テニス スライス

ストローク

スライスが浮いてしまう人は、ほとんどが〇〇になっている

スライスを打つたびに、ポーンと打ち上げるような軌道になってしまう。

この悩み、どう解消すれば良いのかお悩みのみなさんへ。

ストロークでも、粘る為には抑えの効いたスライス、が必要ですよね。

上に打ち上がるようなスライス、浮いてしまうスライスになってしまう人には、共通点があります。

 

スライスが浮いてしまう人は、ほとんどが〇〇になっている

 


 

1.ほとんどが、後ろ足体重

スライスを使う場面って、みなさんどうでしょう。

攻撃、というよりは守備の場面が多いですよね。

相手から攻撃される、走って追いついてスライスを打つ、ような機会が多いはず。

この時に、後ろ足体重、になってはいませんか?

後ろ足体重だと、アゴが上がってしまってラケット面が上を向く、上に打ち上げるようなスライスになってしまう。

こうやって合わせて返すだけ、では試合には勝てません。

相手も、ただチャンスを決めて終わりですからね。

 

2.前足体重、で打てればOK

出来るだけ、前足に体重を乗せる。

スライスを打つ時に、足を前に出して打つことが出来れば、ボールは浮き辛い。

やっと追いついて打つような場面でも、しっかり前足を出す意識を持ちましょう。

「でも深いボールは、足を前に出せないよ・・・」と思う方は、スライスよりスピンの方が良いでしょう。

深いボールを後ろ足体重、になったらスライスは厳しいですよ。

スピンで打った方が、より安定して粘れるはずです。

 

3.しっかり回転をかける、ことが大事

また浮いてしまうスライス、になってしまう人の特徴として「回転が少ない」人も多い。

スライス回転なのか、ただボールの下を触っただけなのか、中途半端な感じなんですよね。

スライスの良いところって、滞空時間が長くて自分が戻る時間を稼げる点。

しっかり回転をかけて打てば、相手だってそう簡単に攻めては来れません。

コツは、ボールの下ではなく後ろ、をしっかり打つこと。

下を打つと、上にしかボールは飛びません。

しっかりボールの後ろにラケットを当てて、押し出すイメージで打っていきましょう。

女性の方でも、コツさえ掴めばこの厚い当たりは身に付きます。

 



 

4.良いスライスの軌道、は出だしが低い!

良いスライスって、出だしの軌道が低い。

そこからネットに向かって上がっていって、相手コートに入ったらまた沈んでいく。

このイメージ、をしっかり自分で持ちましょう。

確かにネットは怖い、越えないといけないというプレッシャーはありますが、回転のかかったスライスはしっかり伸びていく。

ですから、最初の出だしの軌道は低め、でも充分に深い伸びるショットになるんです。

これが伸びない、のであればまだボールの下を打っている、こすっているということ。

ぜひ、前足体重でボールの後ろから厚く当てる、良いスライスを練習していきましょう。

 

5.お勧めの練習法

デッドゾーンにお互いに立って、ショートラリーの少し長いバージョンをスライスでラリー。

スライス限定で、低く、重いスライスを意識してみて下さい。

体重は、出来るだけ前足に乗せる。

低い出だしの軌道を意識してみると良いでしょう。

慣れたらベースラインで打ち合っても良いですが、まずは短めの距離からしっかりスライスラリー、が出来ないとダメ。

ショートラリーの中でスライスを使っても良いので、とにかくスピンだけのウォーミングアップ、だけにならないようにしましょう。

意外と、スライスって練習しないじゃないですか。

小さいところから、毎日の習慣から変えていければ身に付きますよ。

 

良いスライスは、良いスタンスから。

これを意識すれば、重たく低いスライスは女性の方でも打てます。

上に打ち上げるようなスライス、に危機感を持って変えていく。

テニスの試合に勝ちたいなら、スライスの技術は必須です。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる

    相手を動かして、ミスを誘う。これは、テニスのショットの基本です…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限る

    プロ選手の試合を観ていると、本当にラリーテンポが速い。速いけど…

  3. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!

    試合で緊張して、ストロークが入らなくなる。こういう時には、ハッ…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの基本は、「相手の力を利用すること」と考えると試合で勝てるようになる

    皆さんのテニス、根本的な考え方の部分で、どうでしょう。強いボー…

  5. テニス ストローク
  6. テニス ストローク

    ストローク

    テニスではストロークもボレーも「後ろから力で、勢いを付けよう」とすると上手くいかない

    テニスを始めた当初、皆さん「ホームラン」に悩まされませんでしたか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    テニスのラリーでは、「ボールは近づいて来てから見る」だと遅過ぎる
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの並行陣の基本は、「いつもパートナーとの距離は一定」に保つこと
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る
  4. テニス 試合

    その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行…
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンの反応が遅い選手は、ネット上に分岐点を作って待つようにしてみよう
PAGE TOP