リターン

相手が並行陣、さぁどうする?

試合で、相手がネットに出てプレッシャーをかけて来る。

そこで、アナタ自身はどういう手段、武器があるでしょうか?

ロブ頼み?

それはもう、とっくにバレて先に下がられてしまいますよ。

パッシングショット?

試合の大事な場面、緊迫した状況で良いショットが打てますか?

私は、かなり怪しいと思います。

「じゃあ、どうすれば良いの?」の答え、それは「遅いボール」にあるはずです。

 
 

遅いボールを打つ、勇気を持とう!

速いボールは、沈みにくい

相手が前に来る、よし!足下を狙うぞ!

と思っても…どうでしょう。

速く鋭いボールは、伸びるから相手にとっては打ちごろのところでボレー、になる可能性が高い。

速いボールは、勢いがありますからね。

沈めているつもりが、実は相手にとって打ちやすいボール、になっている可能性大です。

上手く「遅さ」を出してみよう!

スピンでもスライスでも、「遅いボール」は打てますか?

それも、相手が前に出てくるような場面で。

私は結構、試合でスライスを使います。

遅いスライスを打って、相手の手前で失速してくれる。

速く鋭いボールはカッコイイですけど、試合で有効なのはどっちでしょうか?

遅いボールを打つ勇気、が欲しいんです。

試合では、この遅さが大事なんです。

速いリターン、必要無し!

相手が並行陣、サーブ&ボレーで前に出て来る。

みなさん、イメージしてみて下さい。

そこに、速いリターンって必要ですか?

たまに混ぜる、くらいなら良いですよ。

でも、より確実に試合に勝ちたいなら、「遅いボールで足下でボレー」をさせることが大事。

このテクニックを磨いて、試合で使う勇気を養いましょう!



高い打点でスライス、が肝!

ボールの横を捕らえよう

リターンから使える、遅いボールを打つテクニック。

それは、高い打点でボレーするような感覚、でボールの横を触ること。

ボールの横を打てば、浮かないんです。

それに、回転量が増えるのでボールが自然と遅くなる。

フォアハンド側も、スライスを上手く使えると良いでしょう。

味方の前衛も、加勢しやすい!

遅いリターンだと、味方の前衛も動きやすい。

前に詰める時間、が出来ますからね。

独りよがりの速いリターン、もう自己満足の為だけでしょう。

遅いリターンを主役に持って来ることで、この問題は解決できます。

相手が嫌なこと、をしていくのが試合ですから。

遅いボール、本当に厄介!

みなさんも、打たれたら分かります。

ボールが、来そうで来ない。

バランスを崩して、上半身から泳いでしまう。

相手は打ち辛いし、タイミングを取り辛い。

速いボールの方が効果的、という幻想は捨てましょう。

むしろ、その速いボールを活かす為にも、遅いリターンって必要なんです。

   

同じ構えからロブ、ストレート

並行陣を攻略したければ、後衛を迷わせよう

相手の後衛を、迷わせる工夫。

これが、試合では絶対に必要です。

遅いリターン、スライスの構えからロブ、ストレートへ流すショット、が打てると、後衛は嫌ですよね・・・。

どこをカバーするのか、自分のプレーに迷いが生じます。

こうなれば、もう試合はアナタのペースなはずです。

リターンの発想、を変えよう

速いボールで攻撃しないといけない。

そうしないと、ボレーで追い込まれる…という思い込み、を捨てましょう。

私も普段は並行陣でプレーしていますが、速いリターンだけの相手は本当に楽。

一度タイミングを掴めば、ずっと同じようなプレーで良いので。

アナタ自身、相手にこう思われていないですか?

余裕を持ってサーブ&ボレーされているうちは、勝ち目は無いでしょう。

日々の練習で必要なこと

スライスを混ぜる、遅いボールを混ぜる。

これは、ショートラリーから必要な考え方です。

普段から普通に使うから、試合でも自然に使える。

当てにいくスライスではなく、しっかり回転をかけて遅さを出せるスライスが打てる。

今日、動画もアップしましたのでぜひ参考にしてみて下さい。



遅いボールの方が、実は相手の脅威になる。

攻撃的なプレーになる、ということに気付きましょう。

並行陣相手に、ボールスピードで駆け引きを仕掛けていく。

これ、難しいようですがまず「やってみること」が大事です。

やってみれば、感覚も掴めますから。

ぜひ、普段の練習から意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  2. テニス ロブ

    リターン

    試合で対戦したときに、「深く鋭いサーブ」をしっかり返球できるリターンの技5つ

    試合でサーブが良い対戦相手、と当たる機会は絶対に増えてくる。そ…

  3. テニス ストローク

    リターン

    ブロック技術は、「ただラケットを合わせて当てるだけ」だとコントロール出来ない

    相手のショットが強力なとき、なかなかしっかりスウィング出来ないような場…

  4. テニス シングルス

    リターン

    相手のサーブの出だしの軌道を見て、リターンの反応を鍛えよう

    サーブに対する反応、結構人によって差があると思いませんか?球足…

  5. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

    最近、個人的につかんだ感覚。みなさんの参考になるかも知れないの…

  6. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!
  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で一番疲れるのは、セカンドサーブであることを証明する5つの事実
  3. テニス ダブルス

    リターン

    優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない
  4. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブに求められるもの」テニスの試合で有効なセカンドサーブ、打ててますか?
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う
PAGE TOP