シングルス

シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?

シングルスの試合で、最近なかなか勝てないというみなさん。

もしかしたら、試合がずっと同じような調子、リズムで進んでいるから相手も慣れてしまうのかも。

ドロップショット、勇気を持って使ってみましょう。

今回は、初心者の方でも狙いやすいコース、考え方でまとめてみたいと思います。

少しでも、「やってみようかな・・・」と思ってもらえたら嬉しいです。

 

シングルスの試合で、ドロップショットをどこに打つ?

 


 

1.相手コートで狙う場所は、どこ?

ドロップショット、スライスで浅く打つ。

なかなか、打つ方もプレッシャーですよね。

でも、これは目標設定で緩和出来ます。

私はいつも、「相手コートのサービスラインの手前にバウンド」でOKにしています。

「それだと、甘くない?」と思う方もいるでしょう。

でも、スライス回転が少しでもかかっていたら、大丈夫。

サービスラインより浅い場所にバウンドさせて、相手を前に引っ張り出せれば大成功。

これくらいの感覚、でちょうど良いと思います。

 

2.センターからバックハンド側、狙いでOK!

ただし、1つだけ避けたいポイントが。

それは、相手のフォアハンド側で打たせること、です。

出来れば、センターからバックハンド側、の浅い場所を狙いたい。

逆クロスにスライスを打つ、ようなイメージで練習出来ると良いでしょう。

フォアハンドでドロップショットを打つイメージで、右利きの方であれば小指を前に出していく感じで、横回転をかけることが出来ると最高ですね。

センターより少しバック側、で充分です。

初心者の方は、打つ方向がしっかり見えるので、この逆クロス方向の方が打ちやすいはず。

ぜひ、積極的にトライしてみて欲しいポイントです。

 

3.コートを4分割して、バックの浅い場所を狙う

1.と2.を整理すると、簡単です。

4つにコートを分割して、その1/4のスペースを狙う。

こう考えると、かなり広いスペースで良いという感じになるので、精神的にも楽なはず。

そこに落とせれば成功!と思って、次のボールで攻撃していく意識で使っていきましょう。

どうしても、浅い場所を狙って触らせない、と思うとミスになりがち。

ミスならまだ良い、そもそも試合では「怖くて打てない」じゃないですか。

試合が始まったら、コートを4分割して、どこに落とすかだけを決めておく。

これだけで、シングルスの試合はかなり戦いやすいはずです。

 



 

4.繰り出す勇気、が何より必要

今回は、なるべく初心者の方でもドロップショットを使えるように、というテーマで考えてみました。

やはり、最後の壁はここにあります。

使う勇気、を持てるかどうか。

最初は、上手く打とう、ポイントを取ろう、と思わないことです。

ポイント自体を捨てたと思って、自分の殻を破ること。

自分が出来ることしかやっていないと、試合で出来ることはどんどん少なくなっていきます。

繰り出す勇気、は自分で持つしかない。

このことだけは、初心者のみなさんも覚えておいて下さい。

 

5.お勧めの練習法

もし、シングルスの試合形式が出来るなら、試合形式を変える。

「ドロップショットで決まったポイントは、2ポイント」というルールで、試合をやってみましょう。

とにかく、練習試合からどんどんドロップショットを使う、というのを実践していく。

ルールを変えれば、全体で「やってみよう!」という気持ちになりますよね。

30-30からでも、ドロップショットを打って決まったポイントは2ポイントだから、ゲーム!という感じ。

ドロップショットがノータッチエースじゃなくても、「使ってポイントを取った」と判定出来ればそれは有効。

特殊ルールで試合をやってみるのも、盛り上がるし楽しいですよ。

 

サービスラインより手前、のバックハンド側を狙う。

コートの1/4、と思えたら、結構楽に使えませんか?

スライスで打つ勇気が持てれば、きっとシングルスの試合でも良いアクセントになるはず。

繰り返しますが、こういう技術は「使った者勝ち」ですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

  2. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  3. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも

    シングルスの試合は1対1で戦う分、オープンスペースが広く感じてしまう。…

  4. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

    シングルスの試合で、しっかり結果を出したい。そう考えている人に…

  6. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で、守備力を上げる基本戦術とは?

    シングルスの試合で、簡単に負けてしまう方へ。まず、大事なのはし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ポジショニング

    ストローク

    ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら・・・?
  2. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ
  3. テニス リターン

    サーブ

    安定感のあるサーブを目指すなら、「低めのトスアップ」をお勧めする4つの理由
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手に…
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    並行陣を相手にしたら、真ん中を狙って相手にボレーさせればOK!
PAGE TOP