フットワーク

「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

強い相手と試合をしていると、いつの間にかジリジリ下がらされてしまう。

下がらされるとコートの後ろの方から打つ訳だから、こちらが打ち返したボールは相手コートに届く頃には弱々しくなってしまうので、それをまた相手に打ち込まれて更に厳しい状況になっていく。

何で下がってしまうかと言うと、ボールが深い・・・というのもあるけど、トップスピン系のショットはしっかり弾むし、スライスであればグーンと伸びて来るので、どうしても思い切って踏み込めず、ボールを見てしまっているうちに下がってしまうのだ。

 

「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

 


 

弱々しいショットであればしっかり踏み込めるのに・・・・。

弾むボールや伸びて来るボールはバウンド直後に打つのをためらってしまいやすい。

 

でもそこで下がって何が出来るか・・・というと、ただ黙々と繋ぎ続けることしか出来ないでしょ?

どっかでしっかり踏み込んで攻撃に転じないと相手にプレッシャーを掛けられなくて結局、自分がミスするか甘いショットをプレゼントしてしまうか・・・の結末になってしまう。

だから普段からしっかりとバウンドに向かって踏み込んで行く練習をしておこう。

 

特にレシーブの時なんか重要だよね

いくら凄く速いサーブだったとしても、必ずサービスラインの内側なんだから、踏み込めるはず。

それをボールが来るのを待ってレシーブする人は、どうしてもバウンド後のボールの変化に苦しんでしまう。

トップスピンサーブであれば、バウンドが一番高く弾んだ所で苦しみながら取らされたり、ワイドへのスライスサーブの場合はコートの外に追い出されたり・・・。

 

左利きサーバーの曲がるサーブに苦しんでいる人も、大抵はレシーブを待って打つ人が多いよね

大事なことは「ボールに向かう」のではなくて、「バウンドに向かっていく」ということなんだよ。

もちろん全てストロークショット打つ時はバウンドに向かえるわけじゃないけど、バウンドに向かうって事から知らず知らず逃げてしまいがちな人って多いんだよ。

 

ボールを打てればどこでも良い訳じゃない

しっかりバウンドに向かって踏み込んでいけるようにしておかないと、防戦一方の展開に陥ってしまうので要注意。

レシーブの時、しっかり踏み込んで行けよ!

ボールを追いかけるな!

バウンド地点を素早く予測し、バウンドに向かって行け!

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. フットワーク

    とにかく速いボールを打ちたい!と、思っている方へ

    「ストロークで速いボールを打ちたい!」「サービスエースを取りた…

  2. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が必要です

    テニスは常に一生懸命、全力を尽くすスポーツ。もちろんそれは大前…

  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    全てのボールに対応しようとすると、結局プレーは中途半端にしかならない

    テニスの試合、つい欲が出てしまう。いつの間にか、私たちは「何で…

  4. フットワーク

    「打ちやすい追いかけ方しなきゃ」骨盤で反応するとテニスに最適な横向きが作れます

    テニスというスポーツの特徴は「打つ」というのが主流だけど、それ以外にも…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    相手が足下のボールを処理するときは、「ボールに触られる前」までの動きで全ては決まる

    相手の足下に、上手くボールを打てたとき。みなさんはどんな感じで…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスの試合のプレーのほとんどは、「反応」でしかないという事実

    テニスの試合、フットワークが鋭い人って・・・反応が鋭い?いや、…

特集記事

  1. テニス 確率

    メンタル

    「メンタルが強くなりたい?」だったら、スリルを楽しめるようになろう
  2. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4…
  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げると…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「肘は伸ばし過ぎず曲げ過ぎず・・・」肩支点のスライスをテニスの試合で使っていこう…
  5. ストローク

    「意外と難しい、高い打点のストローク」をテニスの試合で克服するために
PAGE TOP