テニス 雨

メンタル

テニスの練習で「自分は怒られてばかり・・・」と愚痴を言っている人は、怒られて成長すると勘違いしている

一般のテニスコートで練習していると、色々な人を見ることができる。

スクールではなくともコーチを雇ってプライベートレッスンを受けているような大人の方、も実はたくさんいる。

高いお金を払って厳しい指導を受けるのも良いですが、ともすれば「怒られるから、成長する」という勘違いをしている方も多いようです。

テニス部で顧問の先生が厳しい、という環境で頑張っている人も多いと思いますが、今一度見直してみませんか?

何かを指導されて、実践するのはアナタです。

 

テニスの練習で「自分は怒られてばかり・・・」と愚痴を言っている人は、怒られて成長すると勘違いしている

 


 

■どんなに怒られても、それは「提案」です

テニスの技術的なこと、で指導されれば全てそれは「提案」。

「こうしてみてはどうか?」というのを、感情を込めて激しく大声で言っているだけ、がほとんど。

私も経験がありますが、「何かを激しく言われる」と、すごく良い指導を受けたと勘違いしてしまう。

これは危険なこと。

なぜならそこに、主体性が全く無いからです。

 

■自分のテニスを上達させていくのは、自分だけ

自分のテニスを上達させたければ、指導してもらう人をしっかり見極める必要がある。

そして提案はしっかり、実践してみること。

大声で怒鳴られても何も「変えない」と、何も意味がありません。

指導した相手も、「何も変わってないじゃないか・・・」と感じて、さらに感情的なやり取りになる。

怒られること、だけにどこか満足してしまうような風潮が多い日本のスポーツ界。

客観的に見て、アナタが何を感じるかが大事です。

 

■声の大きい人、の影響力が強いチームはダメ

生徒主体、顧問やコーチ主体のチームもそうですが、ダメなチームには共通点がある。

それは、声の大きい人の影響力が強い、ということ。

その人が言っていることが正しくとも、そうでなくても、声が大きいだけで決まってしまう。

実はこんなチームが、テニスだけではなく組織としては多いのです。

声量よりも、中身が大事なのは当たり前。

本質的な部分をしっかり、見極めてチームを作っていきましょう。

 

実は声が大きい人、怒る人って、重宝されます。

色々叩かれたりもしますが、日本人ってみな「誰かのせい」にしたいんですよね。

勝てなかったら誰かの責任、私は頑張ったよ、と。

でもそんなテニス、つまらないじゃないですか。

自分自身のテニス、しっかり主体性をもって自分自身で強くしていきましょう。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスのセルフジャッジの試合では、「いかに冷静さを保つか」が勝利のカギを握ります

    テニスの試合は、セルフジャッジ。選手同士が審判の役割も兼ねてい…

  2. テニス ストローク

    メンタル

    テニス部の中で、「チームの柱になれる選手と、なれない選手」は、ココが違う

    テニス部、テニスサークル、どんなチームでも柱となる選手はいる。…

  3. テニス ダブルス

    メンタル

    試合の中での「チェンジコートの過ごし方」は、自分なりにルーティン化してみよう

    皆さんはチェンジコート、の時間をどう過ごしていますか?3ゲーム…

  4. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ

    テニスの試合がどうも苦手、踏み切れないという方。その理由の大き…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「タラレバ男、タラレバ女」にアナタはなっていませんか?

    「もしもあのサーブが入っていれば・・・」「あのポイントでポーチ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    いつか必ず経験する「標高が高いテニスコート」で試合ときの注意点4つ

    皆さんは、標高が高い土地にあるテニスコートで試合をしたことはありますか…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの練習中に、「何気無く2バウンドで返球する」癖は、絶対に直しましょう
  2. テニス 格上相手

    戦術

    相手の打ちそうなボール、イメージ出来てる?
  3. メンタル

    テニスの試合の中で、「最期の最期」は、自分の技術と決断力を信じよう
  4. 戦術

    気持ちが入ったボールって、何かが起きる
  5. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようにな…
PAGE TOP