ダブルス

「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ

ダブルスの試合での、前衛で使える裏技。

と言っても、大したことではありません。

相手に「出ないな」と思わせておいて、スススッと出ていく。

この相手を騙すような行為、実は試合では大事です。

楽しみながら、相手を出し抜いてみましょう。

 

「この前衛、出て来ないな」と思わせるマル秘テク4つ

 


 

1.逆側でボレーの素振り

これは、結構スタンダードですかね。

前衛に立っていて、ストレート側、外側でボレーの素振りをする。

ベタな作戦ですが、結構気になりますよ。

ストレート側に、何となく打てなくなるんです、これを見ると。

リターンの選手に、意識して自分を見せること、大事です。

ちょっとしたボレーの素振りでも、相手は見ている。

強い相手ほど、こういう小さい動きを見逃さないですからね。

 

2.下を向いてやる気の無いフリ

いかにも出るぞ!ではなく・・・何となく、やる気無さそうにしてみる。

下を向いてみたり、ガットを触るような感じで相手を見ない。

こういう相手は、なんだか動かなそうに見えませんか?

でも、実際にはポーチに出る、だから「やられた!」となるんですよ。

意図的にギャップを作れば、相手は騙せます。

 

3.打ち合わせを短く、ペアとサインを交わす

ダブルスの試合って、「打ち合わせが長い」と何かを仕掛けてくる。

そんな風に感じませんか?

ですから、私はあえて「打ち合わせをしないで、ポーチに出る」ことを実践します。

アイコンタクトで、出る、出ないを相手に伝える。

これが出来れば、もうダブルスは上級者でしょう。

打ち合わせ時間が短いと、相手リターン側は「ステイかな」と思うもの。

少し練習が必要ですが、ぜひ試してみて欲しい作戦です。

 

4.ストレートを抜かれて、やられたフリ

私もよくやります、これ。

ストレートに打たれて、抜かれて、「しまったー!」と悔しいリアクションを取る。

効いている、と思わせるんです。

実際には、全く効いてないですし、ショックでも無い。

むしろ、ストレートに打ってくれてありがとう、プレッシャーに感じてるんだなと前向きになれる。

でも、精神的にショックを受けているフリをして、また次もポーチに出る。

こういう演技も、試合では大事ですよ。

大げさにしなくてもOK、相手が見てくれていること、を感じて活かしていきましょう。

 

ちょっとした行為ですが、クロスに打たせるテクニック。

それには、前衛の細かい仕草、が大事。

繰り返しますが、強い相手ほど効きます、こういう小技は。

アナタ自身も、自分がやっていれば相手を疑いの目で見れますよね。

前衛に騙されない、騙す側でずっと試合は戦いましょう!

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、パートナーのミスを「自分の責任」と考えられる人は少ない

    ダブルスペアとしての一体感。これは、ある場面を見ればすぐに分か…

  2. テニス 名著

    ダブルス

    ダブルスペアで、「最近、マンネリ化してるな・・・」と感じたなら、絶対試して欲しいこと

    どうも最近、ダブルスペアで勝てない・・・。この際、ペアを変える…

  3. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、「味方のサーブでポーチに出れない」人にとっておきのコツを

    前衛にいるときに、いざポーチ!でも、せっかく良いサーブなのに出…

  4. ダブルス

    相手の前衛にぶつけても、ポーチは決まらない

    ダブルスの試合、コートにいる人数は多い?少ない?当然シングルス…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?

    ダブルスの試合、雁行陣の陣形で気になるパターン。特に、学生のみ…

  6. ダブルス

    ストレートに流すことが、ダブルスでは攻撃になる

    ダブルスの攻撃、シンプルにこれで良い。特に、ボレー戦になった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ロブ

    女子ダブルスにありがちな、「弱々しいロブ」を卒業しましょう
  2. テニス 部活

    ストローク

    「コントロール系スウィング」を身に付けて、テニスの試合でしっかり振り切れるスィン…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「ワイドへのサーブで、もっとテニスの試合は楽になる!」相手から主導権を奪える理由…
  4. ダブルス

    相手の前衛は動く、と信じよう
  5. テニス ボレー

    リターン

    初中級者の方のセカンドサーブ、ワイドにしか入らない説
PAGE TOP