リターン

精度の高いストレートリターン、のコツは?

ダブルスの試合で、勝ち上がりたいなら必要な技術。

リターンでストレートに展開する、その精度もすごく大事になります。

強打で抜いていく、という発想だと、緊迫した場面で使うのは難しいでしょう。

いかに、大事な1ポイントで精度の高いストレートリターンが打てるか。

今回は、これをテーマにして考えてみたいと思います。

技術以上に必要なのは、まずアナタ自身の意志の強さ。

「なぜ必要なのか?」を考えられるようにならないと、絶対に身に付きません。

打てる人か、打てない人か

ダブルスでは、どっちかしかいない

と、私は考えています。

リターンをストレートに打てる人、そうでない人。

この2種類の選手しか存在しない。

だからこそ、打てる人にならないといけないんです。

「いや、私も打てるけど…」という自覚があるのに、試合で勝てない人にはある法則があります。

そういう人は、自分で打てると思っているだけで実は「打てない人」なんですよ。

相手がポーチに動いてから打つ、では遅い

実は、こういう人がほとんど。

相手が動いて来るから、仕方なくストレートに打つ。

これは、私の中では「打てない人」の部類に入ります。

相手が動いた後に打つようになっても、それは後手の作戦だし精度も落ちる。

必要なのは、「自分から先に、ストレートに展開するんだ」という強い意志。

そこに必要性を感じること、ですね。

相手が動く前、序盤からしっかり精度高くコントロールしていく。

リターン1つ、ですが、実はそれは試合全体をコントロールしていくこと、につながるんです。

打てる人は、勝てる人

リターンをクロスではなく、ストレート。

これが打てる人は、試合でも勝てるはず。

私は、これこそまさにダブルスの試合での実力が問われる部分、差になる部分だと考えています。

きっと、多くの方は「いや、そうなんだけどね…でも試合で打つのは、怖いのよ」と思っていることでしょう。

まず、強い意志を持ちましょう。

しっかり相手を攻撃してく、精度の高いストレートリターンが、今の自分には必要なんだと。

そうしないと、どんどん強い相手はポーチに動いて来ますからね。

今回はその発想として、ヒントになれるようなキーワードをまとめてみます。

前で、低く、コンパクトに

前に入って、ネットに少しでも近づく

ネットに近い場所でリターン出来れば、ミスは減る。

当然、ネットは両端が高い設定になっていますから、ストレートに展開するということはそのリスクが伴います。

ですから、数cmでも良いので前に入りたい。

ネットに近付いてリターンを打つと、相手も時間が無いので対応が難しくなる。

この基本こそ、ストレートへ展開していく上で重要なポイントになります。

低い軌道で、相手に触らせる

私はいつも、これを意識しています。

前に入ってリターン、その軌道は低めに設定して相手のミスを誘いたい。

低いボールを打てれば、相手も簡単には攻撃出来ないですよね。

ミスを誘うことも出来るし、その後の展開でも主導権を握れる。

リターン前から、どういう軌道でストレートに打つのかをしっかり、イメージして入りましょう。

打点、回転、スタンスはどうか。

相手がセカンドサーブなら、ある程度余裕が生まれるはず。

ネットの上、50cmくらいを通すイメージで調整してみて下さい。

コンパクトに打つ、ボレー感覚

ダブルスの試合は、当然ストレートに打ってもその先が勝負。

抜けたとしても後衛がカバーに走るかも知れません、チェンジプレーを出して来る相手もいるでしょう。

ですから、リターンをコンパクトにしてそのまま前に入るような意識、でプレーをつなげていきたいんですよね。

ストレートに展開するリターンこそ、ほぼボレーのような感覚で良いと思います。

打ち終わったと同時に、次への流れが加速していく。

このイメージを持てれば、ダブルスは一気に上手くなりますよ。

全ては最初のゲームに、打つとことから

始まります。

何度か書いて来ましたが、最初のリターンゲームでしっかり、打てるかどうかが大事。

クロスへのリターン、それを基本だと思わないくらいの意識が大事です。

なぜかって?

強い相手ほど、最初のサービスゲームで前衛が動く、プレッシャーを与えたいと考えているからです。

そこで、精度の高いストレートリターンが打てる、打つ意欲があることを見せておく。

それが勝てるダブルス、の考え方です。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ダブルス

    リターン

    リターンは踏み込みながら、壁を作ってストレートへ

    ダブルスの試合で、なかなかストレートへリターンを打てないとお悩みのみな…

  2. テニス ストローク

    リターン

    お尻を突き出すようなリターンの構えは、なぜどの選手も同じなんだろう?

    テニスのリターンの構えって、独特ですよね。腰を折って、お尻を突…

  3. テニス メンタル

    リターン

    ダブルスのリターンをストレートに打つ、身体の開きを抑えよう

    リターンのとき、どんなときにミスが増えるのか・・・といえば、やはり身体…

  4. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

  5. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに

    リターンをしっかり、返球したい。そう考えると、しっかり身体の向…

  6. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合でのリターン、で有効な考え方5つ

    シングルスの試合での、リターンのコースや作戦。みなさんどうでし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    自然と結果が付いて来る人、いつまでも他人と比べたがる人
  2. 戦術

    間を嫌う、というタイミングは必要
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!
  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう
  5. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン
PAGE TOP