テニス メンタル

メンタル

ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する

試合中に、急に恐怖に襲われる。

何をやっても出来ない、入らない、打てないような感覚になること、ありますよね。

相手が強い、自分が弱いというビビリ状態に陥ってしまう・・・のは、アナタだけじゃない。

こういうのって、絶対にペアにも伝染していくもの。

それがダブルスの試合、です。

ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する

 


 

1.人は言葉より、行動から感じる

ペアで試合をしていて、感じること。

ポイント間の会話で、口では「大丈夫!大丈夫!」と言っているのに、全然そうは見えない。

会話が終わってポジションに着くときには、顔面蒼白で膝がガクガク。

必死でビビリを隠そうとしているのに、痛々しい感じ。

言葉より見た目、の方がインパクトありますからね。

気が付くと、自分もその波に巻き込まれて、ビビってしまう。

これが自然、です。

だからこそ、意識しておかないと伝染は止まらないんです。

 

2.ビビっている状態、を受け入れよう

私自身、何度も経験ありますが・・・そりゃ、ビビリますよ。

勝っていても負けていても、テニスの試合では必ず結果が出る。

その結果、が怖いからこそビビってしまう。

これを抑え込もうとしないで、受け入れる。

「ビビってるな・・・いつも通り」くらいに考えて、その中でプレーしていくしかないんです。

だって、それなりにしっかり準備して来たからこそ、勝ちたい訳じゃないですか。

ビビるのが当たり前、ペアでもそんな感じの話をした方が良いと思いますよ。

「うちら今、ビビってるね・・・」みたいに。

 

3.ビビっているなら、思い切った作戦を

こんな時は、私なら奇策に出ます。

ダイナミックにポジションを変えるような、チェンジプレー、ネットプレー。

ビビっている時って、ボールをその場で待ちがちなんです。

そして、身体が動かない。

だったら、もう思い切って身体を動かすようなポイント、を1ポイント作ってみる。

そうすると、不思議と頭がスッキリして吹っ切れるものですよ。

ビビリ解消のポイント、はダブルスの方がやりやすいです。

動き回っても、コートには2人いますからね。

何とか返すことも出来る、上手くいけばポーチも決まる。

1つのポイントで、絶対にメンタルは変わります。

 

4.上手くいかない試合、こそペアでの財産になる

ビビリがちなペアは、こういう経験が足りない。

自分たちが勝ちたい試合、でも上手く進まない、どうしよう・・・と、焦るような試合。

困難にぶつかって、ペアで乗り越えていく場面。

こういう経験こそ財産になるし、簡単にはビビらなくなります。

言い方は極端ですが、テニスをやっている限り、失点はかすり傷のようなもの。

どんどん失点、失敗を重ねては、強い皮膚を作っていく。

自分の血を見ながら成長していくのが、テニスです。

 

自分を客観視する、ビビる自分も受け入れる。

アナタ自身、これはテニスとの向き合い方につながります。

勝ちたいですから、そりゃビビリますよ、試合では。

でも・・・その瞬間は辛いし、ペアにも申し訳ないと思いますが、だからテニスは楽しいんですよね。

ビビった中でも勝てた試合、みなさんも経験して来ているはず。

そんな積み重ねが、成長につながっているはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?

    試合の中で、頼れるショット。これは、無理やりにでも作っておきま…

  2. テニス 指導

    メンタル

    テニスでも何かの問題に出くわすと、人は本性を現す

    テニス選手としての、本当に真の部分。強さが出る部分って、みなさ…

  3. テニス 仲良し

    メンタル

    仲良しテニスを卒業しましょう

    今回は、具体的なテニスの技術や練習メニューとは異なり、一つの考え方を。…

  4. メンタル

    上級生や格上選手との試合で、「攻撃的な揺さぶりを入れる」のは失礼?やり辛い?

    先日、高校生の方からこんな質問を頂きました。「先輩との試合では…

  5. テニス ストローク

    メンタル

    「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に

    テニスの試合って、他のスポーツよりも心理戦、の要素が強いと思う。…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    将来大成するテニス選手は、「調子が悪くても、調子が悪いという言葉は口にしない」強さがある

    選手の口から出る言葉は、全てに魂が宿っている。有言実行、という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    「秘訣はニュートラルグリップ」テニスの試合で幅のあるプレーをする為に
  2. ストローク

    「スライス回転のバウンドを予測する」ことが出来ないと、テニスの試合には勝てません…
  3. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる…
  4. テニス ストローク

    テニススクール

    覚えることより、使えることを増やしていこう
  5. テニス 守備

    ダブルス

    「ダブルスで勝てないペア、選手が陥りがちな8の字ラリー症候群」アナタは大丈夫です…
PAGE TOP