戦術

試合に勝てる人は、特別な人じゃない

試合会場で、シード選手と対戦する。

どうしても、何だか「別世界の人」のような雰囲気を感じませんか?

私もそうでしたが、格上の相手って眩しく、輝いて見えるもの。

でも、これだけは言えます。

強い選手だって、私たちや読者のみなさんと変わらないということです。

 

試合に勝てる人は、特別な人じゃない

 


 

1.みんな最初は、負け続けて来た

騙された、と思うかも知れませんが、本当にそうです。

特に、社会人やベテランで試合に出ている人は、こういう人ばかり。

もちろん、ジュニア時代から実績充分で、ベテランになっても勝ち続けている人はいます。

でも、それはごく一握り。

今上位にいる人は、それこそ社会人からテニスを始めた人、ベテランになってから結果が出始めた人も本当に多い。

そういう人は、何度も負けて、悔しい想いを繰り返して、今がある。

シードをもぎ取るまでには、相当な負けを繰り返して来ているはず。

だから、私たちと何も変わらない、同じだと思うんです。

 

2.勝てるようになれば、全て変わっていく

「でも、明らかに雰囲気が違う、技術も上手い」と、思う方も多いでしょう。

それは、努力の結晶。

ですが、私は結果が出たからこそ変わって来たものも多い、と考えています。

勝てるようになって自信がつくと、人は全てが変わります。

少し余裕が持てるようになって、ミスも減るしチャレンジも出来るようになる。

上手くなってから試合に勝てるようなった、よりも「勝てるようになって、雰囲気が出て来た」という要素の方が大きい。

だから、何が言いたいのかと言えばただ一つ。

アナタ自身も、確実にそうなれる要素を持っている、ということです。

 

3.特別な人ではなく、継続出来る人

試合に勝てる人って、これです。

練習でもテニスノートでも、このT-PRESSの購読でも何でもそうです。

継続出来る、毎日少しの時間で良いので作ってコントロール出来る人。

意志が強く、行動に一本の芯があるんですよね。

簡単なようで、出来ません。

試合に勝てない人は、何かを長期で継続することって出来ないんですよ。

それに気付かず、「試合に勝てる人は、特別な存在」と決めつけて、自分を誤魔化している。

みなさんには、そうなって欲しくないんです。

 

4.テニスはチャンスがある競技

だと、私は思っています。

マラソンや陸上競技なら、厳しいトレーニングや体格、指導者が必要。

社会人からタイムや記録を伸ばすのは難しいですよね。

でも、テニスは違います。

対格差も経験も、身体能力も埋めていける。

チャンスがたくさんある競技、だと私は勝手に考えています。

そうじゃなかったら、T-PRESSでこんなに書いていません。

書ける内容がある、希望があるから、私自身続いているんです。

試合に勝てる、特にテニスでは試合に勝てる人は、何も特別な人じゃない。

丁寧に継続出来る、そして率直な人。

つまりは、みなさん自身ということです。

 

前回、T-PRESS読者ミーティングを開催して、自信が確信に変わりました。

これは、もっと面白くなる、みなさんを強く出来ると。

偉そうに感じるかも知れませんが、テニスならまだまだいける。

私自身、もっともっと、上手くなりたい。

だからこそ、強い選手を特別扱いはしない。

希望は私たち自身、な訳ですから。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス 練習

    戦術

    「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

    試合に勝てない、なかなか上のステージにいけない人の思考の典型例。…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスを上達させるには、「何となく」を言葉にしていくこと

    テニスついて考えて、試合で勝つ為にプレーする。出来そうで出来な…

  3. 戦術

    真剣勝負の現場では、ボディに打つし、打たれるのが日常茶飯事

    野球の試合を観ていると、たまにこんなシーンありませんか?デッド…

  4. テニス 格上相手

    戦術

    粘り強く勝てる人は「同じことを根気よく繰り返す」ことが出来る人

    試合の中で、粘りが足りないで淡泊な試合が多い人は、なかなか勝てない人が…

  5. テニス マナー

    戦術

    「初心者」という意識を捨てた人から、テニス選手として巣立っていく

    無意識にでも、自分の心の中に潜んでいるもの。それは間違いなく行…

  6. テニス コントロール

    戦術

    テニスのナイスショットは、全て組み合わせでしか完成しない

    テニスの試合でのナイスショット。それは、練習とは訳が違います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの切れ味アップのコツは、左手の使い方にあり
  2. メンタル

    失敗しても余裕がある人、すぐパニックになる人
  3. ストローク

    テニスのラリーで変化を付けやすい「三往復目の法則」について、アナタは自覚はありま…
  4. ストローク

    「両手から片手へ」テニスのストロークを改造するうえで注意したいこととは?
  5. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう
PAGE TOP