戦術

試合に勝てる人は、特別な人じゃない

試合会場で、シード選手と対戦する。

どうしても、何だか「別世界の人」のような雰囲気を感じませんか?

私もそうでしたが、格上の相手って眩しく、輝いて見えるもの。

でも、これだけは言えます。

強い選手だって、私たちや読者のみなさんと変わらないということです。

 

試合に勝てる人は、特別な人じゃない

 


 

1.みんな最初は、負け続けて来た

騙された、と思うかも知れませんが、本当にそうです。

特に、社会人やベテランで試合に出ている人は、こういう人ばかり。

もちろん、ジュニア時代から実績充分で、ベテランになっても勝ち続けている人はいます。

でも、それはごく一握り。

今上位にいる人は、それこそ社会人からテニスを始めた人、ベテランになってから結果が出始めた人も本当に多い。

そういう人は、何度も負けて、悔しい想いを繰り返して、今がある。

シードをもぎ取るまでには、相当な負けを繰り返して来ているはず。

だから、私たちと何も変わらない、同じだと思うんです。

 

2.勝てるようになれば、全て変わっていく

「でも、明らかに雰囲気が違う、技術も上手い」と、思う方も多いでしょう。

それは、努力の結晶。

ですが、私は結果が出たからこそ変わって来たものも多い、と考えています。

勝てるようになって自信がつくと、人は全てが変わります。

少し余裕が持てるようになって、ミスも減るしチャレンジも出来るようになる。

上手くなってから試合に勝てるようなった、よりも「勝てるようになって、雰囲気が出て来た」という要素の方が大きい。

だから、何が言いたいのかと言えばただ一つ。

アナタ自身も、確実にそうなれる要素を持っている、ということです。

 

3.特別な人ではなく、継続出来る人

試合に勝てる人って、これです。

練習でもテニスノートでも、このT-PRESSの購読でも何でもそうです。

継続出来る、毎日少しの時間で良いので作ってコントロール出来る人。

意志が強く、行動に一本の芯があるんですよね。

簡単なようで、出来ません。

試合に勝てない人は、何かを長期で継続することって出来ないんですよ。

それに気付かず、「試合に勝てる人は、特別な存在」と決めつけて、自分を誤魔化している。

みなさんには、そうなって欲しくないんです。

 

4.テニスはチャンスがある競技

だと、私は思っています。

マラソンや陸上競技なら、厳しいトレーニングや体格、指導者が必要。

社会人からタイムや記録を伸ばすのは難しいですよね。

でも、テニスは違います。

対格差も経験も、身体能力も埋めていける。

チャンスがたくさんある競技、だと私は勝手に考えています。

そうじゃなかったら、T-PRESSでこんなに書いていません。

書ける内容がある、希望があるから、私自身続いているんです。

試合に勝てる、特にテニスでは試合に勝てる人は、何も特別な人じゃない。

丁寧に継続出来る、そして率直な人。

つまりは、みなさん自身ということです。

 

前回、T-PRESS読者ミーティングを開催して、自信が確信に変わりました。

これは、もっと面白くなる、みなさんを強く出来ると。

偉そうに感じるかも知れませんが、テニスならまだまだいける。

私自身、もっともっと、上手くなりたい。

だからこそ、強い選手を特別扱いはしない。

希望は私たち自身、な訳ですから。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. 戦術

    ネットの近くでストローク、ベースライン近くでボレー

    試合に出ていると、練習と違うこと多くありますよね。相手も自分を…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    強い人の強さが分かる、ことも大事な成長

    試合に出ていると、相手の強さを感じることがある。これって、当た…

  3. テニス 不安

    戦術

    アナタ自身が楽しいと思えること、にテニスも未来がある

    試合に出てばかりだと、どうしても忘れがちなこと。それは、テニス…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    「ノーアドバンテージを獲れなかったのは、運が無かった」と思っている人は、ただの準備不足だということに…

    一般のテニスの試合では、「ノーアドバンテージ形式」と呼ばれる試合形式が…

  5. テニス 目

    戦術

    テニスが上手い選手は、試合中に常に何かを狙っている

    試合が強い選手は、まず目が鋭い。すごく何かを狙っている雰囲気、…

  6. テニス 雑誌

    戦術

    作戦を決めて挑まないから、いつまで経っても試合で成功も失敗も無い

    皆さんは試合の後、普段どんなことを考えてますか?勝てば嬉しい、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合でのサーブは、「いかに前衛を使うか?」に目的を絞るとダブルスらしい…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    速いサーブはチャンスになる、という勘違い
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事
  4. ダブルス

    ダブルスの試合、サーブがめちゃくちゃ速い相手への作戦について
  5. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所…
PAGE TOP