リターン

相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

相手がクイックサーブで、リターンがやり辛い。

これ、結構多いと思います。

試合では、トスが低くて短いクイックサーブを使う方、ベテランプレイヤーでも多いですからね。

いつも通りのリターンでは、難しいでしょう。

どこを変えるのか、を明確にしておきましょう!

 

相手がクイックサーブで、リターンに苦労するときには?

 


 

1.クイックサーブの特徴は?

私が考えるクイックサーブって、ライジングショットみたいなもの。

トスアップが頂点にいく前に、打って来る感じですね。

トスは低く、タイミングが早い。

サーブ自体の速度はそこまで無いけど、体感速度が速いはず。

自分がイメージしているよりも、気が付いたら近くまで来て慌ててしまう。

これは、こちらのリターンのタイミングを変えてあげることで解消できます!

 

2.スプリットステップを低く、小さく

実は、これだけでかなり効果があります。

リターンする前に、みなさんもスプリットステップ、軽くジャンプ、着地してから反応しているはず。

このジャンプを、相手のクイックサーブに合わせて小さく、早くする。

トスが低いので、こちらのジャンプも低くする感じですね。

相手が打つタイミングと着地を合わせる、いつものサーブよりも低く、早く着地する。

これだけで、かなりリターンはしやすいはずですよ。

 

3.本当に速いクイックサーブなら、ジャンプしなくても良い

最初から前に入って、軽くかかとを上げるだけ。

これでも良いでしょう。

クイックサーブは、そんなに厳しいコーナーへのサーブではないはず。

ジャンプして遅れるくらいなら、ジャンプしないでかかとを上げて膝を曲げるくらいでも良い。

とにかく、まずは反応しないと話にならないですからね。

徐々に、慣れてきたら後ろから前、ステップ、という感じで合わせていきましょう。

 



 

4.試合の序盤は、ミスを気にしない

特徴のあるサーブは、やはりリターン難しいです。

試合の序盤は、多少のミスは仕方ないと割り切りましょう。

全部返そうと思うと、プレッシャーになるし自分が辛くなっていくだけ。

中盤に良いタイミングで返せるようになれば、充分です。

対応策さえしっかり出来ていれば、大丈夫。

無策だと危険、ということですね。

 

5.お勧めの練習法

クイックサーブ、を打ってもらうのが一番ですね。

これも、サーブ側の良い練習です。

コツとしては、サーブを打つ前、トスアップをしながらもうラケットを担いでしまう、ということ。

そしてトスを上げる頃には、もうラケット自体が上に上がり切っている状態、から打ってみましょう。

こういうサーブ、を打つ良い機会にもなるはずです。

それを、通常のサーブよりも前から打ってもらう。

よく、スクールでコーチがサーブの球出し、をする機会ありますよね。

これがそのまま、クイックサーブのようなもの。

ぜひ、みなさん同士でも打って、リターンして、という機会を作ってみて下さい。

もちろん、リターンのポジションは基本は前、です!

 

クイックサーブもテニスの立派な技術。

打てると便利ですし、返せないと試合には勝てない。

たまにしか見ないサーブですが、心の準備だけはしておきましょう。

対戦相手やサーブ、は自分で選べませんからね。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合でのリターン、勝負どころでは「相手の前衛は、いない」ものと考えよう

    これは私が普段、試合で使っているちょっとしたアイデア、です。ダ…

  2. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で、リターンにロブを混ぜていくために必要な意識4つ

    ダブルスの試合、明日から勝ちたい人。すぐに強くなりたい、結果を…

  3. リターン

    「リターン嫌い脱出大作戦」テニスの試合は意識を変えることでリターン上手になれる!

    「リターンが苦手」という言葉をよく聞く。でもリターンって結局は…

  4. テニス サーブ

    リターン

    相手のサーブは、いわゆる球出しです

    リターンでどうしても、調子が上がらない時。こういう発想を持てる…

  5. リターン

    ノーアドバンテージ形式なら、30-40になった段階でリターンサイドを決めておこう

    ダブルスの試合、リターンのサイド。ノーアドバンテージ形式だと、…

  6. リターン

    リターンで反応速度を上げたいなら、ユラユラスタイルでいこう!

    リターンの反応速度、みなさんどうでしょうか?きっと、良い時は良…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    大きな声でカウントコール、迷いは消える
  2. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「前を向かない」だけで、サーブの精度は格段に上がる
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けた後に、またすぐ試合が入る・・・ときにメンタルを切り替える術5…
  5. 戦術

    ミスショット、その要因は3球前にある
PAGE TOP