戦術

実力で勝負、その実力とは?

テニスの試合で、必要な実力。

それは、言い出せば、書き出せば、キリが無いでしょう。

それに、私以外のたくさんの方の意見もあるはず。

正解は無い、だけど改めて私自身の考え方、スタンスを書いておきたいと思います。

テニスの試合、初対面の相手も多い。

であれば、これが基本じゃないでしょうか。

 
 

全ては勘違い、で終わる

実際の試合、こうだと思います。

試合が始まって、色々観察しようとするけど、よく分からない・・・。

よく分からないままに始まり、よく分からないままに、終わる。

1セットマッチなら、こういう試合が7割じゃないでしょうか。

結局、結果的には「勘違い」したままに試合が終わる。

私は、この「勘違い」をどう自分の味方にして利用するか、だと思います。



「お前、よくあの人に勝ったな・・・」という、褒め言葉

私が高校時代、先輩に言われてすごく印象に残っていること。

高校の頃練習試合で他校に行って何度か試合をした後に、最後は一緒に少しだけ練習する、という時間がありました。

そこで、私の先輩と、私が試合でギリギリ勝った相手とラリーしたときに、言われました。

「あの人に、本当に勝ったの??」と。

確かに、自分でもそう思った記憶があります。

どう見ても、相手の方が強いし上手い、経験豊富。

でも、当時の私は「なんちゃってサーブ&ボレー」でシングルスの試合も、誤魔化しながら勝っていくスタイルでした。

それがはまって、たまたま勝ったようなもの。

でも、「勘違いさせる力」は上手く働いていたと、今でも自負しています。



勘違いさせる力こそ、実力

だと、私は思います。

こういう内容の記事を書くと、「また邪道なテニスを・・・」と、お叱りを頂くかも知れませんが。

本当の実力って、結局は相手にどう思われるか、恐れられるか。

試合が終わってみて、「なんだ、大したこと無かったんじゃないか・・・」というのは、最高の褒め言葉です。

もし仮に、本当に凄い実力を持っていても、その対策をバッチリされたらなかなか勝てない。

いや、本当に凄いショットを持っていたら、話は別ですよ。

でも、テニスの試合はほぼ実力が近い感じの相手、な訳じゃないですか。

その大前提で、いかに相手を勘違いさせていくか。

そこに、試合の上手い、下手があると私は思っています。

   

自分で勘違い、してみない?

今日は1月1日。

どうでしょう、まず自分で自分を勘違い、してみませんか?

良い意味で、自分を勘違いしてみること、もテニスの試合では大事な要素。

そうじゃないと、相手を勘違いさせることも難しいですよ。

もちろん、客観的な視点は持ちつつ、バランスを取って。

相手を勘違いさせるために、堂々と、ハッタリをかますくらいの試合前の意識、でちょうど良いでしょう。



「でも、それって実力なの・・・?」と思いますか?

色々な考え方、があって良いと思います。

でも、これだけは言えるでしょう。

誰が何と言おうと、「コート上で、どんなテニスをしたのか」がアナタ自身の実力。

それだけは、常に意識したいですね。

今年も一年、みなさんと一緒に私もサイト更新、動画作成、そして自分のテニスを頑張っていきます!

ピックアップ記事

  1. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    あえて言います、40-40の1本勝負では、強気でいきましょう!

    これは、最近の私のテーマでもあります。今までは、ダブルスの試合…

  2. 戦術

    相手のレベルに関係なく、攻めて勝とう

    テニスにおける戦術の基本、もう一度確認しておきましょう。ミスは…

  3. 戦術

    6割の力で試合を進める、ことに慣れよう

    試合に勝つ、そう意気込んで試合に入る。でも、いざ始まってみると…

  4. 戦術

    人を騙すのが苦手な人は、自分が騙されていることに気付かない

    テニスはある意味、騙し合い。これが良い悪い、の議論はさておき、…

  5. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  6. テニス メンタル

    戦術

    相手にリードされてから頑張る、人がほとんど

    試合の中で、自分が頑張れる時。いつもよりもギアが上がって、しっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります
  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    試合1発目のスマッシュ、がその試合を決める
  3. テニス クレーコート

    サーブ

    「前後より上下動」テニスの試合ではサーブも横向き意識が重要!
  4. テニス メンタル

    サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ
  5. テニス メンタル

    その他

    「テニス部で部活をやってると、受験勉強できない?」実はこの2つ、似ているから両立…
PAGE TOP