ストローク

「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

強い相手と試合をしていると、いつの間にかジリジリ下がらされてしまう。

下がらされるとコートの後ろの方から打つ訳だから、こちらが打ち返したボールは相手コートに届く頃には弱々しくなってしまうので、それをまた相手に打ち込まれて更に厳しい状況になっていく。

何で下がってしまうかと言うと、ボールが深い・・・というのもあるけど、トップスピン系のショットはしっかり弾むし、スライスであればグーンと伸びて来るので、どうしても思い切って踏み込めず、ボールを見てしまっているうちに下がってしまうのだ。

 

「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

 

弱々しいショットであればしっかり踏み込めるのに・・・・。

弾むボールや伸びて来るボールはバウンド直後に打つのをためらってしまいやすい。

 

でもそこで下がって何が出来るか・・・というと、ただ黙々と繋ぎ続けることしか出来ないでしょ?

どっかでしっかり踏み込んで攻撃に転じないと相手にプレッシャーを掛けられなくて結局、自分がミスするか甘いショットをプレゼントしてしまうか・・・の結末になってしまう。

だから普段からしっかりとバウンドに向かって踏み込んで行く練習をしておこう。

 

特にレシーブの時なんか重要だよね

いくら凄く速いサーブだったとしても、必ずサービスラインの内側なんだから、踏み込めるはず。

それをボールが来るのを待ってレシーブする人は、どうしてもバウンド後のボールの変化に苦しんでしまう。

トップスピンサーブであれば、バウンドが一番高く弾んだ所で苦しみながら取らされたり、ワイドへのスライスサーブの場合はコートの外に追い出されたり・・・。

 

左利きサーバーの曲がるサーブに苦しんでいる人も、大抵はレシーブを待って打つ人が多いよね

大事なことは「ボールに向かう」のではなくて、「バウンドに向かっていく」ということなんだよ。

もちろん全てストロークショット打つ時はバウンドに向かえるわけじゃないけど、バウンドに向かうって事から知らず知らず逃げてしまいがちな人って多いんだよ。

 

ボールを打てればどこでも良い訳じゃない

しっかりバウンドに向かって踏み込んでいけるようにしておかないと、防戦一方の展開に陥ってしまうので要注意。

レシーブの時、しっかり踏み込んで行けよ!

ボールを追いかけるな!

バウンド地点を素早く予測し、バウンドに向かって行け!

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス セルフジャッジ

    ストローク

    ラリーでつないだら、やられる・・・と感じたら、試してみたい作戦5つ

    試合の中で、苦しい場面。相手が強いと感じるのは、「つなげない」…

  2. テニス フットワーク

    ストローク

    「ストロークのスピードコントロールは、回転量で」出来るようになるとミスが減って安定します

    テニスは回転量を操るスポーツ。特に試合では、ボールスピードをコ…

  3. テニス ミス

    ストローク

    浅いボールをアングルのコースに切り返すには、ラケットヘッドを立ててスライスで充分

    浅いボールを追いかけて、少し余裕がある場面。こういう時には、積…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです

    試合の中で、私は何度も「ドロップを使おう!」と書いて来ました。…

  5. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ

    攻撃的なストローク、スピン回転で押していく。これは、学生選手だ…

  6. テニス メロブ

    ストローク

    テニスのラリーでは、「自分のボールは良い場所にコントロール出来る前提」で考える癖を付けよう

    実力以上に、試合で結果を出せる人。そんな人は、やっぱりどこか「…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に名前負けしてしまうのは、結局「自分が可愛くて、守りたい」から
  2. テニス サーブ

    日々の雑記

    誰もが出来ることを、誰も出来ないくらい続けるということ
  3. テニス 格上相手

    戦術

    テニスの試合、粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人
  4. テニス リターン

    リターン

    リターンミスが多い人は、軸足から踏み込んで体重を乗せることだけ意識しよう
  5. メンタル

    「目標に到達するには・・・?」テニスの試合で必要なのは具体的なイメージ
PAGE TOP