リターン

リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない

ダブルスの試合の中で、リターンのその瞬間。

相手の前衛が動いてきたら・・・気になりますよね。

これに対して、コースを変えるのが良いのか、そのまま打つのが良いのか。

私は基本的には、そのまま「やり切る」ことが大事だと思っています。

 

リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない

 


 

1.しっかりしたクロスリターンは、そう簡単にポーチされない

ペアでの打ち合わせで、リターンをクロスに返すと決める。

そう決めたら、私はもうしっかり打つだけだと思っています。

相手が動いて来て、それが目に入ってもやることは変わらない。

そこで無理にコースを変える、ことが出来るようなサーブもありますが・・・あまり欲を出さない方が良いでしょう。

しっかりしたクロスのリターン、はそう簡単にはポーチされない。

私の経験上、最後まで迷っているのが一番、力の無いリターンになって失点する確率が高いです。

 

2.少し余裕があったら、どうする?

それでも、例えば相手のサーブが弱い、こちらに余裕があるとき。

そんな時は、私ならストレートロブに切り替えます。

ストレートアタック、で抜こうとしない。

それは欲を出してミスする、一番多いパターンですからね。

相手前衛が動いて来るのが見えて、まだコース変更が効くならストレートロブ、というのは有りでしょう。

ただし、これも使い過ぎないこと。

相手からすると、ロブを上げさせるために動いてくる、ことが予想されますからね。

基本は打つコースは、変えない。

打ち合わせ通り、を徹底するのが一番です。

 

3.味方の前衛を、もっと信じて良い

クロスにリターン、と決めておけば、味方の前衛も楽。

相手の前衛をケアしながら、ある程度のポーチならキャッチしてくれるでしょう。

アナタ自身がしっかり、まずはクロスにリターン。

そこからの展開を想定しているでしょうから、それを安易に崩してはダメ。

まずはしっかり打って、味方の前衛を信じる意識、で良いでしょう。

ダブルスの試合、リターンでは基本的に前衛は気にしない、のが一番です。

 

4.触られても気にしない、リターンのバリエーションで勝負!

ダブルスのリターンって、そもそも厳しいんですよね。

だって相手が前にいますし、プレッシャーもすごい。

でも、触られたまずい、なんて考える必要はありません。

前衛に触らせる、それもロブやストレートアタック、色々なバリエーションで触らせていきましょう。

こちらが主導して、相手前衛を動かしている、くらいの意識でちょうど良いですよ。

 

相手前衛が動いて、すぐにビビってしまう人は、意識を変えていきましょう。

触られてもOK、とにかく基本はペアで決めたことを貫く、が大事。

そもそも、試合ですからやられることだってあります。

必要以上に落ち込まず、やるべきことをしっかりやる。

自分でリターンの場面を追い込む必要は、無いですよ。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  2. テニス ストローク

    リターン

    速いリターンで、サーバーはリズムを崩していく

    どんなにサーブが得意な選手でも、試合では必ずメンタルに左右される。…

  3. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

    シングルスでもダブルスでも、テニスの試合はリターンから始まる。…

  4. リターン

    リターンでの左利きシフトは、大胆に

    試合で相手が左利き、自分がアドバンテージサイドでのリターン。か…

  5. テニス ストローク

    リターン

    遅いサーブにリターンで身体が泳いでしまう人は、「自分の間で引き付ける」意識を強く持つこと

    速いサーブは、返し辛い?確かに脅威ではありますが、それだけ相手…

  6. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?

    最近、個人的につかんだ感覚。みなさんの参考になるかも知れないの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニスにおいて相手を崩す、ということは「相手を動かすこと」である
  2. テニス 準備

    その他

    アナタと一緒にテニスをプレーした人は、「外でアナタの宣伝マン」になってくれる
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?
  4. 戦術

    試合前に集中力と自信を高める、7つの行動
  5. テニス ストローク

    リターン

    シングルスの試合での30-40での攻撃的なリターンは、得意な形を!
PAGE TOP