戦術

相手の良いショットは、「続かない」

試合の中で、私自身がいつも意識していること。

特に、格上相手との試合ではこの意識が大事です。

相手の攻撃が続く、自分が防戦一方になって、どこに希望を見出すのか。

テニスは必ず、どこかでラリーは途切れる。

相手の良いショットも、どこかで必ず終わる。

走り続ける中で、この自信があると勇気が湧いて来る。

実際に、テニスの試合なんて強い選手でもそう上手くはいかないものです。

一番やってはいけないこと、は?

無理して応戦すること

相手が良いショットを打つ、それにビビってアナタ自身がミスをする。

攻撃をし返さないと、まずい!と感じて、力んでミス。

こういう淡泊なテニスでは、当然試合を勝つことは難しい。

でも、こういう場面って試合で多いですよ。

特に男性の方、ですかね。

相手が良いショットを繰り出して来ると、自分もそれ以上のもの、で返さないといけないと必死になる。

その時点で、もう辛いです。

相手の良いショットは、どうする?

私の場合、出来るだけ時間を作る。

例えばベースライン同士の打ち合いで走らされたら、スライスを使って回転量を増やして、戻る時間を作る。

相手のナイスショットの価値を、出来るだけ下げていくイメージですね。

無効化、まではいかなくても、良いショットの価値を少し削る。

これくらいの意識で良いでしょう。

そして頭の中では、「あのショットは続かないな」と、考えておく。

そうすることで、自分の意欲を維持することが出来ますから。

序盤にこの姿勢を見せておく

「いくら打っても、返します」というメッセージを、早い段階で送っておく。

これがテニスの試合では大事です。

リターンから、そうですね。

相手の良いサーブを、まず返す。

そこで決められたら、しょうがない。

でもその、良いサーブ&決めるショット、は絶対に続かないですから。

気落ちしてしまうのは、ただ自分が損するだけ、ですよ。

テニスの試合って、そういうものです。

「恐怖心」こそ、最大の敵

続かないものを、恐れても損

相手の実力を、過大評価しないこと。

何度も良いショットで綺麗に決められるような相手は、きっと別な大会に出ているはずですから。

アナタ自身が、相手の良いショットに恐怖心を持つことが一番怖い。

そうなると、自分自身のミスが増えるんです。

そうならない為に、自分の中でメッセージを持っておく。

「良いショットは続かない、だから恐れたら損なんだ」と。

それでも、どうにも相手が調子良さそうなら

もう、まともに待つのは止めましょう。

私なら、徹底して相手の得意そうなコースを潰す。

先に動いて、予測して待つような感覚ですね。

そこで上手く逆を突かれたら、もうその試合はしょうがない。

相当、相手が良かったと認めざるを得ないでしょう。

まぁ、そこまでの相手はなかなかいないでしょう。

恐怖心で自分の中が支配されて、自分のミスで負けていく試合の方が圧倒的に多いはずです。

切り換える力は、技術です

テニスは、どんな失点も1カウントですからね。

ノータッチエースでも相手のミスでも、価値は同じ。

それに、毎回ゲームは0-0からスタート、気分も切り換えやすい。

相手の良いショットは続かない、だから忘れて良いという考え方も有りです。

引きずってしまって恐怖心が溜まるのが、一番まずいですから。

テニスのルールだって、考え方次第でアナタの味方になる。

そんなにメンタルが強くない?

メンタルコントロールは、技術です。

知って鍛えれば、必ず自分のモノになります。

自分にも、置き変えてみよう

自分の良いショットも、続かない…と、思いませんか?

だから、欲を出さない。

良いコースに良いショットが決まったら、もう一度そこに打ちたい気持ちもありますが、よく考えてみる。

相手は警戒しているし、力んでミスにつながらないか、と。

良いショットは、繰り返すのではなく利用する。

相手が意識を置いているうちに、別なコースや戦術をどんどん入れていく。

こういう発想だと、良いショットは続かなくても良いテニス、は続けられますよね。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について

    「抑揚(よくよう)」って、あまり使わない言葉ですよね。言葉の意…

  2. テニス 居場所

    戦術

    調子が良いときほど、負けやすい理由

    「今日は、いける!」こう思った試合ほど、意外と負けること多く…

  3. 戦術

    自分にとって良い攻撃が出来る場所、はどこだろう?

    テニスで有効な攻撃。これが出来る場所、に自分がしっかり立ててい…

  4. 戦術

    漠然と待たない、7:3で誘うこと

    私が普段、意識していること。漠然と待たないで、上手く誘う意識…

  5. テニス メンタル

    戦術

    守備をしながら攻撃、攻撃をしながら守備

    テニスの試合は、当然ですが攻守全て自分一人でやらないといけない。…

  6. テニス 序盤

    戦術

    「インドアコートでのテニスの試合」で気を付けておきたい5つのポイント

    雨が多いこの時期、インドアコートでの練習や試合も増えますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 前衛

    サーブ

    ダブルスの試合で「セカンドサーブの方が実はポーチに出やすい」4つの理由
  2. テニス ボレー

    ストローク

    テニスのストロークでネットミスが多い人は、「打点から下方向に飛ばないように」する…
  3. テニス メンタル

    その他

    「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっ…
  4. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由につい…
  5. テニス チャンス

    戦術

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている
PAGE TOP