テニス メンタル

戦術

何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合

傍から見ていると、テニスって申し訳ないくらい「簡単そう」に見えること無いですか?

私たちは試合でもプレーしているのでその難しさ、がよく分かっているつもり。

それでも、人の試合を観ていると、「何であれミスするんだろう・・・」とか、思ったりしますよね。

正直なところ、やっている本人にそこまで余裕は無いですから。

なぜなら、決断が遅いからです。

 

何でも出来そうな時に、決断が遅れがちなのがテニスの試合

 


 

1.チャンスボールをミス!その要因は・・・?

結論が出ていない、こと多くないですか?

どこにでも打てる、どんなコースも狙える、でも・・・決められない。

ままにボールの打点はどんどん落ちて来て、結局ネットやアウト、チャンスをムダにしてしまう。

これは、試合でのあるあるです。

何でも出来そうな時ほど、人は決断が遅くなる。

決断が遅くなると、精度の高いショットは打てないんです。

 

2.用意するコースは、基本2つで良い!

意外と、テニスは出来ることは多くない。

すごい浅いボール、山なりでチャンス・・・のような場面でも、選択肢って無限じゃないはず。

なぜなら、そこに相手がいるからですね。

ダブルスなら、相手は2人います。

その2人に拾われないコースは、そう多くないでしょう。

多くても、私は2つか3つ、だと思います。

試合で有効なコースは、この程度。

それを素早く確認して、決めて打つ!から、試合では決まる。

どうでしょう、イメージ湧いて来ますか?

 

3.コースを決断するタイミングは・・・?

私は、テイクバックのその瞬間に決めます。

2つコースを用意して、そのどっちか、を選ぶ感じですね。

無限の中から選ぶ訳ではない、相手を見ながら最後に決断する感じ。

意識としては、2つのコースが自分の中でしっかり見えるかどうか、が大事です。

浅いドロップと、深く打ち込むショット、のような2択ですかね。

これをイメージ出来れば、試合では確実にチャンスに強くなります。

まず、イメージ出来るかどうか、です。

これを練習から意識すれば、決定力は上がります。

 



 

4.パターンを決めておけば、怖く無い

試合では、どんなチャンスがあるのか。

そんなに、多くないと思います、求められるシチュエーションは。

クロスの浅いボールを、どうするのか。

前衛にいて、浅いロブをどう打つのか。

この辺りを押さえておけば、間違いないでしょう。

自分の中で、まず2つのコースを用意する、確認してイメージする。

そこから、あとは選ぶだけですから。

このリズム、を意識していきましょう。

 

5.お勧めの練習法

シンプルに、クロスラリーの中から「浅いボールの処理」を練習しましょう。

1対1のクロスラリー、横から球出し役が片方の選手に浅いボールを球出しして、ラリースタート。

このボールを、深く打つのか、浅くドロップショットを打つのか、を隠して打つ。

自分が用意した2択の中で、決断して打ち切るというのを練習してみましょう。

相手の選手は半分はドロップショットが来る、と思って少しだけ前目のポジションでケアしてみる。

駆け引き、を磨く良い練習にもなると思いますので、オススメです。

 

2択があるから、相手は迷うし、ポイントが取れる。

これがテニスのチャンスの活かし方の本質、です。

何でも出来るようで、出来ることは少ない、毎回パターンは決まっている。

これくらいの意識で、試合ではちょうど良いでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. 戦術

    決める力が無い、という勘違い

    アナタ自身が、もしテニスを上手くなりたいと思っているなら。ど…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスを上達させるには、「何となく」を言葉にしていくこと

    テニスついて考えて、試合で勝つ為にプレーする。出来そうで出来な…

  3. テニス ボレー

    戦術

    「こう見えて実は・・・」テニスの試合では自分を隠して駆け引きすることも必要

    テニスのスタイル、「繋ぎ」と「攻め」があるでしょ?どっちがいや…

  4. 戦術

    嫌な流れ、をどう変えるのか?

    テニスの試合の中で、これが出来るかどうか。どんなに考えて準備し…

  5. 戦術

    組み立ての基本は、楽なショットを空きスペースに

    「今のは、良いポイントだったな・・・」と、思える瞬間。それは、…

  6. テニス スライス

    戦術

    テニスが上達する、ということは、狙った場所に繰り返し打てるようになるということ

    皆さんはテニスの上達、どこで測るのが適切だと思いますか?試合に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    「練習は試合のように、試合は練習のように」を実践する4つのコツ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス…
  3. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合では「アンフォーストエラー」よりも「フォーストエラー」に着目しておき…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    自分のサーブの調子が悪い時に、キープに結びつける方法について
  5. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」につ…
PAGE TOP