テニス ストローク

ダブルス

ダブルスの前衛の極意は、「横取り」にある

ダブルスの試合で、前衛が活躍する試合。

それって、どんなイメージでしょう。

後衛がチャンスを作って、前衛が決めるようなパターン?

もちろん、そういうポイントもあるでしょう。

でも、実際の試合をイメージしてみて下さい。

そう簡単に、後衛がチャンスなんて作れないと思うんですよね。

 

ダブルスの前衛の極意は、「横取り」にある

 


 

1.後衛がチャンスメイク、出来る相手は・・・?

恐らく、勝てます。

それも、楽に勝てます。

でも、実際の試合ではそういう相手ばかりじゃない。

後衛同士のラリーで押されたり、クロスに叩かれて前に出られたり、攻められることも多い。

こういう時に、前衛がどうあるべきなのか。

私は、こういう試合こそ前衛の腕の見せ所だと思っています。

後衛をただ前で応援しているだけ、の前衛ならもう退場ですね。

 

2.なぜ自分は「前にいるのか?」を考えよう

そもそも、なんで自分は前に立っているのか。

前衛だから、というのは答えになっていません。

味方のパートナーの後衛が押されている、苦しいような場面にボールを「横取り」して良いから、前に立っているんです。

横取りしてボレーするから、ストロークで押されている後衛を助けることが出来る。

相手の後衛も、「出て来るなよ!お前に打ってるんじゃない!」となる訳じゃないですか。

どんなに強烈なストロークも、ネット近くでボレーすれば難しいボールじゃない。

それが出来ない前衛は、結局存在感が無いんです。

 

3.並行陣の前衛、は「沈むボール」の潰し役

ダブルスの試合で並行陣、クロスにボールを沈められる。

サーブ&ボレーのリターン、鋭く沈めるのが得意な選手は多いですよね。

前衛なら、このボールも横取りしたい。

後衛がボレーするから、それは沈むボールになるだけの話。

前衛がネットに詰めて触れば、それは浮き球になっているはず。

ネットを通過するときには、必ずネットよりも高い位置を通過しますからね。

そうやって相手にプレッシャーをかけていくと、横取りするまでもなく、どんどんミスしてくれるでしょう。

 

4.前衛としてプレッシャーを実感出来れば、励みになる

3.のように、クロスに沈めるショットに対してポーチに動く。

すると、どうでしょう。

相手は、きっとネットが増えると思うんですよね。

前衛の動きが目に入って、より低く、速く打とうと力が入りますから。

そうすると、横取りしようと思ってポーチに出たけど、相手がネットしてくれるというポイントが増える。

これは快感ですし、励みになります。

相手が攻撃して来る瞬間こそ、実は前衛は動いて良い場面。

ストレートに打って来られたら?その時に考えましょう。

まずはクロスへの攻撃を横取りする、を優先して良いはずです。

 

前衛には優先権があるし、相手に近いというだけでプレッシャーをかけやすい。

前に立っているなら、その理由を考えていかないと。

相手の攻撃の場面、こそ横取りの場面と考えて良い。

勝てるダブルスの前衛は、いつもこの発想で動いています。

 

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    並行陣の基本は深いボレー、という落とし穴に気付かないと

    ダブルスの試合、並行陣で前に出ても・・・なかなかポイントが取れない。…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプローチショットのポイ…

    テニスのダブルスの試合、初中級から中級レベルになると、一般の大人の方は…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

    「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になっ…

  4. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「味方ペアのカバーをしようとして墓穴を掘る」人多数の問題について

    ダブルスの試合、どうにも勝てないペアはどこかおかしい。仲間を助…

  5. ダブルス

    横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある

    ダブルスの試合で、相手のどこを狙うのか。基本的には、穴は3つあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス

    練習メニュー

    半面ラリーで相手を倒す、それがテニスの練習の本質
  2. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールで「これがカッコイイ!」と思われる仕草5つ
  3. テニス スマッシュ

    ボレー

    厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう
  4. ストローク

    テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなって…
  5. テニス 前衛

    リターン

    前衛にポーチに出られたくなければ、「眼」を積極的に合わせにいこう
PAGE TOP