テニス ストローク

ストローク

スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

低く滑るスライス、試合で使えたらどれだけ効果的か。

実際、鋭いスライスをちゃんと返球出来る人なんて、そう試合会場で多くないですよ。

であれば、打てるようになれば、かなり優位。

これは、男性だけでなく女性のみなさんにも言えることです。

 

スライスで低く滑るストロークを打ちたいなら、前足体重で肩を下げるのがコツ

 


 

1.なぜ、スライスの返球が難しいのか

大きな理由としては、「スライスで返球しないといけない」から。

もちろん、スピンでも返せないことは無いですよ。

でも、低く滑るようなスライスを、スピン回転で打ち返すのって難易度が高い。

打点が低いうえに、ラケットダウンするスペースも無いようなスライス、を打ち返すのは難しいんです。

つまりは、自分がスライスを打てないと、本物のスライスへの対応は難しい。

実際、試合で苦労した経験もあるんじゃないでしょうか?

 

2.低く滑るスライス、どうやって打てば良い?

上手い人やプロの試合を見ていると、スライスが凄いですよね。

低く滑って、バウンド後も失速しない、相手にとって脅威になるスライス。

これを打つには、まずは前足体重で横向き、の基本の態勢が大事。

そして、前足に体重を乗せたら、肩を少しだけ下げる、ような感覚で打てると良いと思います。

右利きの方のバックハンドでしたら、右足と右肩が前にある状態で、右の肩がネットに近づいて傾くようなイメージです。

こうすることで、すごく抑えが効いたスライスが打てるようになります。

前傾姿勢を作ること、も実はテニスでは必要な場面があるんです。

 

3.横を向いて傾ける、からバランスは崩れない

「でも、それだとバランスが悪くない?」と、感じる方も多いでしょう。

これ、身体が正面向きですと、全然打てないです。

しっかり横向きを作って、前足体重で肩を少し倒すから、出来る打ち方。

体重を乗せた前足の膝が、少し曲がって柔らかく使えると良いですよ。

重いスライスを打つのに、膝を柔らかく使って低い態勢を作ってみる。

そうすれば、ボールをしっかり抑えて良いスライスが打てるはずです!

 

4.余裕がある時に、スライスを使おう!

そもそも、守備的なショットではありません。

しっかりと、攻撃していくためのショット、ですから。

私たちは打てる時にはつい、スピン系で打ってしまう癖がありませんか?

そういうテニスは、相手もやりやすい。

余裕がある時に、あえてのスライス、それも重いスライスストローク、を打てると試合では効果的です。

ぜひ、身体の使い方を意識しながら、少し傾けて打ってみて下さい。

 

スライスが浮いてしまう人は、しっかり壁を作ること。

この場合、前足が壁になってボールを抑えるイメージですね。

体重を乗せることが出来れば、腕の力なんて要りません。

もっと大胆に、スライス使ってみませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミング」を合わせてみよ…

    「早く準備すること」を第一に考えていても、リズムが取れなくて良いストロ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本は、「バウンドに先回り」すること

    ストロークでガンガン攻撃していくスタイル、やっぱり憧れますよね。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    一昔前に流行った、「肘からテイクバックするフォアハンド」は、華やかなようで難しい打ち方です

    現代テニスで変わった点の一つに、フォアハンドストロークがあります。…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    テニス初心者の方がまず意識したい、「練習で大事な意識」5つ

    テニスを始めて間もない方、は練習でも緊張しますよね。でも、しっ…

  5. テニス リターン

    ストローク

    ストロークをダウンザラインへ打ち分ける、一瞬の間を自分で作ってみよう

    ストロークを、ダウンザラインへ展開する。ダブルスでもシングルス…

  6. テニス サーブ

    ストローク

    シンプルにクロスへ深く、振り切るストロークが打てるようになると試合に活かせる

    ストロークの強化を意識する人は、部活の中でどういった練習をしていますか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス

    戦術

    「0-5からでも活路を見出す」テニスの試合で大切な、諦めない戦い方
  2. ダブルス

    打って来た選手に打ち返す、のが勝ち抜くダブルスの基本
  3. テニス ボレー

    ストローク

    回転をたくさんかけるのが、良いショットだと思う?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロック…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「腰が引けてしまうストローク」になってしまわないように、意識したいポイントとは?…
PAGE TOP