メンタル

努力に必要なのは、勝算

「テニスを頑張りたいけど、どうも続かない」

「モチベ―ションが落ちると、上がるのが難しい・・・」

というみなさん、悩んでいる方も多いと思います。

努力できない、そんな自分を責めるのはもう止めませんか?

それはきっと、アナタ自身がダメだからとか、そういう話では無いと思うんです。

 

努力に必要なのは、勝算

 


 

1.努力している人は、ある意味伸びない

逆説的ですが・・・私は、こう思っています。

努める力、つまりは自分の中でずっと何かを、努めている感覚。

テニスを頑張るんだ、頑張るんだ、と鼓舞している姿勢はすごく良いと思いますが、それが「辛い」ことになってはいないか。

努力=辛い、は続きません。

特に私たちのような社会人、シニアのみなさんは、努力の概念を変えていく必要があるでしょう。

自分を責めても、結果的に強くはなれない。

努力を続けている、同時にモチベーションに波がある人は、何かを変えないと厳しいです。

 

2.勝算は、あるか?

努力が、しっかり勝ちにつながる。

これが感じられるうようになると、テニスは楽しくなる。

努力改革、とでも言いましょうか・・・何か、自分で感じられるようになること、が大事なんです。

例えば、私はこのサイトを運営しながら、「こうすればもっと、みなさんが読んでくれるかな・・・?」というのを考えて、色々トライしています。

それが、実際のページビュー数やアンケートの回答数、等に反映されると、嬉しい。

勝算があること、を続けていく自信も生まれる。

だから、ある意味努力ではないんですよね。

無理せず、自然にやっていること、になっていく。

勝算があれば、辛いことなんてなくなっていくんです。

 

3.勝算は、自分で逆算していこう

テニスでは、逆算力が大事。

「こうすれば、ポイントが取れるんだな」

「こうすれば、勝てるんだな」

というのをイメージしながら、逆算していく。

だったら、最初のショットはどういう風なもの、が良いのか。

それを打つ為には、何が必要なのか。

早い準備、フットワーク、予測、色々ありますよね。

こういうものを整理して練習すれば、自分の中で勝算が立っていく。

強い人がやっていることって、ただこれだけ、ですから。

 

4.「努力」とは、結果論

T-PRESSを更新していると、たくさんのお便りを頂きます。

「こんなに更新出来るなんて、すごく努力家なんですね」と、頂くケースも多いです。

ですが、私は全くそんな感覚、ではないんですよね。

他の方がスマフォでゲームをしたり、YOUTUBEを観ているのと同じ感覚で、この記事を書いています。

そっちの方が楽しいし、自分の中ではある意味、勝算があるんです。

だから、努力って結果論。

毎日、このサイトを見て頂いている方も、すごい努力だと思いますよ。

それが辛くなくなっているなら、間違いなくテニスは強くなっているはず。

とは言え、私自身まだまだ勉強不足ですので、これからも精進し続けていきます。

 

勝算をイメージしながら、整理する。

これが、結果的に努力につながっていくんじゃないかなと。

テニスだけじゃないと思います。

どこかで辛いと感じていることは続かないし、試合にも強くなれない。

努力家のみなさんだからこそ、客観性を意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう

    皆さんはテニスを、どこかで「習って」いますか?それとも「自分で…

  2. テニス 感覚

    メンタル

    スランプ脱出の鍵は、過大評価してしまう過去からの決別が一番

    「自分はこんなもんじゃない・・・」と、スランプに悩むみなさん。…

  3. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点

    テニスを強くしたい、強い選手になりたい。そう考えているなら、き…

  4. テニス 雪

    メンタル

    メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである

    メンタルが弱い、試合に勝てない。だからこそ、何かを変えないと・…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    なぜテニスの試合、初戦は戦い辛いのか?

    初戦の戦いの、難しさ。これは、テニスの試合だけでは無いでしょう…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!

    テニスの団体戦、皆さんは経験したことがあるでしょうか?高校生の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. Q&A

    Q&A「グリップの握りがしっくりしない気がします」
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合で「自分の緊張感をコントロールする」お勧めの方法5つ
  3. その他

    テニスが強くなりたい!その為のきついトレーニングは「仲間で可視化して積み上げる」…
  4. サーブ

    シングルスの試合で「セカンドサーブの後」に必ず必要なディフェンスの意識について
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで効果的な攻撃が出来る選手は、「常に2/4で空いているコートスペース」を…
PAGE TOP