リターン

リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない

ダブルスの試合の中で、リターンのその瞬間。

相手の前衛が動いてきたら・・・気になりますよね。

これに対して、コースを変えるのが良いのか、そのまま打つのが良いのか。

私は基本的には、そのまま「やり切る」ことが大事だと思っています。

 

リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない

 


 

1.しっかりしたクロスリターンは、そう簡単にポーチされない

ペアでの打ち合わせで、リターンをクロスに返すと決める。

そう決めたら、私はもうしっかり打つだけだと思っています。

相手が動いて来て、それが目に入ってもやることは変わらない。

そこで無理にコースを変える、ことが出来るようなサーブもありますが・・・あまり欲を出さない方が良いでしょう。

しっかりしたクロスのリターン、はそう簡単にはポーチされない。

私の経験上、最後まで迷っているのが一番、力の無いリターンになって失点する確率が高いです。

 

2.少し余裕があったら、どうする?

それでも、例えば相手のサーブが弱い、こちらに余裕があるとき。

そんな時は、私ならストレートロブに切り替えます。

ストレートアタック、で抜こうとしない。

それは欲を出してミスする、一番多いパターンですからね。

相手前衛が動いて来るのが見えて、まだコース変更が効くならストレートロブ、というのは有りでしょう。

ただし、これも使い過ぎないこと。

相手からすると、ロブを上げさせるために動いてくる、ことが予想されますからね。

基本は打つコースは、変えない。

打ち合わせ通り、を徹底するのが一番です。

 

3.味方の前衛を、もっと信じて良い

クロスにリターン、と決めておけば、味方の前衛も楽。

相手の前衛をケアしながら、ある程度のポーチならキャッチしてくれるでしょう。

アナタ自身がしっかり、まずはクロスにリターン。

そこからの展開を想定しているでしょうから、それを安易に崩してはダメ。

まずはしっかり打って、味方の前衛を信じる意識、で良いでしょう。

ダブルスの試合、リターンでは基本的に前衛は気にしない、のが一番です。

 

4.触られても気にしない、リターンのバリエーションで勝負!

ダブルスのリターンって、そもそも厳しいんですよね。

だって相手が前にいますし、プレッシャーもすごい。

でも、触られたまずい、なんて考える必要はありません。

前衛に触らせる、それもロブやストレートアタック、色々なバリエーションで触らせていきましょう。

こちらが主導して、相手前衛を動かしている、くらいの意識でちょうど良いですよ。

 

相手前衛が動いて、すぐにビビってしまう人は、意識を変えていきましょう。

触られてもOK、とにかく基本はペアで決めたことを貫く、が大事。

そもそも、試合ですからやられることだってあります。

必要以上に落ち込まず、やるべきことをしっかりやる。

自分でリターンの場面を追い込む必要は、無いですよ。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落としましょう

    試合の流れを大きく左右するのが、リターンの精度。サーブもそうで…

  2. テニス ミス

    リターン

    1セットマッチ、1ブレイクでOK

    私たちの試合、ほとんどは1セットマッチ。たまに3セットマッチ、…

  3. テニス サーブ

    リターン

    テニスのシングルスの試合序盤は、「セカンドサーブをリターンからチャージ!」して先制パンチを!

    シングルスの試合は、序盤で流れを大きく引き寄せたい。そんなとき…

  4. テニス スマッシュ

    リターン

    身長が低い選手のサーブは、「回転系」が基本になる

    テニスの試合、サーブの特徴は早く把握するに越したことは無い。特…

  5. リターン

    2ブレイクで、普通の人は気が緩む

    試合でリードしていたのに、逆転されてしまう。こういう試合の時に…

  6. テニス メンタル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    情報が手に入る時代だからこそ、今はテニスが難しいのかも
  2. テニス スポーツ

    練習メニュー

    自分のテニスを成長させたければ、「今日のナイスショット」を「来月は普通のショット…
  3. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法
  4. ダブルス

    サーブ&ボレーの相手に、スライスでチップ&チャージ!
  5. 戦術

    出来ていないこと、を受け入れていくことから
PAGE TOP