ボレー

やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず

相手のロブが良い、手を伸ばしてやっと届いた時・・・コースはどうでしょう。

自分が打つ時も、相手が打つ時も、この予備知識があると良いですよ。

無理しないで返球出来る、そして相手が打つ時にはそのコースを読む。

テニスでは、「どんな態勢からでもどこにでも打てる」人なんていないんです。

 

やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず

 


 

1.片手バックのハイボレー、をイメージしてみましょう

やっと腕を伸ばして届いた、でも相手のコートに返球しないといけない・・・。

ような場面では、打てるコースってどうでしょう。

基本は、逆クロスだと思います。

やっと届いているのにクロス方向に飛ばすのは、かなり無理がある。

逆クロス方向なら、打点が後ろでも打てますからね。

両手バックでも、基本は同じ。

逆クロス方向に打つ、飛んで来ると思って待っておけば予測も立てやすい。

そしてアナタ自身、返球も出来るように練習しておきましょう。

 

2.ハイボレーでカット、練習出来てる?

試合で並行陣を使いたいなら、この技術は必須です。

下がってハイボレーを、しっかり相手コートに返す。

地味ですが、このショットが打てないと何が起きるのか。

「お願い、お願い」でチェンジの繰り返しです。

これではもう、並行陣の意味が無い。

後衛が全部カバーして、前衛が前をウロチョロしているだけですからね。

ハイボレーで、バックボレーもしっかりとつなぐ。

そのために、逆クロス方向にはしっかり返せるように練習しておきましょう。

 

3.後ろ向きでボレーで返す、ことが大事

テニスでは、こういう場面もあります。

自分の身体はネットと真逆、後ろを向いているのに、ボールを相手コートに打ち返さないといけない。

こういう感覚を、ぜひみなさんも練習から磨いておいて欲しいんです。

打つ方向を見ながら打つ、のは安心出来ますよね。

でも、そんな態勢ばかりじゃないですから、試合では。

相手に背を向けて、しかもバックハイボレー、のような苦しい場面もある。

丁寧にラケット面を作って、逆クロスに返球していく、ということ。

これは、非常に大事なテクニックです。

 

4.厳しければ、山なりに打ち上げよう!

私も試合でよくやりますが、やっと触って厳しい態勢なら、上に打ち上げましょう。

時間を作って、態勢を戻さないといけないですから。

逆クロス方向に打てるなら、山なりにポーンと、返せば良い。

ボレーですが、つなぐことを最優先。

時間も作れるし、相手に打ち込まれても良いからとにかくミスをしない。

厳しい態勢なら、こういう判断も試合では大事。

特に、男性にこそこういう選択肢を持っておいて欲しいと思います。

 

普段の練習から、バックハイボレーでカット、意識して練習しましょう。

なぜなら、試合ですごく狙われるから。

何度もロブで、バック側を攻められるのがテニス。

これだけは、覚えておいて損は無いですよ。

 

■第2回読者ミーティングを11月15日(木)に開催します!

今回のテーマは、試合に勝てる「リターン術」について です。

参加のお申込みは、コチラからお願いします。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について

    勘の良い人は、気付いているこの件。グリップを握る強さ、皆さんは…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    風上でのネットプレーは、失速して沈むボールに注意!

    風上から気持ち良くプレーして、ネットに出て・・・。でも、ここで…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い

    ネットプレーが苦手・・・という方は、特に女性が多い。両手のバッ…

  6. テニス フットワーク

    ボレー

    つなぐボレー、を脱却したい方へ

    試合でつなぐボレー、を脱却したい。ストロークで打ち込まれないボ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に「負けても良い理由」を考え出すから、思考が現実になる
  2. テニス 部活

    練習メニュー

    「団体戦に強い、部員が成長していく部活」では、先輩と後輩が教え合うという太い線で…
  3. テニス ボレー

    戦術

    試合の中で、「○○は捨ててOK」という共通認識を持てると、ダブルスペアは強くなっ…
  4. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?
  5. テニス ストローク

    ボレー

    「足元のボレー」を磨けば、もっと前にチャージできる
PAGE TOP