テニス 陸上

メンタル

「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ

部活の練習だといつも良いボールを打っているのに、試合になると急にフォームが小さくなってミスしてしまう人。

アナタの周りにもいませんか?

技術はあるのに試合で勝てない人は、どこに原因があるのでしょうか

いつ自分がなるかも、分かりません。

「試合のほうが自分は強い!」と自信がある人も、改めて考えてみて下さい。

 

「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ

 


 

1.練習と試合のテニスのショットが違い過ぎる

試合になると、相手がいつもの練習相手とは異なり、会場の雰囲気も違います。

「入れにいこう」と思えは入らず。「攻めよう!」と思えば力が入ってしまう・・・という悪循環に入る人が多いのです。

意識が相手のコートや対戦相手に向き過ぎると、自分のフォームが崩れていってしまいます。

自分自身のフォームで、まずはしっかり打ち切ることが重要です。

 

2.スコア、カウントに応じたテニスができない

テニスは常にカウントが付いて回るスポーツ。

0-40なのにファーストサーブを思い切り打っていては、相手を楽にさせてしまうだけ。

練習との大きな違いであるこの「スコアに応じたテニス」が出来ない人は、競った試合で勝てません。

アナタ自身も、どういうカウントでどういうテニスをしているのか、一度見直してみましょう。

何も意識していない人、危ないです。

 

3.試合中、急に不安にかられてメンタルが崩れ出す

なぜか試合中、急に不安にかられてラケットが触れない、足が動かなくなる。

そんな経験、無いですか?

1.に近い状態になってしまうのは、「自分のフォームを急に忘れてしまう」という現象が起きてしまっているケースが多いです。

こういうときには、解消策を自分で持っておくことが必要。

私はいつも、「とにかくラケットをゆっくり振り切る」ことだけ意識するようにしています。

慣れてきたら、またスィングスピードを上げていく。

そういった調整が自分でできるようにしましょう。

 



 

4.過剰な自己愛に満ちている

自分を愛する、自信を持つということは、テニスにとってとても大切な要素です。

それでも、強すぎると勝利への足かせになりかねません。

自分を好きになるのは大事なことですが、弱い部分にも眼を向けて試合の中で向き合う必要があります。

テニスの試合では、自分の弱点を知ったうえで相手と駆け引きしていかなければなりません。

嫌なモノから眼を背けてばかりいては、勝てません。

 

5.最後まで「かっこ良く在りたい」という意識が強い

学生の皆さんに、特に意識してもらいたいこと。

テニスで恥をかくことも、試合の中では必要なのです。

かっこ良く試合をしたい、テニスを魅せたいという気持ちは痛いほど分かりますが、それでは強い相手に勝つことが難しい。

泥臭いようなポイントの積み重ねが、試合を勝利へと導きます。

かっこ悪くても、相手からミスをもらうという意識も大切なのです。

 

「普段の練習から、試合を意識しましょう!」と、言葉で言っても限界があります。

出来るだけ、試合に近いシチュエーションを部活や練習の中で創り出すことが大切です。

落ちているボールを減らす、イージーミスを無くし、競争原理が働くようなメニューにする。

工夫次第で、練習環境は変えられます。

今いる環境で何ができるか、アナタ自身が改めて考えてみて下さい。

↓元祖、テニスメンタルのバイブルもご参考までに

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    ほとんどの試合は、マッチポイントの前にとっくに終わってる

    テニスの試合での、大逆転。みなさん、どれくらい経験して来たでし…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「勝負所で攻撃的にプレーする」為に準備したい4つのこと

    テニスの試合、勝負の分かれ目は試合中盤の「ある1ポイント」だったりする…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で「40-0、0-40でリードしても、ゲームを獲り切ることが出来ない・・・」人が意識…

    ポイント差がつくと、安心している訳ではないのにどこか気が抜けてしまう。…

  4. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける

    実力差・・・テニスの試合では、個人戦だからこそ、差を意識しがち。…

  5. メンタル

    良い時ではなく、悪い時にどうプレーするのか?

    試合で結果が出せる人、出せない人。私は、この力の差が大きいよ…

  6. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと

    テニスの試合は、もっと自分のペースで進めて良い。試合の進行状況…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは?
  2. ストローク

    深いボールの返球が出来ない人は、バウンドに合わせる癖を引きずってるだけ
  3. ストローク

    「ストロークの時のグリップとスタンス」プロテニス選手が実践する技術には、必ず理由…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニス選手にも必要な柔軟性は、ローボレーのような球際にこそ活かされる
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習にな…
PAGE TOP