ダブルス

雁行陣で、実は狙い目なのは…?

みなさんが試合に出ていて、対戦する機会が多いのは雁行陣。

これは、以前にも書きました。

でも、この雁行陣同士の打ち合いになった時に、ポイントを取るイメージ、ビジョンってどれくらい持っていますか?

私は、結構怪しい人が多いんじゃないかなと思っています。

何となく、後衛の我慢比べみたいなラリー戦だけ、になってはいませんか?

 
 

後衛同士のラリー、だけは危険

アナタが押していけるなら良いけど

相当、ラリーに力があれば良いですけど。

後衛同士のラリーだけになると、試合はどうなりますか?

きっと、すごく淡泊になると思うです。

雁行陣で、前衛もなかなか動けない。

展開があるとすれば、ストレートロブくらい。

こうなると、逆に押され始めると辛いですよね。

「こうやれば大丈夫なんだ」と、気付けるかどうか

雁行陣、一見どう攻めれば良いのか分からない…人が、多いはず。

「こう攻めれば良いんだ!」というのに、気付けるかどうか。

気付けると、自信を持ってプレー出来るし試合が楽しくなる。

気付けないと、何となく打ち合うだけで楽しく無いし、気が付けばやられてしまう。

この差、は大きいですよ。

アナタから、動き出さないと

相手のミス待ち、で勝てる相手は限られて来ます。

相手の雁行陣を、どう打破していくのか、が大事ですから。

自分から、アクションを興す。

雁行陣を崩すポイントを知り、実践していく。

こうなれれば、それはもう希少価値のある選手になれます。

ポイントを取るイメージ、さえ養えれば強くなれますよ!

後衛同士のラリーで押し切る、以外のパターンを作っていきましょう!



狙いは「前衛が手を出す」ボール

よほど、ボレーが得意そうじゃなければ…

引っ張り出しましょう、前衛を。

何も、ストレートをハッキリ狙わなくても良い。

クロスに返すボールを、少し前衛寄りに打ってみる。

それが、前衛のバックボレーになるようなら、なお良し。

前衛に立っているのに、ボレーに自信が無い人は多いですから。

あえて少し触れるくらい、センター近くに低いストロークを打ってみると効果的でしょう。

ロブも触らせて良い

ストレートロブも、抜けなくて良い。

相手前衛に触らせる、くらいの意識でちょうど良い。

抜けて後衛にカバーされると、また長いラリーになるじゃないですか。

前衛に触らせて、ボロを出させる。

甘いボールを引き出す、ことが実は雁行陣で良いポイントパターンになるんです。

鍵を握るのは、こちら側の前衛との連携

相手の前衛に触らせて、チャンスを引き出す。

でも、これがチャンスになるかどうか、はまだ確定していません。

みなさんのパートナー、である前衛の意識と動きが大事。

アナタが勝手に相手の前衛に触らせても、それだけではダメ。

しっかりパートナーと事前に作戦を共有して、「あえて触らせるからね」と伝えておくことが大事。

そうすれば、前に詰めてくれるかもしれないし、当たり損ないのドロップは拾ってくれる、という連携が出来る。

2対1を作る、のがダブルスの基本ですから。

ぜひ、意識してみて下さい。

   

もし、作戦が上手くいったら?

それで満足?とんでもない

どんどん、2回目、3回目、と続けていきましょう。

1回成功したくらいでは、何の価値も無い。

何度も繰り返すことで、相手の前衛に「もう試合、嫌だ…」となって欲しいじゃないですか。

自分のミスで、ゲームを落としていってもらう。

パートナーと、ギクシャクしてもらう。

これこそ、アナタ自身が仕掛ける魔法みたいなのも、です。

前衛でのミスは、大罪?

何だか、テニスってこういう雰囲気無いですか?

後衛でのミスは、まぁ許される。

でも、前衛でのミスって、大罪。

同じ1ポイントなのに、周りも本人も、なぜか大きくスタンスが違うように感じます。

だからこそ、前衛にミスをしてもらう、引き出すことが雁行陣では大事なんです。

そして、落ち込んでる間に2回目、3回目と仕掛けていく。

これくらい、したたかにいきましょうよ。

前衛が、良い感じのボレーヤーだったら?

「でも、それはボレーが苦手な人相手の作戦でしょ?」

と、思った方も多いはず。

はい、まさにその通りです。

でも、私の中では相手をチェックする上では毎回、これはやる作戦です。

そこで、もしナイスプレーで応戦されたら、その時また考える。

ただ、大前提として「前衛が上手いから、避けよう」とは絶対に思わないようにしています。

そう考えた時点で、もう負けが近い。

ボレーが上手い相手でも、攻略する、強気でいく。

その気持ちだけは、絶対に忘れないで欲しいんです。



大事なのは、成功体験です。

アナタ自身が試合で、準備した作戦を使って良い感触を見つけること、が大事。

記事を読んで、「なるほどね」で終わらせたらダメ。

どんどんコートで使ってみて、時にはやられてみる。

そしてまた、チャレンジしてみる。

そうすることで、本当に雁行陣に効果的なポイント、が見えて来るはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

  2. ダブルス

    ダブルスでネットに詰めて良い場面5つ

    思い切って、ネットに詰めたポジションを取る。これが出来るよう…

  3. ダブルス

    後衛は前衛の動き出しを、こっそりと採点しよう

    ダブルスの試合、後衛でプレーしている時に、味方の前衛がよく目に入ります…

  4. テニス ボレー
  5. テニス スマッシュ

    ダブルス

    相手が深いボールをストロークで凌ぐときには、「基本はクロス」と決めてポーチに出よう

    ダブルスの試合、上手くラリーの中から前衛が動く。こういうポイン…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの並行陣、「ストレートロブを落としてしまうペア」は、前にいる意味が無いのでは?

    ダブルスの試合で、2人でネットプレーに挑む並行陣。なかなか学生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    テニスの試合で、「とにかく守備的で、こちらが攻撃するとカウンターが上手い」そんな…
  2. ダブルス

    ミックスダブルスこそ、女性は強気が基本
  3. 戦術

    ディフェンス力が高い選手は、いつでも爪を隠している
  4. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  5. テニス コート

    戦術

    負けた後に試合会場に残る人は、必ず強くなる
PAGE TOP