テニス メンタル

戦術

何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合

傍から見ていると、テニスって申し訳ないくらい「簡単そう」に見えること無いですか?

私たちは試合でもプレーしているのでその難しさ、がよく分かっているつもり。

それでも、人の試合を観ていると、「何であれミスするんだろう・・・」とか、思ったりしますよね。

正直なところ、やっている本人にそこまで余裕は無いですから。

なぜなら、決断が遅いからです。

 

何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合

 


 

1.チャンスボールをミス!その要因は・・・?

結論が出ていない、こと多くないですか?

どこにでも打てる、どんなコースも狙える、でも・・・決められない。

ままにボールの打点はどんどん落ちて来て、結局ネットやアウト、チャンスをムダにしてしまう。

これは、試合でのあるあるです。

何でも出来そうな時ほど、人は決断が遅くなる。

決断が遅くなると、精度の高いショットは打てないんです。

 

2.用意するコースは、基本2つで良い!

意外と、テニスは出来ることは多くない。

すごい浅いボール、山なりでチャンス・・・のような場面でも、選択肢って無限じゃないはず。

なぜなら、そこに相手がいるからですね。

ダブルスなら、相手は2人います。

その2人に拾われないコースは、そう多くないでしょう。

多くても、私は2つか3つ、だと思います。

試合で有効なコースは、この程度。

それを素早く確認して、決めて打つ!から、試合では決まる。

どうでしょう、イメージ湧いて来ますか?

 

3.コースを決断するタイミングは・・・?

私は、テイクバックのその瞬間に決めます。

2つコースを用意して、そのどっちか、を選ぶ感じですね。

無限の中から選ぶ訳ではない、相手を見ながら最後に決断する感じ。

意識としては、2つのコースが自分の中でしっかり見えるかどうか、が大事です。

浅いドロップと、深く打ち込むショット、のような2択ですかね。

これをイメージ出来れば、試合では確実にチャンスに強くなります。

まず、イメージ出来るかどうか、です。

これを練習から意識すれば、決定力は上がります。

 



 

4.パターンを決めておけば、怖く無い

試合では、どんなチャンスがあるのか。

そんなに、多くないと思います、求められるシチュエーションは。

クロスの浅いボールを、どうするのか。

前衛にいて、浅いロブをどう打つのか。

この辺りを押さえておけば、間違いないでしょう。

自分の中で、まず2つのコースを用意する、確認してイメージする。

そこから、あとは選ぶだけですから。

このリズム、を意識していきましょう。

 

5.お勧めの練習法

シンプルに、クロスラリーの中から「浅いボールの処理」を練習しましょう。

1対1のクロスラリー、横から球出し役が片方の選手に浅いボールを球出しして、ラリースタート。

このボールを、深く打つのか、浅くドロップショットを打つのか、を隠して打つ。

自分が用意した2択の中で、決断して打ち切るというのを練習してみましょう。

相手の選手は半分はドロップショットが来る、と思って少しだけ前目のポジションでケアしてみる。

駆け引き、を磨く良い練習にもなると思いますので、オススメです。

 

2択があるから、相手は迷うし、ポイントが取れる。

これがテニスのチャンスの活かし方の本質、です。

何でも出来るようで、出来ることは少ない、毎回パターンは決まっている。

これくらいの意識で、試合ではちょうど良いでしょう。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス メロブ

    戦術

    テニスは試合中に選手交代が出来ない、だから必要なのは・・・?

    テニスの試合、それは孤独な闘い。チームスポーツのように選手交代…

  2. テニス 技術

    戦術

    「若手技術」は、試合で使っていかないと育たない

    皆さんは今、育てている技術、ありますか?私は今、ロブをまた一か…

  3. 戦術

    テニスでは、「綺麗なポイントやスーパーショット」が多い選手ほど試合で勝てない

    悲しいですけど、これが現実だと思います。テニスの試合で、トーナ…

  4. 戦術

    前衛のストレートケア、は意識だけで充分です

    ダブルスの試合で、いかに前衛として活躍出来るのか。それは、どう…

  5. テニス ストローク

    戦術

    夏場の試合に必要な、体力温存策5つ

    夏場のテニスの試合は、過酷そのもの。1試合だけでもキツイのに、…

  6. テニス 読書

    戦術

    「自分のやりたいテニスは何か?」を、定期的に考えてみることは大事

    試合に勝ちたい。そういう想いを強く持つと、どうしても「やらない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 打点

    ストローク

    ストロークを打つときに、「スピン回転がかからずアウトばっかり・・・」になってしま…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    過去の栄光にしがみついて生きる選手、が多い
  3. テニス 練習

    Q&A

    Q&A「テニス弱小校の僕たちに、練習メニューを考えて欲しい」
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察…
  5. テニス ラケット

    その他

    「自分よりテニスが上手い人たちとの練習」で、意識して欲しい5つのこと
PAGE TOP