果的なショットになります

連日、ATPファイナルの話題で盛り上がってますが、今回はこのショットに注目してみます。

よく観察していると、ジョコビッチ選手、マレー選手はこのショットで相手をうまく前後にも動かしている。

ドロップショットよりも堅実で、それでも相手を前後に揺さぶることができる、逆クロスの短めのストロークはシングルスでとても有効です!

 

「回り込みフォアハンドの逆クロスを、あえて少し浅目に打つ」ことで、相手を揺さぶる効果的なショットになります

 

■「回り込みフォアハンドストローク」の威力だけに頼らない

アナタがどんなに良いショットを持っていても、相手が慣れてくれば試合の中で使いにくくなります。

シングルスで多くの選手が得意にしているのが、回り込んでのフォアハンドストローク

でもそのショットが、良いコースで深いだけ・・・では、粘り強い相手は崩せない。

そこで必要なのが前を使うという感覚です。

 

■相手がベースラインより後ろにいるときに、同じフォームで打ちたい!

相手がかなり下がったポジションのときには、同じフォームから少し浅目の逆クロスフォアハンドを打っていきたい。

そうすることで、相手は「攻撃してきた!」と思って構えていても、実は少し浅目のボールで打点が低くなってしまう・・・という状態に陥るでしょう。

コツとしては、サービスライン少し手前を狙いたいので、ワイパースィング気味にして打つこと。

上手くシュート回転して逃げていくような逆クロスを打てると、なお効果的です。

ネットプレーヤーがいると思って、その足元に沈めるような感覚で打つと、丁度良い浅さになります。

サイドラインを狙い過ぎるとサイドアウトが怖いので、あくまで「浅さ」を重視して慎重に打つようにしましょう。

 

■ドロップショットは打てなくても、このショットがあればシングルスで勝てる!

ドロップショットも打ちたいけど、どうしても甘くなるのが怖い、またはコーチから禁止令が出ている・・・という選手もいると思います。

このショットであれば、試合で無理なく打てますし、何より逆クロスは本当に打ちやすいのでお勧めです。

もちろん、通常のクロスのコースでショートクロスを打つことも出来るに越したことは無いですが、やはり相手のバック側を攻めるのが試合では一番有効。

特に両手バックハンドで手堅いストロークを武器にしている選手に対しては、早めに使って前に引っ張り出しましょう。

 

「意図した浅いボール」であれば、試合でとても有効です。

相手から押されて自分のボールが浅くなるのではなく、あえて、相手を前に出させてバランスを崩させる。

こういった揺さぶりの意識があると、そこからのダウンザラインも非常に有効になります。

後ろで粘る相手に対して、ドロップショット以外の選択肢を持っておく。

テニスにおいて、シングルスの試合巧者になるには、必須です!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    改めて考えてみる、「シングルスでのシコラー対策」についての新しい視点

    もうすぐ秋の大会シーズン。シングルスの試合で、改めて「粘りが身…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    「錦織選手の強さ」を紐解く、一般テニスプレイヤーも参考になる試合でのストローク術

    テニスメディア・雑誌は今、どこを見ても錦織選手一色。その技術も…

  3. テニス 調子

    ストローク

    テニスのストロークにおける、「攻守の切り替え」とは、即ちグリップチェンジです

    テニスのストロークで、攻守の切り替えが曖昧になっている人、いませんか?…

  4. テニス ポジショニング
  5. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さがあっても良い

    皆さんは試合のとき、どんな攻撃を仕掛けていくことが多いですか?…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

    皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。思い出してみて下さい。…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    戦術

    人と異なることを恐れず、過去と同じということ、を恐れよ
  2. テニス ボレー

    メンタル

    みんな勘違いしてるけど、「闘志溢れるプレー」とは「相手を威圧する行為」ではない
  3. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと
  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、「負けている時間帯の試合運び」が出来ない選手が多過ぎる
  5. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合では、「変化は自ら興す」ことで試合に勝てる選手になれる
PAGE TOP