テニス ストローク

メンタル

ビビった時のスピンストローク、ラケット面は下を向く

試合でビビって、ストロークが打てなくなる。

誰しもが、経験したことがあることだと思います。

自分が、ビビってしまうとどうなるのか。

これを把握しておくだけでも、試合の現場で楽になれるし修正出来る。

「あ、今俺ビビってるな・・・」という感じで。

具体的にどうなるのか、をしっかり把握出来ていれば、何も怖く無いですよ。

知らない、分からない、というのが一番怖いです。

 
 

ビビると、ラケット面が下を向いてしまう

スピンをかけたい欲、が強過ぎる

ストロークのスピン回転、しっかりかけたい。

ネットしたくないし、アウトしたくない、とにかく回転をかけたい!

だから・・・どうなるかと言えば、ラケット面が早く下を向くんです。

ボールの上をこするようなスウィングになって、結果的に良いボールが打てない。

ボールが前に飛ばないし、下手したらフレームショット連発、になるはずです。

ボールが当たる瞬間は、ほぼ地面と垂直

ビビってアウトが怖いと、この基本を忘れがち。

ラケット面を被せて、なんとなくスピン回転を多くかけたくなるんですよ、人は。

地面と垂直なラケット面、にしないと当然ボールは飛びません。

スピン回転は、ボールの上をこすっても良い回転にはならない。

しっかり厚い当たりで当てて、そこから上に振り抜いていくから良いスピン回転がかかるんです。

「なぜ下を向く?」の視点を持とう

なぜ、ラケット面が下を向いてしまうのか。

これについても、なぜ?の視点が大事です。

私が考えるに、打った後のフォロースルーの形を早く作りたいから、だと思います。

ビビって不安になると、「早く打ち終わりたい・・・打ち返したい・・・」って、考えるようになるんです。

だから、ラケット面が下を向いて打ち終わっている形、から入ってしまう。

打つ瞬間に、しっかりボールを捕らえるという意識が無くなってしまうと、こうなります。



ビビってスピンが打てなくなった時の対策

まずは、スライスという選択肢を持つ

私なら、スライスに切り替える。

フォアハンドも、結構スライスに切り替えて打つこと、ありますよ。

ロブやアプローチショットが主体になりますが、スピンよりも確実性があるし、ダブルスでも使える。

スピンがダメならスライス、でまたスコアに余裕が出て来たらスピンを打つ、という感じで準備しておくと良いでしょう。

下がった位置から、大き目に打つ

これも大胆な策ですが、ベースラインの後方、1メートルくらいまで下がって打つ。

打点は低くてOK、とにかく大きく打って、アウトするくらいのイメージで。

ネットから距離があるので、ある程度大きく打ってもコートに入るはず。

ビビってアウトが怖いなら、下がって打ってみるのも一つの手です。

ライジングショットに切り替える

ビビってしまうと、考え方も後ろ向きになる。

ボールが来ないで欲しいと思うから、下がったり打点が遅れる。

そうなるようなら、もうライジングショットに切り替えましょう。

先ほどは下がる、という策でしたが、今度は前に入る。

ベースラインよりも1歩前、ネット寄りに立って、相手から来るボールを下がらないで打つ。

ビビっている自分、を払拭していくイメージですね。

こういうちょっとしたポジションチェンジで、気分も変わるしスピンの調子も戻って来る可能性がある。

試してみて損は無いですよ。

   

基本は相手を気にしないこと

相手にビビる必要は、無い

相手にビビる必要は、全くありません。

テニスの試合、同じ会場、そこまで恐れる相手じゃないですよ。

良いボールを打たないといけない、と自分を追い込まなくてもOK。

いつも通り、しっかり練習のように打てれば何も怖く無いはずですから。

ビビって打てなくなったら、まず自分のショットに集中する。

それだけで良いんです。

相手はいないもの、だと考える

本当にストロークが入らなくなったら、私はこう考えます。

向こう側のコートに、相手はいない。

返して来るかもしれないけど、基本は人がいないと思って打つ。

普通のショットを打てば良いんだ、相手はいないんだから。

これくらい吹っ切れてみるのも、試合の現場では有りです。

ビビった時は、自己中心的に

テニスは相手がいる競技。

ですから、本来は相手に合わせて自分を変えること、が優先される方が試合に強い。

でも、ビビってスピンが入らない、全く上手くいかない時には、自己中心的になりましょう。

自分中心で、まずは調子を戻すことを優先する。

焦らないでいきましょう、試合の現場では。



どんな選手でも、どんなに準備をしても、スピンが入らなくなることはあります。

もう全然ダメ・・・な時に、自分はどうなっているのか。

ラケット面が下を向く、意外にも人それぞれあるでしょう。

ちょっと考えておくだけで、修正力は格段に変わって来ます。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    結果が出ない時期こそ、アナタ自身の財産になる

    テニスの試合に、引き分けはありません。大会に出れば、言い方は悪…

  2. テニス 部活

    メンタル

    テニスが強くなる為に、孤独は通過点

    テニスを強くしたい、強い選手になりたい。そう考えているなら、き…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります

    テニスの審判やレフェリーの活動していたときに感じたのが、試合に強い選手…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    今すぐテニス選手としてのメンタルを強くする方法

    自分はメンタルが弱い、と感じているみなさん。結論、大丈夫です。…

  5. テニス ミス
  6. テニス 夜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 雑誌

    その他

    テニス専門誌を5年間全て購読し続けて、想うことをまとめてみました
  2. 戦術

    リスク無きテニスで、格上相手は倒せない
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスの試合に強いペア」は相手の逃げ道を作らない!巧みなポジション変更を学び…
  4. テニス ボレー

    その他

    テニストーナメント大会は、「強いシード選手」が優位に作られている
  5. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、並行陣を卒業しよう!
PAGE TOP