ボレー

ネットにつなげる、サーブやアプローチの基本

シングルスでもダブルスでも、試合の中でネットに出る。

これでポイントが取れると、すごく気分も乗っていけますよね。

でも、なかなか難しいのが実際のところ。

ストロークが強い相手には、抜かれるイメージしかない…という方も、多いと思います。

意識したいポイントは、どこなのか。

そしてそれが崩れる時は、どういう時なのか。

これを準備しておくだけで、試合で成功率は変わります!

パワーは要らない、必要なのは?

いかに相手を、「動かす」か

サーブ、そしてアプローチショット。

そこでパワーを出して相手を追い込もう!と考えると、もう危ないです。

そういう時に、ショットの精度はどうですか?

上半身に力が入って、ネットやアウトでそこでポイント終了、になってはいませんか?

これは、試合に勝てない典型例。

相手を強く重いボールで追い込む意識は大事ですが、それよりもまず私たちはこちらを優先してみませんか?

相手を動かす、これで良いんです。

相手を動かせば、それだけでミスがもらえる

リターンでも、そうだと思います。

遅くても動かされた時に、ミスって増えませんか?

アプローチも一緒です。

スライスの遅いアプローチでも、それに対してしっかりフットワークを合わせて入るのは、難しい。

特に試合のような緊張した場面では、走って正確に止まって、また正確にインパクト…なんて、なかなか出来ないですよ。

相手を動かす、これはテニスの攻撃における基本です。

相手を動かして、自分はポジションを取る

相手を動かして、自分はどこにポジションを取るのか。

ここまで考えて、サーブやアプローチショットを調整する。

私はよく、センターに緩いキックサーブを打って前に出る、センター寄りからワイドにファーストボレーというパターンが多い。

これも、相手を動かして自分がポジションを取っているだけ。

ですから、サーブに求めるのは2つの要素だけ。

相手をセンターに動かすこと、それから自分がポジションを取れる「遅さ」があること。

この2つを達成出来るサーブは何か、アプロ―チは何か、を考えると、練習でもすごく意識しやすいです。

なぜ、強打してしまうのか?

そんなに相手が、怖いのか

と、一度自分に問いかけてみて下さい。

サーブ&ボレーなのに、速いサーブばかり求める人。

アプローチショットで、大きなスウィングでパワーを出している人。

どこか、相手を怖がり過ぎじゃないですか?

遅いボールだと抜かれる、反撃されるのが怖い、というのが態度に出た結果ですよ。

自分が追い込まないといけない、というのは妄想です。

そうじゃないくて、あくまで次につなげていくショットという位置づけにした方が、自分も楽に戦えます。

良いボールは、良いカウンターを呼ぶ

それに、速いボールだとどうでしょう?

なかなか、前に出てポジションを取れませんよね。

速くて鋭いボールは、それだけでナイスなカウンターの呼び水になるのがテニス。

こういうリスクを知らないで、前に出て抜かれて相手が「強い」と感じてしまうのはもったいない話。

それを引き出しているのは、相手であるアナタ自身なのに。

もっともっと、別な戦い方があるはずです。

自分がネットプレーにつなげるには、何が必要なのか。

それを考えた時に、必要なその前のショットが見えてきます。

もう一つのキーワードは、打点の高さ

相手が、どういう打点の高さで打つのか。

これも、非常に大事なキーワードだと私は思います。

テニスはネットがありますから、低い位置からは必ず持ち上げるようなショットになる。

相手の打点が低ければ、それだけ打てるショットが限定される、ということ。

当然、ロブも増えます。

この辺りが先読み出来るようになると、ネットでもポイントが取りやすい。

速いサーブや強いアプロ―チは要らない、むしろ相手の打点が高くなる可能性があるだけ怖い、と感じるようになります。

実戦では、このキーワードぜひ覚えておいて下さい。

「小さく終わる」構え直しから

書いてきたようなことを、しっかりと実践する為に。

サーブやアプローチの打ち終わり方、どうでしょうか?

次につなげる、ということは打った後に打ち終わりがコンパクトだということ。

構え直しが早く、バランスも崩れていないことが求められますよね。

勝負はネットで、だからサーブやアプローチでは無理をしない。

この意識だけで、自然と「負け辛い選手」になれるはずです。

ぜひ、意識して試合や練習、取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス スライス

    ボレー

    駆け抜けながらのボレーは、シンプルにラケット面作りだけ

    「こんなの、テニスの基本じゃない」と言いながらも、試合で使える技術。…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK

    私は学生時代、「つなぐボレー」が苦手でした。相手ストローカーの…

  3. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹底しよう

    ネットプレーに安定感がある人は、動き自体がシンプル。特に注意し…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを安定させたければ、「先にインパクト面を作り打点にセット」からテイクバックをしてみよう!

    私が高校時代、ネットプレーがスランプに陥っていたとき。この言葉…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手の速いボールが身体の正面に来たときは、「身体を反らせてノーテイクバック」で合わせれば返球できる

    相手の打ったボールが速い、しかも自分の身体の正面に飛んで来た・・・。…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

    ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    速いストロークについていけない人は、少し下がって速い準備で
  2. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる
  3. テニス ストローク

    ストローク

    片手バックハンドが安定しない人は、スウィングに入るギリギリまで添えた手を離さない…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスした失点はなぜ引きずってしまうのか?」を考えて準備してお…
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニス選手に必要な「ストレス耐性」とは何かを考えると、仕事や勉強にも活かしていけ…
PAGE TOP