フットワーク

「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

強い相手と試合をしていると、いつの間にかジリジリ下がらされてしまう。

下がらされるとコートの後ろの方から打つ訳だから、こちらが打ち返したボールは相手コートに届く頃には弱々しくなってしまうので、それをまた相手に打ち込まれて更に厳しい状況になっていく。

何で下がってしまうかと言うと、ボールが深い・・・というのもあるけど、トップスピン系のショットはしっかり弾むし、スライスであればグーンと伸びて来るので、どうしても思い切って踏み込めず、ボールを見てしまっているうちに下がってしまうのだ。

 

「バウンド地点を追いかけろ!」テニスの試合ではボールを追いかけることが受け身になることも

 

弱々しいショットであればしっかり踏み込めるのに・・・・。

弾むボールや伸びて来るボールはバウンド直後に打つのをためらってしまいやすい。

 

でもそこで下がって何が出来るか・・・というと、ただ黙々と繋ぎ続けることしか出来ないでしょ?

どっかでしっかり踏み込んで攻撃に転じないと相手にプレッシャーを掛けられなくて結局、自分がミスするか甘いショットをプレゼントしてしまうか・・・の結末になってしまう。

だから普段からしっかりとバウンドに向かって踏み込んで行く練習をしておこう。

 

特にレシーブの時なんか重要だよね

いくら凄く速いサーブだったとしても、必ずサービスラインの内側なんだから、踏み込めるはず。

それをボールが来るのを待ってレシーブする人は、どうしてもバウンド後のボールの変化に苦しんでしまう。

トップスピンサーブであれば、バウンドが一番高く弾んだ所で苦しみながら取らされたり、ワイドへのスライスサーブの場合はコートの外に追い出されたり・・・。

 

左利きサーバーの曲がるサーブに苦しんでいる人も、大抵はレシーブを待って打つ人が多いよね

大事なことは「ボールに向かう」のではなくて、「バウンドに向かっていく」ということなんだよ。

もちろん全てストロークショット打つ時はバウンドに向かえるわけじゃないけど、バウンドに向かうって事から知らず知らず逃げてしまいがちな人って多いんだよ。

 

ボールを打てればどこでも良い訳じゃない

しっかりバウンドに向かって踏み込んでいけるようにしておかないと、防戦一方の展開に陥ってしまうので要注意。

レシーブの時、しっかり踏み込んで行けよ!

ボールを追いかけるな!

バウンド地点を素早く予測し、バウンドに向かって行け!

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    横に流れるランニングショット、打った後に反対側をカバー出来てますか?

    オムニコートで、ザザザザーーっと滑っていく選手。前にも横にも、…

  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの練習中、「足を動かして!」と言われても、ただバタバタ動かすだけだと疲れるだけです

    練習中、試合中、「足を動かして!」という声をよく聞きます。これ…

  3. テニス ダブルス

    フットワーク

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    習慣って、怖いなと。私自身、すごく感じます。練習の内容…

  4. テニス 打点

    フットワーク

    テニスで必須のテクニック、「スプリットステップで大事なポイント」をアナタは実践できてますか?

    テニスの技術の中で、毎回ラリーの中で必要な技術「スプリットステップ」。…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    相手の打球に先回り、出来るようになれればテニスは各段に上のレベルにいける

    相手の打つコースに先回り、カウンターショット・・・。皆さん、こ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスで勝てる相手を増やすには、「例題をたくさん解いていく」つもりで、経験を積み…
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり…
  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」で…
  4. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイン…
  5. テニス ダブルス

    メンタル

    練習の場での失敗と、試合での失敗の価値は全く違う
PAGE TOP