サーブ

自分のナイスサーブを得点につなげる5つの法則

試合の中で良いサーブが入る。

でも、そこからどうするのかで得点出来るかどうか、が決まりますよね。

サービスエースを量産出来る人なんて、一般の試合にはほとんどいない。

大事なのは、自分なりのナイスサーブをいかに得点につなげていくか、という発想。

法則を自分なりに見つければ、自然とキープ率も上がって来るはずですよ。

 
 

良いサーブ、を自分で整理しておこう

ナイスサーブ、とは?

みなさんにとって、ナイスサーブってどんなサーブでしょう。

色々定義があって良いと思いますが、私の場合はまず「ファーストサーブ」であるということ。

それから、ダブルスなら前衛と共有したコースにしっかり入ること、です。

速度や威力、は二の次。

まずはこの2つの要素がしっかり満たせているか、を基準にしています。

3本中2本は、ナイスサーブにしたい

自分の中で、やっぱりサーブが良いと調子が上がりやすい、

ハードルを高く設定し過ぎないで、3本中2本くらいをナイスサーブ、で試合を進めていきたいんです。

ファーストサーブを、コースを突いて入れる、それが67%は出来ている。

この状態から逆算して、普段からサーブ練習出来ると良いでしょう。

調子が良ければ、回転量を上げる

私自身、サーブの調子が良いならここで調整します。

速度を上げるより、回転量を上げる。

ナイスサーブを少しパワーアップするなら、回転量がお勧めです。

サーブをしっかり入れている状態、は崩したくないですからね。

バウンド後の伸び、を少し強くしていく調整、を入れることはあります。

でも、速度アップは求めない。

そうする方が、試合で大崩れしないですからね。



具体的に、ナイスサーブを続けていくには?

1.「センターに打てる人」になる

まず、これが大事です。

アナタ自身、しっかり最初はセンターを狙って相手に印象付ける。

「この人は、センターを狙ってるな」と相手に思わせることが第一歩、です。

センターに入るサーブはリターンのコースが限られますから、その後の展開がイメージしやすい。

前衛も、ポーチに出やすい。

まずはアナタ自身、相手の印象を操作して「センターに打てる人」になりましょう。

2.バックハンド狙いから、ロブ待ち

ダブルスなら、この作戦が有効。

得点パターンとして、バック側にサーブを入れて相手がロブで来るところをしっかり仕留める。

もちろん、バックハンドリターンが得意な相手もいるでしょうが、まずは相手を確認してみる、ことが大事。

しっかり打って来るようなら、フォアハンド側を狙うのも有効になる。

まずは相手を知る、バックハンド側に入ったサーブをどうするのか、を知ることが大事です。

3.相手のポジションに応じたサーブに調整する

これも、リターン力を削いで得点につなげる大事な発想。

相手リターンのポジションをしっかり確認して、それに応じたサーブを打つ。

下がっている相手には浅めのサーブ、前に入っている相手にはボディへのサーブ、をしっかり打てるようにしておきましょう。

ファーストサーブって、意外と1種類しかない人、いませんか?

それでは相手との相性、に応じた作戦が立てられないですよ。

4.リターンのタイプによっては、サーブ&ボレー

これも、サービスゲームでは大事。

とにかくまず、リターンを返そうとしてくる相手には、それを許してはいけない。

前に出てボレー、素早くポイントにつなげてプレッシャーをかけていく。

逆にリターンで無理に強打して来るような相手には、打点を下げるようなサーブ、それからサーブを打って下がって待つ、という作戦も必要でしょう。

リターンには、相手の性格が良く出ます。

その性格に応じたポジション、で待ち構えてプレッシャーをかけていきましょう。

5.じっくりポイント間の時間を使う

これ、出来ている人が少ない印象です。

自分のサービスゲーム、どこか「早く終わらせたい・・・」と思ってしまいませんか?

ペアとのコミュニケーションも、しっかり取らないとダブルスはもったいない。

アナタ自身のナイスサーブ、その要素にもなってくれるのが前衛ですから。

ポイント間の時間を、あえてじっくり使う。

そうすれば、自然とナイスサーブもポイントにつながっていくでしょう。

   

お勧めの練習法

自分の打てるサーブ、を書き出してみる

サイドごとに、どんなサーブが打てるのか。

薄いグリップ、厚いグリップ、関係無く自分で持っている武器を整理しておきましょう。

ファーストサーブでコースを狙う、67%入るサーブ。

もちろん、全てのコースに高い確率で打てるのが理想ですが、実際は難しいですよね。

まずは整理して、自分の傾向をイメージして書き出してみましょう。

苦手コースを無くそう、と思わないこと

「このサイドからこのコース、打てないのはまずいな・・・」と、思うでしょう。

でも、そこばかり無理に練習しても、私はかなり時間がかかると思います。

まず、得意なコースと「普通」なコースをしっかり練習する。

普通に打てるけど、試合ではちょっと不安かなというコース、からまず練習して欲しいんです。

苦手なコースは、あっても良い。

サーブが苦手な自分、というイメージがつくのが怖いですから。

練習試合、サーブ&リターン練習から、コース狙いは貪欲に

貪欲に、狙いましょう。

狙い過ぎてフォルト、はOK。

但し、速度を求め過ぎないように自分の中で制御すること。

コース狙い、だけは貪欲に練習から意識してサーブを打つ。

そして、出来ればその感触やデータはテニスノートに残しておきましょう。

実際に大事な試合で、どういう傾向に自分はなりやすいのか、を把握出来るだけでも武器になる。

普段の練習、サーブを無意識に打っていてはもったいないですよ。



ナイスサーブを、しっかり得点につなげる。

これ、意外と男性が苦手にしていることろでしょう。

サーブを打って、入って満足。

どこかでその自分に気付かないと、試合は変わらない。

だからこそ、チャンスがあるし未来がある。

ぜひ、意識してサーブ改革、取り組んでみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. サーブ

    「ビビった時のサーブってどうなってる」ポイントさえ押さえればテニスの試合は怖くない!

    サーブを打つ時にビビることってある?これは誰でもあると思う。…

  2. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う

    サーブは入れないといけない。そんなこたぁ、誰でも知ってるよね。…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの基本となる、「膝を曲げてトロフィーポーズ」は鏡を見ながらチェックしよう

    サーブのフォームチェック、意外と皆さんやっていない。大きな鏡が…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つ時に、「大きく胸を張って反る動き」は本当に必要か考えてみた

    私が最初にテニスをテニススクールで習ったときに、サーブはこう教わりまし…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで回転がかからない人は、「ボールの上をこする癖」が付いていないか見直そう

    セカンドサーブは回転量を増やしたい。軌道も高くして、スレスレに…

  6. サーブ

    サーブ&ボレー用のサーブ、に必要な5つのコツ

    サーブ&ボレーに、必要なサーブって何か。これを考えたときに、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい
  2. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう
  3. テニス 練習

    戦術

    再現性の高さ、こそテニスの真の実力である
  4. テニス メンタル

    ボレー

    バックハンドボレーが上手くいかない人は、「身体が倒れないようにお腹を前に出してい…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの連続性は、「バックボレーの後の構え直し」のスピードにかかってくる
PAGE TOP