テニス ストローク

リターン

サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

リターンでいつも、ポーチに出られてしまう・・・とお悩みの方。

リターンのコースをどう決めれば良いのか、悩んでいるケースが多いと思います。

悩むから、相手に攻撃される、先手を取られる。

迷いを無くせば、それだけでポーチに出られる可能性は低いと思いますよ。

リターンというショットの特性上、しっかり考えておかないとずっと受け身になって試合は進みます。

 

サーブの軌道とリターンの軌道、基本は同じ

 


 

1.サーブ側に、選択権がある

ネットを挟んだ競技は、サーブから始まる。

これがテニス以外でも、基本ですよね。

このサーブ、を打つ側は自分でコースを決めて打つことが出来る。

もちろん、狙ったところにいくかどうか、は別としてリターン側って基本は受け身です。

相手が打ってきたコース、に対応することになる。

それがレベルが上がっていくと、両コーナーにきっちり入って来ますから、ブレイクが難しくなる。

まず、選択権は相手にあること、をリターン側は受け入れましょう。

問題は、そこからどうするか、です。

 

2.なぜリターンは、ポーチに捕まってしまうのか?

相手のサーブ側の前衛、にいつも捕まってしまう。

これは、きっと相手側のサーブのコントロールが良いからでしょう。

しっかり打ち合わせされて、サーブのコースに前衛が詰めるから、隙が無い。

アナタ自身が受け身になっていますからね。

リターン側としては、「クロスに沈めるね!」と打ち合わせをしても、実際にセンターに鋭いサーブが入ったら難しいですよね。

ストレートにアタックするにしても、ボディに良いサーブはそうそうコントロール出来ない。

この部分で、考えておかないといけないポイントがあるんです。

 

3.サーブが飛んできた方向、にリターンしてみる

特に、男子ダブルスで良いサーブを返すにはこれが基本です。

ワイドに入ったら、ワイドにリターンする。

センターに入ったら、センタ―方向へリターンする。

この基本、ぜひ意識しておいて下さい。

これは、難しくないですよね、技術的には。

ボールが飛んできた方向、に打ち返すのは難しくない。

特に相手のファーストサーブなんかは、コントロールが難しいですから。

厳しいサーブなら、パートナーの前衛にも、「とりあえず来たコースに返すね」と伝えておきましょう。

そうすればもし相手の前衛に捕まっても、フォローしやすいですからね。

 

4.シングルスでは、これで充分!

ナイスなリターンになります。

サーブが飛んできた方向、同じような軌道でリターンする。

迷い無く、いけますよね。

コースを変えるのは、なかなかテニスでは難しい技術です。

だからこそ、セカンドサーブのような場面でしか難しい。

基本的にはファーストサーブ、無理してコースを変える必要は無いでしょう。

打って来た方向に、近い軌道でリターンする。

これで充分、安定感がアップして相手の脅威になるはずです。

 

ダブルスでも、クロス方向へのリターンは様々。

ワイドに来たサーブをショートクロス気味に、センターに来たサーブをセンター気味に。

基本に忠実にリターンしていけば、ミスは減ります。

同じ軌道で返球する、調子が悪いときには意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. リターン

    リターンの時のグリップチェンジは有り?無し?

    リターンが安定しない方は、もしかして・・・。グリップ、グリップ…

  2. テニス メンタル

    リターン

    「ダブルスの試合で、相手の並行陣を崩す!」為に必要な、リターン側の前衛の役割5つ

    安定したネットプレーを得意にするダブルスプレイヤーは、並行陣で挑んでく…

  3. テニス 準備

    リターン

    リターンで左右に振られた時に、意識したいのは?

    相手サーブが良いとき、左右に振られる機会はありますよね。リター…

  4. リターン

    相手のサーブ攻略、意外と簡単です

    相手のサーブが返せないと、どんどん落ち込んでしまいますよね。シ…

  5. テニス ストローク

    リターン

    ハッキリとリターンの立ち位置を変えると、メンタルまで変わる

    リターンで攻撃的にいきたい。錦織選手の試合を観ていると、本当に…

  6. テニス ストローク

    リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを、いかに試合で活かせるか

    テニスの試合、工夫してすぐに勝てる技術があるなら・・・それはリターン。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. シングルス

    シングルスの試合、相手がスライスの構えになったら実行したい5つの秘策
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで攻守の切り替え、しっかり出来る?
  3. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合では、エースで終わるようなショットでも、「最後までの詰め」が出来てい…
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    「これであなたもディフェンス力UP!!」テニスの試合では構え直すことで強くなる
  5. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」
PAGE TOP