ダブルス

並行陣が出来ると、勘違いしてしまうのはなぜ?

テニススクールでは、中級以上で並行陣、をやる機会が多いですよね。

2人でネットに出て、ダブルスの形式でラリー練習。

しっかりレッスンではプレー出来るのに、なぜか試合では使えない。

こういう人、意外と多いと思います。

この背景をしっかり考えておかないと、試合と練習がいつまで経っても別モノになってしまう。

危機感が無い人は、ずっと試合で結果が出ない。

そもそも、練習のやり方に問題があることに気付かないと先へ進めませんよ。

 
 

レッスンでは、どうやって開始?

最初からポジションに入って開始、になってない?

並行陣での戦い、レッスンだとどうでしょう?

もう、最初っから並行陣を作った状態から開始、になってはいませんか?

これ、試合と一番違う点ですよね。

試合では、自分から前に出る動作が入ります。

レッスンではこれが省略されていること、が多いんじゃないでしょうか。

なんて簡単な練習

と、思いませんか?

最初から、並行陣でスタート出来る。

そこから、球出しされてスタート、になっている。

そりゃ、出来ますよ。

前に出てファーストボレー、が並行陣では難しいのに、そこが省略されている。

意味が無い練習では無いですが、難しいところが省略されている。

だからこそ、試合とのギャップが生まれやすいんです。

みんな出来ると、勘違い

してしまいます、これだと。

並行陣の練習をしている、プレー出来ている、と勘違いしてしまう。

でも、実際の試合ではその並行陣を「作る」のが難しい。

だから、なかなか使えないし前に出る前に足下に打たれてしまいがち。

出来る、と勘違いしてしまう人はここに気付けない。

これはテニスを成長させていくうえで、大きな問題になります。



試合と練習、をどう位置付けるのか

上達しない人は、違いが大きい

練習と試合、そしてまた練習。

この繰り返しの中で、みなさんは何を感じているでしょうか。

今回の並行陣のように、「練習と試合が違う、これはまずい」と思えるかどうか。

これが無い人は、ずっと違いに気付けない。

自分の練習と試合が、結びつかない。

みなさん、自分で気付かないとこれは誰も教えてはくれないですよ。

練習で、難しい状況を経験しておく

これが、大事です。

しっかり練習で、難しいシチュエーションを経験していおくこと。

これが、テニスの上達には何より大事。

でもつい、練習は楽しく、雰囲気良く、成功体験だけを積むような感じになりがち。

テニススクールのレッスンは、まさにそんな感じですからね。

全てが悪いという訳ではなく、それだと試合で痛い目を見るというだけの話です。

試合の本質、を考えて練習を

サーブから、そしてリターンから。

サーブは必ず、ベースラインより後ろからですよね。

当たり前ですが、ここから私たちは試合を作っていかないといけない。

練習で、それより簡単な状況に慣れてしまうと、それは選手として危ない。

出来ると錯覚してしまうし、試合が辛いものになる。

試合の本質を、客観視して練習に落とし込む。

ぜひ、意識してみて下さい。

   

どういう練習が必要なのか?

並行陣を、どう作るのか?

どう作るのか、どう入るのか。

後衛の人がスムーズに、良い入り方を出来るようになれば、試合でも勝てる。

サーブから入る、リターンから入る、アプローチから入る。

大きく分けるとこの3つ、ですよね。

これを、しっかり意識して練習出来るかどうか。

みなさん次第、です。

一番のお勧めは、リターン

何度か書いて来ましたが、リターンダッシュから並行陣が一番試合で使えます。

最初から前に入ってリターン出来れば、打った後に前に走る距離が短くて良い。

そうなると、早く止まれるし余裕が生まれる。

まずはここから練習して、次はアプローチから、サーブから、と展開していく。

普段の練習から、出来るだけこの並行陣の後衛での入り方、を考えておきましょう。

それが試合向きの練習、ということです。

本当に自分は、出来ているのか?

並行陣、しっかり試合で使えてますか?

得点につながってますか?

これを、謙虚に客観的に、考えてみましょう。

練習出来ること、試合で出来ることは違う。

何となく出来ている、という人はほとんど出来ていないと思った方が良い。

ぬるま湯につかるような練習に終始して、傷をなめ合っているだけじゃないですか?



なかなか、出来ないということは受け入れがたい。

それは、歳を取るほどそうなります。

私自身、まだまだこれから。

並行陣だって、本当に出来ているのか?もっと発展させることは出来ないのか?

これを常に考えて、日々精進していきます。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの試合で「前衛が動いてリターンをストレートへ誘う」為の心得え5つ

    ダブルスの試合で、前衛の役割とは何でしょうか?ポーチを決めるこ…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジを!

    ダブルスの試合をしていて、どうもペアと乗っていけない、リズムが悪い。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?

    ダブルスのコンビネーション、何となく分かるような、分からないような・・…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    並行陣を相手にしたら、真ん中を狙って相手にボレーさせればOK!

    ダブルスの試合、「並行陣」を相手が繰り出してきたときに、どうするのか。…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

    「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、た…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    浅くなったら前に出る、そんなテニスでは試合に勝てない
  2. テニス 準備

    ボレー

    「ドロップボレーの8割は、相手が打つ前に決めている!」技術的には出来るのに、試合…
  3. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと
  4. テニス 環境

    ボレー

    ネットプレーで、「攻撃している時に視野が狭くなる」自分に気付ければ強くなれる
  5. テニス スポーツ

    メンタル

    テニスの試合で乗り越えて実践しないといけない、「勇気が求められる」場面やプレー4…
PAGE TOP