サーブ

本気で実行出来る人は、そういない

自分のテニスを、変えないといけない。

その必要性は理解していても、いざテニスコートに立つと、どうでしょう。

まずボールを返すことに必死だし、周りの目も気になる。

勝敗以前に、この時点で「自分にコミット出来ていない」ことに気付けるかどうか。

テニスでも何でもそうですが、なかなか「本気で実行」出来る人は少ない。

だからこそ、私たちはチャンスなんだと思います。

難しいからこそ、その実行には価値がある。

テニスでなら、もっともっと大胆になれるはずです。

サーブ、リターン、最近どうですか?

最近何か、変えましたか?

テニスの試合は、必ずここから始まる。

テニススクールのように横からコーチが球出しでスタート、ではないですよね。

だからこそ難しい、だけどこれは大きなチャンスでもあります。

サーブやリターンが上達すれば、試合で差を付けやすい。

でも、なかなか本気で実行して変えていくのには、勇気が要りますよね。

このプレッシャーを受け止めて、それでもチャレンジ出来るかどうかです。

最初のショットだから、難しい

と、私は思います。

最初のショット、まずここは安全にいきたいじゃないですか。

自分がいつも打っている、今まで通りのショットでずーっといきたい。

本気で「変える」のは、相当大変だし痛みを伴う。

まぁ、私も経験ありますけどなかなか難しいですよね、サーブを変えるというのは。

でも、もっと大事なことは何か。

それは、「このままの自分で本当に良いのか?」と問いかけて、答えを出すことなんです。

「あの人との違いは、何か?」

これを、まず本気で考えてみる。

みなさんの周りにいる、上手い人、結果を出している人と、自分は何が違うのか。

サーブ、リターン、を客観的に比べてみて、何に気付けるのか。

漠然と、「まぁあの人は強いよね」で蓋をしている自分に気付かないと、先には進めません。

その貪欲性を持ってこそ、本気で実行出来る人になれる、第一歩ですから。

良いお手本、みなさんの近くにいると思いますよ。

あとはみなさん自身が、覚悟を決めるかどうかです。

良い指導を、どこかで待ってない?

アドバイスで上達、そんな人いる?

大人になるほど、いない気がします。

確かに、1つのアドバイスで変わる、劇的に上手くなる人もいます。

でも、そういう人は本人自身が常に危機感を持って、問題意識を持って練習に臨んでいたからこそ。

アドバイスはあくまできっかけ、変わったのは本人自身なんですよね。

本気で、今の自分に変化を求めている人こそ、上達出来る。

それなのに、どこかで「待ち」の状態になっている人ばかり、じゃないですか?

みんなただ、聞いているだけ

もう、これ学校の授業と一緒です。

テニススクールでコーチがアドバイス、みんな何となく聞いているだけ。

でもそれで、上手くなるかも…と、どこかで期待している。

こういう人は、ずっと上達しないし試合でも勝てない。

良い指導を待って、いつかそれで自分が上手くなれると思っている。

本気で変わろうと思って覚悟を決めない限り、無理ですよ。

それくらい、特にテニスはサーブやリターンのような「何かを始めるショット」は難しい。

私はそう思います。

ストロークやボレー、よりもまずは…

私は、サーブとリターンだと思います。

ここを大胆に変えることが、一番の勝者への道。

サーブならしっかり回転をかける、サーブ&ボレーも出来るように。

リターンは前に入って、しっかりコンパクトに攻撃出来るように。

安定感、今あるものを一度捨てる覚悟で臨んでみて下さい。

サーブとリターンから変化を起こすことが出来れば、その後のストロークやボレーにも必ず活きる。

本気で、危機感を持って自分を変える。

出来る人が少ない、だからチャンスなんです。

やってみれば、何てことは無い

私自身、最近サーブを変えました。

もう、誰が見ても「変えたね」と言われるくらい、変えました。

そもそも軌道が低く、セカンドサーブに絶対の自信が無かったので、本気で変えないとダメだなと。

やってみれば、本当に何てことは無いんですよね。

自分を守っていたのが、馬鹿らしくなるくらい。

私で出来たんですから、きっとみなさんにも出来る。

本気で実行、ぜひ意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップが安定しない人は、「水の入ったコップ」を持つようにボールを軽く握ってみよう

    サーブのトスアップ、皆さん安定して出来ていますか?トスが安定し…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察すると気付くこと

    プロ選手のテニスの試合では、サーブ1本でポイントが決まるケースが多く…

  3. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由

    「なかなかサーブが上達しません・・・」というお悩みの声を、アン…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースを試合で量産したい」なら、この方法をオススメします

    サービスゲームで、ガンガン押していってエースも欲しい。色々書い…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのスライスサーブ」を磨いておいておけば、絶対に有効です

    打てそうで打てない、しっかり練習している人が少ない。その技術の…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということです

    「サーブのトスは、しっかり前に!」というアドバイス、コーチからもらって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    自然と結果が付いて来る人、いつまでも他人と比べたがる人
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「速いスィングは何の為?」テニスの試合では緩急の使い分けがポイント
  3. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「ラリーが続かない」「バコバコ打って、勝つ気が無い」という部活に嫌気がさしている…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ…
PAGE TOP