テニス ストローク

ストローク

「回り込みフォアハンドの逆クロスを、あえて少し浅目に打つ」ことで、相手を揺さぶる効果的なショットになります

連日、ATPファイナルの話題で盛り上がってますが、今回はこのショットに注目してみます。

よく観察していると、ジョコビッチ選手、マレー選手はこのショットで相手をうまく前後にも動かしている。

ドロップショットよりも堅実で、それでも相手を前後に揺さぶることができる、逆クロスの短めのストロークはシングルスでとても有効です!

 

「回り込みフォアハンドの逆クロスを、あえて少し浅目に打つ」ことで、相手を揺さぶる効果的なショットになります

 


 

■「回り込みフォアハンドストローク」の威力だけに頼らない

アナタがどんなに良いショットを持っていても、相手が慣れてくれば試合の中で使いにくくなります。

シングルスで多くの選手が得意にしているのが、回り込んでのフォアハンドストローク

でもそのショットが、良いコースで深いだけ・・・では、粘り強い相手は崩せない。

そこで必要なのが前を使うという感覚です。

 

■相手がベースラインより後ろにいるときに、同じフォームで打ちたい!

相手がかなり下がったポジションのときには、同じフォームから少し浅目の逆クロスフォアハンドを打っていきたい。

そうすることで、相手は「攻撃してきた!」と思って構えていても、実は少し浅目のボールで打点が低くなってしまう・・・という状態に陥るでしょう。

コツとしては、サービスライン少し手前を狙いたいので、ワイパースィング気味にして打つこと。

上手くシュート回転して逃げていくような逆クロスを打てると、なお効果的です。

ネットプレーヤーがいると思って、その足元に沈めるような感覚で打つと、丁度良い浅さになります。

サイドラインを狙い過ぎるとサイドアウトが怖いので、あくまで「浅さ」を重視して慎重に打つようにしましょう。

 

■ドロップショットは打てなくても、このショットがあればシングルスで勝てる!

ドロップショットも打ちたいけど、どうしても甘くなるのが怖い、またはコーチから禁止令が出ている・・・という選手もいると思います。

このショットであれば、試合で無理なく打てますし、何より逆クロスは本当に打ちやすいのでお勧めです。

もちろん、通常のクロスのコースでショートクロスを打つことも出来るに越したことは無いですが、やはり相手のバック側を攻めるのが試合では一番有効。

特に両手バックハンドで手堅いストロークを武器にしている選手に対しては、早めに使って前に引っ張り出しましょう。

 

「意図した浅いボール」であれば、試合でとても有効です。

相手から押されて自分のボールが浅くなるのではなく、あえて、相手を前に出させてバランスを崩させる。

こういった揺さぶりの意識があると、そこからのダウンザラインも非常に有効になります。

後ろで粘る相手に対して、ドロップショット以外の選択肢を持っておく。

テニスにおいて、シングルスの試合巧者になるには、必須です!

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス シングルス

    ストローク

    初心者の方のストロークを安定させる、「正しい打点への入り方」を再確認してみましょう

    この春からテニスを始めた皆さんも、少しずつ練習にも慣れてきたはず。…

  2. テニス スライス

    ストローク

    チャンスと思ってスピンやフラットで打ち込むの、スライスに変えてみない?

    チャンスを決める。テニスの試合で、これほど難しことは無いでしょ…

  3. テニス スライス

    ストローク

    「スライスでの粘りのストローク」を身に付けておくと試合でピンチの場面で助けになります

    もしアナタがテニス部、またはテニスサークルの中で実力が真ん中くらいであ…

  4. ストローク

    初中級の壁を越えるなら、ストロークを振り切ること

    初中級者の壁を越えたい、と考えている方。越えられます、すぐに。…

  5. ストローク

    精度の高いドロップショットは、ココが違う

    試合でドロップショットを使っていくとき、その精度も大事になる。…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント

    テニスを初めてまず最初にぶつかるのが、バックハンドストロークを安定させ…

特集記事

  1. メンタル

    コードボールは、決してラッキーや偶然なんかじゃない
  2. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「俺はずっと、これでいく」テニスの片手バックハンドストロークが優れていると思う4…
  4. テニス ストローク

    リターン

    「ショートアングルへのリターン」がしっかり打てると、ダブルスの試合では大活躍です…
  5. テニス メンタル

    その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる
PAGE TOP