リターン

相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

相手がクイックサーブで、リターンがやり辛い。

これ、結構多いと思います。

試合では、トスが低くて短いクイックサーブを使う方、ベテランプレイヤーでも多いですからね。

いつも通りのリターンでは、難しいでしょう。

どこを変えるのか、を明確にしておきましょう!

 

相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

 


 

1.クイックサーブの特徴は?

私が考えるクイックサーブって、ライジングショットみたいなもの。

トスアップが頂点にいく前に、打って来る感じですね。

トスは低く、タイミングが早い。

サーブ自体の速度はそこまで無いけど、体感速度が速いはず。

自分がイメージしているよりも、気が付いたら近くまで来て慌ててしまう。

これは、こちらのリターンのタイミングを変えてあげることで解消できます!

 

2.スプリットステップを低く、小さく

実は、これだけでかなり効果があります。

リターンする前に、みなさんもスプリットステップ、軽くジャンプ、着地してから反応しているはず。

このジャンプを、相手のクイックサーブに合わせて小さく、早くする。

トスが低いので、こちらのジャンプも低くする感じですね。

相手が打つタイミングと着地を合わせる、いつものサーブよりも低く、早く着地する。

これだけで、かなりリターンはしやすいはずですよ。

 

3.本当に速いクイックサーブなら、ジャンプしなくても良い

最初から前に入って、軽くかかとを上げるだけ。

これでも良いでしょう。

クイックサーブは、そんなに厳しいコーナーへのサーブではないはず。

ジャンプして遅れるくらいなら、ジャンプしないでかかとを上げて膝を曲げるくらいでも良い。

とにかく、まずは反応しないと話にならないですからね。

徐々に、慣れてきたら後ろから前、ステップ、という感じで合わせていきましょう。

 



 

4.試合の序盤は、ミスを気にしない

特徴のあるサーブは、やはりリターン難しいです。

試合の序盤は、多少のミスは仕方ないと割り切りましょう。

全部返そうと思うと、プレッシャーになるし自分が辛くなっていくだけ。

中盤に良いタイミングで返せるようになれば、充分です。

対応策さえしっかり出来ていれば、大丈夫。

無策だと危険、ということですね。

 

5.お勧めの練習法

クイックサーブ、を打ってもらうのが一番ですね。

これも、サーブ側の良い練習です。

コツとしては、サーブを打つ前、トスアップをしながらもうラケットを担いでしまう、ということ。

そしてトスを上げる頃には、もうラケット自体が上に上がり切っている状態、から打ってみましょう。

こういうサーブ、を打つ良い機会にもなるはずです。

それを、通常のサーブよりも前から打ってもらう。

よく、スクールでコーチがサーブの球出し、をする機会ありますよね。

これがそのまま、クイックサーブのようなもの。

ぜひ、みなさん同士でも打って、リターンして、という機会を作ってみて下さい。

もちろん、リターンのポジションは基本は前、です!

 

クイックサーブもテニスの立派な技術。

打てると便利ですし、返せないと試合には勝てない。

たまにしか見ないサーブですが、心の準備だけはしておきましょう。

対戦相手やサーブ、は自分で選べませんからね。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!

    シングルスの試合で、リターンからどう攻撃していくのか。今回は、…

  2. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?

    テニスの試合は、シングルスかダブルス。色々やることは変わって来…

  3. リターン

    セカンドサーブは、ただ叩いていくだけだとミスの元だし勿体ない

    相手のセカンドサーブ、ここでリターンから攻撃していきたい!でも…

  4. リターン

    センターへのサーブこそ、前に踏み込んでリターンしていこう!

    試合もレベルが上がっていくと、絶対にこの対応力が求められます。ダブル…

  5. リターン

    リターンダッシュから前に詰めて、どうする?

    リターンダッシュ、を試合で使っていきたいというみなさん。あくま…

  6. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    テニススクール

    良い台になれる人、こそ練習の主役になれる
  2. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!
  3. テニス シングルス

    サーブ

    サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく
  4. その他

    良いフォームが必要という、危険な発想
  5. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけにつ…
PAGE TOP