テニス 戦術

戦術

アナタが打ってくるのを、相手は待っている

試合では、相手は待っている

そう、アナタ自身の「ありきたりな攻撃」を首を長くして待っています。

攻めてはカウンターを喰らうような場面が多い人は、考えてみて下さい。

相手に読まれてはいないか?という点について。

試合に勝ちたいなら、その読みを外していかないと勝てないです。

 

アナタが打ってくるのを、相手は待っている

 


 

1.日本人は、カウンター大好き

試合でも、アナタ自身経験していると思います。

ある程度、攻めて来てくれる相手の方が、戦いやすい。

ただ粘ってつないで来るような相手って、攻撃し辛いじゃないですか。

日本人って、自分から何か行動を興すより、誰かの行動に反応する方が大好きですよね。

だから、自然とテニスもそうなるんだと思います。

カウンターが好きな人が、そもそも多いんだと。

だからこそ、ありきたりな攻撃は恰好の餌食になるんです。

 

2.相手は何を待ってるのか?

これに、気付けるようになりましょう。

試合では、相手は何を待ってるのか。

私なら、「相手は無難な作戦」で来ることを待っている。

リターンならクロス、に打つのが普通だと思っている人が多いので、ガンガンポーチに出る。

そうすると、今度はストレートを狙われるので、そこを待って仕留める。

私自身、前衛ではクロスにリターンが来るのを首を長くして待っています。

みなさんは、どうでしょうか?

 

3.相手にやられてしまうのは、アナタ自身が「普通」だから

良く言えば基本、セオリー通り。

でも悪く言えば、相手に読まれやすい。

こういう人が、ほとんどだと思います。

実際に試合をしていて、「どこに打って来るか分からない・・・」ような相手は嫌ですよね。

アナタ自身、そうならないと試合ではなかなか勝てないですよ。

打った先に常に相手がいる、先回りされていること、に気付かないと。

でも、何となくラリーにはなってしまうから、気付かないんですよね。

攻撃しているつもりが、全然相手の脅威になっていない。

待っているところに打っている、というケースがほとんどだと思います。

 

4.仕掛けるには、序盤、先手が必勝法

ですので、とにかく色々見せておきましょう。

リターン一つにしても、ストレート、ロブ、様々なパターンをしっかり見せておく。

そうすれば、普通のコースで待つということに危機感を覚えてくれる。

これこそ、最高のプレッシャーになります。

普通に試合をしていれば、普通のコースに飛んで来てラリーが出来るような相手、になってはダメ。

早い段階で先に仕掛けて、試合の主導権を握りましょう。

普通を卒業してこそ、試合に勝てるテニス選手ですから。

 

相手に待たれている、読まれていると感じること。

これが、必要なんです。

試合に勝てない人は、「自分が出来ない、プレーが悪い」と思いがち。

そうじゃなくて、相手に読まれているだけ・・・なケースも多いですよ。

自分の試合、一度思い出してみて下さい。

きっと、普通にやっている試合は苦しんでいるはずです。

 

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう

    いかに試合で、リードを維持できるのか。これは、テニスの試合では…

  2. テニス 試合

    戦術

    態勢を崩されても返球出来るテニス選手は、何が違うのか?

    試合の中で、必死でボールを返そうとする。これは当たり前・・・の…

  3. テニス トレーニング

    戦術

    「あれがダメだったら、これがある」の、これの引き出しはある?

    テニスの試合、何かしらは準備して皆さん試合に入る。それはネット…

  4. テニス メンタル

    戦術

    何かを変えることは、過去の自分を否定することとは違う

    何かを変える、変える必要があると感じている方。間違いなく、テニ…

  5. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い

    私自身、すごく最近意識していることがあります。色々な理論、基本…

  6. テニス 準備

    戦術

    試合でまずは、相手にプレッシャーをかける「ポイントシチュエーション」を作らないと

    自分の攻撃、試合運びが、相手にプレッシャーをかけているな。効い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない
  2. テニス 試合

    シングルス

    「冬場の戦いは、シコラーに不利」という現実
  3. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ
  4. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブを打っている自分、をもっと受け入れていかないと
  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ
PAGE TOP