テニス ボレー

ダブルス

なぜテニスには、並行陣が必要なのか?

みなさんも、疑問に感じたことはありませんか?

テニスでは、上達するに従ってダブルスは前でプレーする、並行陣のプレーを習いますよね。

でも、よく考えたらプロ選手の試合でも最近は前に出ない、雁行陣が多い。

そもそも、何で並行陣をやる必要があるの?と感じている方も多いでしょう。

こういう疑問を持てる人は、必ずテニスが上手くなるし、強くなる。

暗黙の大前提、を考えてみると、実はそこには大きな上達のヒントが隠されているはずです。

「こうあるべき」なんてものは、アナタの先入観でしかありません。

なぜ、必要?その理由は…

相手に色々なリターンを打たせる為

だと、私は思っています。

並行陣、つまりは前に出ると相手はリターンを変える必要がありますよね。

足下に沈めたり、ロブを打ったり、サーブの後もずっと後ろにいるような相手だと、同じリターンでも良いんですが。

この選択を相手に迫ることが出来る、のが私は一番並行陣の魅力だと思います。

特にプレッシャーのかかる試合では、効果的です。

並行陣だけ、でも辛くなる

ということは、こういうこと。

毎回毎回前に出るだけ、では相手のリターンも一定で良い。

とにかく低く打っておけば、サーブ&ボレーは苦しいですからね。

たまには後ろで後衛がプレーする、雁行陣のスタイルも必要でしょう。

リターンを迷わす、「次はどんなプレーで来るんだ…」と常にプレッシャーに感じてもらうこと、がテニスの試合では大事。

だから、並行陣だけで一本調子になるのもまた、怖いと思います。

テニスの試合に、監督はいない

団体戦であれば、ベンチコーチが入る場合もありますが。

でもそれも、稀ですよね。

テニスの試合は、常にアナタ自身、ペアなら2人で決断して実行して、修正してまた決断していかないといけない。

そこに並行陣という選択肢を持つ、ということ。

シングルスの試合でも、サーブ&ボレーやリターンダッシュ、という作戦を持っていること、が大事なんです。

出来るけどやらない、出来ないからやらない、は大違い。

この部分を理解出来ているかどうか、はすごくテニスの成長にも関わって来ます。

もう1つ、大事なポイントが!

並行陣の魅力は、サーブ方向にフォロー出来る点

テニスでは、ボールの方向に詰めていくのが攻撃の基本。

当たり前ですが、試合の中で使うボールは1つだけ、です。

ですから、そのボールに近付くことで、守備も攻撃もしやすくなる。

並行陣、サーブ&ボレーでもリターンダッシュでも、その利点は打球方向に自然と詰めていける点、です。

れはすごく相手にもプレッシャーになるし、自分もプレーしやすくなるでしょう。

気分が積極的に、前向きになる

身体がダイナミックに動く、ポジションが変わる。

テニスの試合では、これによってすごく気分が上がる気がします。

個人差はあると思いますが、私はネットに出る方がワクワクするし、逆に冷静になれるんです。

後ろでのプレーが上手くいかないときには、良い気分転換にもなりますしね。

何も、ネットに出るからと言って華麗なボレーで決める必要はありません。

結果的に相手のミスを誘う、のも立派な並行陣の効果ですから。

アナタ自身のアクションで取ったポイント、という自信を持って良いんです。

失敗したら、どうしよう…?って?

考える方、多いと思います。

前に出て相手に抜かれたらどうしよう、沈められたら返せるか不安、そもそもロブの対応が苦手…。

テニススクールでも、中級クラスの並行陣では苦戦している方も多いですよね。

試合ではつい、安全策で雁行陣でプレーする方も多いでしょう。

ここは、あえて厳しく言わせて頂くと、甘えるんじゃないよという話。

失敗したらどうしよう?

そう考えて後ろでプレーしている時点で、相手は楽だしどんどん先手を取られている。

この根本的な問題、課題に気付けていない人は、ずっと試合で勝てないまま。

失敗や失点を恐れている時点で、もうアナタ自身は多くのものを失ってるんですから。

周りから言われて、やってるだけじゃない?

「中級からは、並行陣です」

「シングルスでも、サーブ&ボレーを入れましょう」

「リターンダッシュ、効果的です」

こういう言葉を、みなさんも何度も聞いて来たと思います。

私も、書いて来ました。

でも、改めて決めるのはみなさん自身です。

周りから言われたから、進められたから、テニスってそういうものだから「やる」というのは、無しで。

良い機会ですから、並行陣やネットプレーについて、自分自身で見つめ直してみませんか?

そこで出した結論こそ、みなさんの力の根源になるはず。

テニスは、自分でハンドルを握って戦い続けること。

当たり前のようで、実はなかなか出来ないこと、ですね。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に

関連記事

  1. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

  2. テニス

    ダブルス

    いつまでも「伸びきったポーチボレー」を打っているから、余裕も無いし決定力も出ない

    ダブルスの試合で、決定力が無いと感じているとなかなか前衛でも動けない。…

  3. テニス リターン

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分が邪魔した」という発想は必要無い

    ダブルスの試合を観ていて、感じる違和感。私は、前衛がなぜか謝っ…

  4. ダブルス

    ストレートに打たれない前衛は、存在価値無し

    ダブルスの試合で、アナタが前衛に立っているとして。ボールは飛…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「リターンをサイドアウトさせてこそ」前衛の勝利と考えよう

    ダブルスの試合、前衛の仕事は相手にプレシャーをかけること。では…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのペアを大事に思うなら、厳しい意見も伝えるのが必要なステップ

    「最近、ペアを解消しようと思っていて・・・」というダブルスペアの方の声…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること
  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    「ハイボレー、からのドロップボレー」は試合で効果大
  3. テニス 緊張

    戦術

    いつの間にか、相手を助けるテニスになってない?
  4. テニス サーブ

    戦術

    テニスコートの現場から離れて時間が経つと、みんな上から目線になっていく
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サービスゲームで優位なカウントでは、積極的に「緩いサーブ」もファーストに入れてい…
PAGE TOP