テニス ストローク

ストローク

スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

低く滑るスライス、試合で使えたらどれだけ効果的か。

実際、鋭いスライスをちゃんと返球出来る人なんて、そう試合会場で多くないですよ。

であれば、打てるようになれば、かなり優位。

これは、男性だけでなく女性のみなさんにも言えることです。

 

スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

 


 

1.なぜ、スライスの返球が難しいのか

大きな理由としては、「スライスで返球しないといけない」から。

もちろん、スピンでも返せないことは無いですよ。

でも、低く滑るようなスライスを、スピン回転で打ち返すのって難易度が高い。

打点が低いうえに、ラケットダウンするスペースも無いようなスライス、を打ち返すのは難しいんです。

つまりは、自分がスライスを打てないと、本物のスライスへの対応は難しい。

実際、試合で苦労した経験もあるんじゃないでしょうか?

 

2.低く滑るスライス、どうやって打てば良い?

上手い人やプロの試合を見ていると、スライスが凄いですよね。

低く滑って、バウンド後も失速しない、相手にとって脅威になるスライス。

これを打つには、まずは前足体重で横向き、の基本の態勢が大事。

そして、前足に体重を乗せたら、肩を少しだけ下げる、ような感覚で打てると良いと思います。

右利きの方のバックハンドでしたら、右足と右肩が前にある状態で、右の肩がネットに近づいて傾くようなイメージです。

こうすることで、すごく抑えが効いたスライスが打てるようになります。

前傾姿勢を作ること、も実はテニスでは必要な場面があるんです。

 

3.横を向いて傾ける、からバランスは崩れない

「でも、それだとバランスが悪くない?」と、感じる方も多いでしょう。

これ、身体が正面向きですと、全然打てないです。

しっかり横向きを作って、前足体重で肩を少し倒すから、出来る打ち方。

体重を乗せた前足の膝が、少し曲がって柔らかく使えると良いですよ。

重いスライスを打つのに、膝を柔らかく使って低い態勢を作ってみる。

そうすれば、ボールをしっかり抑えて良いスライスが打てるはずです!

 

4.余裕がある時に、スライスを使おう!

そもそも、守備的なショットではありません。

しっかりと、攻撃していくためのショット、ですから。

私たちは打てる時にはつい、スピン系で打ってしまう癖がありませんか?

そういうテニスは、相手もやりやすい。

余裕がある時に、あえてのスライス、それも重いスライスストローク、を打てると試合では効果的です。

ぜひ、身体の使い方を意識しながら、少し傾けて打ってみて下さい。

 

スライスが浮いてしまう人は、しっかり壁を作ること。

この場合、前足が壁になってボールを抑えるイメージですね。

体重を乗せることが出来れば、腕の力なんて要りません。

もっと大胆に、スライス使ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. テニス 粘り

    ストローク

    短く浅いボールが苦手な人は、ストローク時の「ポジション改革」が必要でしょう

    ストロークラリーの中で、浅いボールに苦手意識が強い方。こういう…

  2. テニス トレーニング

    ストローク

    自分自身でコントロールに厳しくならないと、上達は無い

    自分のショットに対して、どこまで厳しくなれるのか。これは、誰も…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    分厚い当たりのスライスを使いたいなら、しっかりボールの外側に入る癖を付けよう

    スライスのストロークを、もっと「重たいモノ」に変えていきたい方。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「相手のストロークが浅い」からのドロップショットは、徹底的に練習しておこう

    シングルスでもダブルスでも、必須の技術なのに見落とされている。…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ジャンプしてのフォアハンドストロークは、しっかり膝を曲げて厚いグリップで!

    ジャンプしてのストローク、学生の皆さんには得意にしている方も多いでしょ…

  6. テニス スライス

    ストローク

    スライスが浮いてしまう人は、ほとんどが〇〇になっている

    スライスを打つたびに、ポーンと打ち上げるような軌道になってしまう。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです
  2. テニス メンタル

    その他

    県内ナンバー1だった選手が、なぜ大学テニスで行き詰るのか?
  3. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性
  4. テニス 構え

    ストローク

    「思いつき」でショットが打てますか?テニスの試合でのショット選択について確認しよ…
  5. ボレー

    ネットプレーでミドルボレーが安定しない人は、「フォロースルーの位置を上げる」だけ…
PAGE TOP