ロブ

ロブを追いかけながら、結論は早く出す!

最近試合を観ている中で、感じていること。

観ているだけじゃなくて、自分がプレーしていてもそうですね。

ロブへの対応、ここで差が出る部分が大きいなと。

もちろん、落とさないでスマッシュを打てればそれが一番ですが、厳しいロブはそうもいかないですよね。

だからこそ、しっかりこの意識、が大事です。

 
 

結論、出てますか?

焦ってばかりじゃない?

ロブを打たれて、それが抜かれる。

厳しい状態、ネットを背にして走るような場面も、試合ではありますよね。

ここで、必要なことは何でしょう?

技術も大事ですが、その前に「しっかり結論を出す」ということ。

このボールを、どうしたいのか。

厳しい状況ですが、諦めるにはまだ早いですから。

ボールがバウンドする前に

相手のボールが、自分のコートにバウンドする前に。

しっかり、どうするのかを決めましょう。

ただ返すだけ、だと次で決められてしまう。

出来る限りの抵抗をする、その糸口を具体的に見つけること。

ロブを追いかけながら、この意識が大事です。

イメージ出来れば、それが実現出来る。

「あの辺に返して、出来れば相手にはこうなってもらって・・・」と、イメージしてみる。

これが浮かんでくれば、実現出来る。

本当です、これは。

厳しい場面でも、投げやりにならないですし、諦めない。

結論を出す癖が付いてしまうと、テニスの試合では楽ですよ。

キーワードは、「早く、具体的に」です。



何でそこまで、追いかけられるのか?

逆にチャンス!だから

ロブで抜かれて、厳しい場面。

結論を出すのを邪魔する要素は、たくさんありますよね。

諦めた方が楽、走ってもムダなんじゃないかと思えて来る。

でも、試合に強い人はよく分かっています。

こういう場面こそ、チャンスだということを。

相手はもう、決まったと思っている

みなさんも、どうでしょう。

試合で、自分のロブが抜けた瞬間に。

「よし、取った!」と思いますよね。

それが自然です、試合では。

だからこそ、反撃が効くんです。

追いかけて返して来るだけでも、相手はとても嫌、本当に嫌です。

これを経験すると、返すことが快感になって来るんです。

まずは早く結論、打ってみる

やってみると、出来るもの。

だと思いますよ、私は。

細かい技術よりも、ロブを追って返そうとしてみる。

本気でトライしてみれば、「次にはこうすれば、返りそうだな」という工夫の糸口が見えて来るんです。

早く結論を出して動かないと、それは難しいですよ。

ぜひ、まずは自分で実践してみて下さい。

   

これを教えることは、難しい

他人の声で、人は走れない

小学生まで、でしょうね。

コーチや先生の声で、走ることが出来るのは。

私たち大人になると、他人を走らせることは出来ない。

みなさんも、なかなか人の声で自分を走らせるのは出来ないと思います。

ロブを諦めないで追うこと、それに必要なものはただ一つです。

自分の声でしか、自分を走らせることは出来ない

自分の声、が必要です。

テニスの試合で勝ちたいなら、自分の声で自分を走らせる。

ロブで抜かれて厳しいような場面でも、いかに早く結論を出せるのか。

これは、非常に深い問題だと私は思いますよ。

自分の声を上げること、でしかアナタ自身は変われないですから。

何気ない、だけど試合を決定付けるプレー

実際に試合を観ていると、「あ、これはもう決まったな」と思います。

ポイントが、ではなく試合自体が。

ロブで抜かれて追わないペアって、勝てる雰囲気が出ない。

相手も楽ですからね。

あ、走らせれば追ってくれないんだな、となりますから。

結論を出せないんだな、と気付いたらもう後は一方的でしょう。

実際に、こういう感じで相手が一気に強気に出て、決まるのがロブの後のようなポイント、でしょう。



ボールが追えないのは、体力不足、技術不足?

ではなく、決断できていないんです。

どうするのか、結論が出ていないから、足が出ない。

これに気付けば、テニスは変わります。

ロブを追えない、という自分を変えていくということ。

それはつまり、アナタ自身のスタンスを変えるということです。

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  2. テニス ロブ

    ロブ

    攻撃的なトップスピンロブを打つなら、腰の高さくらいの打点がベスト

    試合の中で、しっかりトップスピンロブで攻撃していくとき。もしか…

  3. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない

    試合の中で、相手からロブを打たれる。この時の反応で、実は強い相…

  4. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  6. ロブ

    ロブを追いかける瞬間に、人は本性を現す

    シングルスでもダブルスでも、ロブを打たれる機会は試合である。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス リターン

    スマッシュ

    ネットに出たら、いつでもスマッシュコースは先にイメージしておこう
  2. リターン

    ジャックナイフリターン、で攻めよう!
  3. テニス 打点

    メンタル

    格上相手に勝ち切るメンタルの極意、とは?
  4. ボレー

    相手が態勢を崩したら、前衛は動くのがダブルスの基本
  5. テニス 練習

    ストローク

    「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?
PAGE TOP