テニス スマッシュ

ボレー

「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、下半身から!

人は無意識のうちに、上半身中心の生活になっています。

元々、人間は「手」を中心に文明を発達させてきましたので、当然と言えば当然。

テニスにおいても、特にネットプレーは反射的にどうしても「上半身」からの動きが先行しやすい。

これによるデメリット、実はすごく大きいんです。

 

「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、下半身から!

 


 

■受け身になると、上半身からボールに反応してしまう

ボレーするつもりは無かったのに、パッと手が出てしまってミス・・・こんな経験、ありますよね。

気持ちが受け身になっていると、どうしても手が出て足が出ないという感じになり、中途半端なプレーになる。

こういった要素を無くしていく為には、意識を下半身からの反応に変えていく必要が有ります。

 

■ラリーは繋がるが、試合で相手を押し込んでいくのは難しい

確かに、上半身から反応したボールでも返球自体は出来ます。

しかしボールに体重が乗っていないので、軽い。

相手ストローク側を押し込んでいけないので、結果的に攻めこまれてしまうケースが多いでしょう。

重いボレー、ネットプレーで押し込んでいかなければ、試合で主導権を握ることは難しいのです。

 

■骨盤から反応させて、下半身から踏み込むのが基本

下半身からの反応に切り替えるには、まずネットプレーを骨盤から反応させ、横向きを作る意識を強く持つこと。

そして膝を曲げて踏み込んでいく、下半身の柔らかさが求められることを意識しましょう。

トレーニングに並行して、柔軟体操や股関節を拡げることも普段から意識すると、よりこういった反応が良くなります。

グリップの握るタイミングを合わせられるようになれば、バッチリです。

 

下半身から反応できると、ボレーの安定感は抜群に増します。

打点に顔を残せますし、コースを隠すこともできて良いことずくめです。

その為には、「早くボールに触りたい!という衝動を、しっかり抑えて引き付けること」が大事。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  2. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ローボレーが深く打てるとき」は、前に詰めていこう

    ネットに詰めるポイント、それもハッキリと前に詰めるポイントはどこか。…

  4. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある

    良いサーブが入って、「よし!ポーチだ!」と、動く。でも、相手のリタ…

  6. テニス 練習

    ボレー

    テニス部としての練習で、「強引なネットプレーの練習」は必要!特に女子テニス部に

    普段のテニス部の練習、どうしてもストローク中心になっていませんか?…

特集記事

  1. サーブ

    実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい
  2. テニス メンタル

    メンタル

    格上選手に向かっていけない、テニスというスポーツは不思議
  3. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルに原因を求める人こそ、メンタルが弱い人
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「何とかなるよ」と、本気で思える人は試合でも強い
  5. ダブルス

    「ダブルスで格上ペアを倒したい!」と思うなら、テニスでクロスの勝負はあえて捨てま…
PAGE TOP