戦術

打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

良いショットを打って、すぐに安心してしまう人。

これ、結構多いですよね。

男性の方で、自分のショットに酔ってしまっている人は、たくさんいます。

これに気付けないと、試合で上のステージには進めない。

だって、相手にプレッシャーがかかっていないんですから。

 

打った方向に自分自身で、プレッシャーをかける方法

 


 

1.ネットプレーの基本、です

自分が打ったボールに、自分で詰めていく。

プレッシャーをかけていくことは、特にネットプレーでは大事になります。

打って終わり、になっていたら、そのボールがどんなに良いボールでもダメ。

テニスは、相手コートには入れませんがネットに近付くことは出来る。

自分が打ったボールの方向、に向かっていくだけで、次に相手は返し辛くなる。

この基本、大事ですよ。

 

2.自分が打つコース、は自分で分かる

打った方向に詰める、ことは出来ます。

なぜなら、自分で打つコースを決めているから。

右に打つ、と分かっているのは打つことが出来るアナタ自身、だけです。

だからこそ、誰よりも早い出足でその打つ方向へ詰めていくことが出来る。

自分が打ったボールに、味方のパートナーがプレッシャーをかけてくれると思ったら大間違い。

どんどん、自分自身で、自分が打ったボールにプレッシャーをかけていかないと。

人任せ、ではポイントは取れません。

 

3.ダブルスで使えるパターン例

ダブルスで使えるパターン、確認してみましょう。

一旦は攻めていても、カウンターを喰らってそこからまた挽回していく例、です。

まずリターンから相手を攻めて・・・。

沈めてポーチ!理想的な展開!

でも、相手に拾われてロブでカウンターを喰らってしまうことに。

何とか返すも、相手前衛に捕まります。

甘い返球を、相手の足下に打ってチャージをかける!ここからが、今回のテーマです。

しっかりと打った方向に詰めるから、相手もプレッシャーを感じてくれる。

相手が避けようとしてサイドアウト!打った後の動きで取ったポイント、ですね。


YouTube公式チャンネルに、登録お願いします



4.ボレー自体も、リラックス出来る

私がこれを推奨するのは、何よりリラックス出来るから。

前に詰めよう、と意識出来ればそのボレー自体も、精度が上がります。

一発で決めよう、という意識は無くなるし、「詰めて決めれば良いんだ」と思えますからね。

ネットプレーで一番しんどいのは、「このボールで決めないといけない」と思うこと。

それって驕り、です。

相手が構えていればそう簡単には一発で決まらない、それがダブルスですから。

 

5.打った後の動作、こそテニスの実力

如実に反映される、真の部分。

打った後の構え、動作、ポジショニングは、テニスでは嘘がありません。

その人の実力、なんですよね。

例えその前のボレーが入らなくても、入った後の動作がしっかり出来ているのか。

前に詰めて、プレッシャーをかけているかどうか。

これは、アナタ自身常に自分に問いかけてみて下さい。

 

打ったボールに、自分で責任を持つということ。

打ったボールに、更にパワーを与えていくということです。

打って終わり、な人がなんと多いことか・・・試合では、すぐにその隙を突かれます。

ぜひ、練習から意識してみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. テニス 戦術

    戦術

    試合に強いテニス選手は、どこかで「一貫性」を持っている

    私はまだ皆さんにお会いしたことはありません。だからどんなテニス…

  2. 戦術

    チャンスボールを打ち込むのが苦手な方、意識したい5つのポイント

    今回は、久しぶりにこのテーマで。チャンスボールを打ち込む、こ…

  3. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある

    もうすぐ試合、ということで、コート脇で待っていると・・・相手も登場。…

  4. テニス ハードコート

    戦術

    変則的な陣形になったら、すぐに前衛が動くのが吉

    ダブルスの陣形で、変わった形になることよくありますよね。例えば…

  5. テニス リーダー

    戦術

    毎年団体戦3回戦止まりの学校なら、「シングルス3本+ダブルス2本」の団体戦の戦い方は・・・?

    もうすぐ各地区では、高校生なら秋の地方大会が始まる。春の全国選…

  6. 戦術

    「ネットを挟めば敵なんだよ」テニスの試合は技で相手をねじ伏せる競技です

    皆の普段の練習メニューはどんな感じだろう。ボール出し練習も入れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い
  2. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合
  3. テニス ボレー

    ボレー

    自分が思っている以上に、ボレーでは手首をこねている
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスにおいて「ショートクロスはあくまで見せ球」、センターへの突き球と組み合わ…
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに
PAGE TOP