テニス 観察

ダブルス

ダブルスを組み慣れていない、初めての人とはどういう作戦でいく?

普段の試合とは別で、練習で試合をしたりするとき。

または急遽、代打で試合に出たりするときに、初対面の人とペアを組むこと、ありますよね。

リターンのサイドを確認して・・・くらいまではやりますが、その他の作戦はどうでしょう?

難しく考えないで、私は良いと思いますよ。

 

ダブルスを組み慣れていない、初めての人とはどういう作戦でいく?

 


 

1.前に出るか、出ないかだけはハッキリさせておこう

これをハッキリさせておくと、良いと思います。

「雁行陣でいきましょう!」とかよりも、「自分は後ろでプレーします」「次は前に出ますね」という感じの方が、伝わりやすい。

それに、〇〇陣っていうと、ちょっと硬い感じしませんか?

サーブを打って前、リターンの後にステイ、自分がどうするのかだけを伝えておく。

それだけでも、私は良いと思いますよ。

 

2.無理にコンビネーション、入れなくても良い

初対面の人、ですからね。

試合のほとんどは、探り合いの中で終わってしまうでしょう。

ですから、無理に「次はポーチ出るんで、後ろカバーお願いします!」という感じで伝えるのも、厳しい可能性が高いでしょう。

いや、そういうのが可能そうな人だったら、どんどん言って良いと思います。

普通は難しいと思うので、「次、ファースト入ったら出ますね」という感じで伝えてみるのが良いでしょう。

勝手に動くのもあれですから、一言かけておく。

これくらいのコミュニケーションの基準、を自分の中で持っておけると良いと思いますよ。

せっかくの試合ですから、やっぱり勝ちたいですしね。

 

3.相手のことについては、出来るだけ話しましょう

話題の中心は、いつも相手のこと。

「あの人、バックはスライスだけですね」

「あの人は、前衛は全然動かないですね」

みたいな感じですね。

自分たちのことも大事ですが、対戦相手について話していると自然と初対面の人とも「こうしていこうか」が見えて来ます。

狙いを定めて、コミュニケーションを取ってみる。

初対面ですから、なかなか自分のことについては話せなくても、相手のことについてなら話せるはず。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

4.「初対面」を言い訳にしないで、勝ちにいこう!

私が普段、意識していること。

練習でも、負けたくないんですよね。

ですから、初対面だろうが、多少実力が落ちようが、とにかく試合には勝ちたい。

ですから、言い訳にしないように意識しています。

初対面の人こそ、自分の力を発揮できる場、テストみたいなモノ。

試されている、出来ることをしっかりやり切って、試合に勝つ。

言い訳にしない姿勢って、大事ですよ。

 

初対面でも、上手く試合が出来るかどうか。

きちんと自分の力、ペアの力を出してあげることが出来るかどうか。

どうでしょう、きっとみなさんも初対面ダブルス、試合をするケースあると思うんです。

そこで何が出来るのか、考えておいて損は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    勝てるダブルスペアの雰囲気、はどすれば生まれる?

    どうも、ダブルスの試合で負け癖が付き始めた・・・と、気になっているみ…

  2. テニス 攻撃

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「センターのボールに2人で反応は悪いこと?」では無く、とても必要なことです

    ダブルスの試合では、センターへの攻撃に耐えないといけない。並行…

  3. ダブルス

    発想力が乏しい人はダブルスの前衛で、「ナイスサーブが入る」のを待っている

    ダブルスの前衛、こんな考えの選手・・・の人、いませんか?「ドキ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルスで上のレベルで勝ちたければ、「女性の守備力」は絶対に必要です

    「ミックスダブルスの試合、どう戦って良いか分からない」「強くな…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう

    ミックスダブルスの試合、序盤で考えるべきことは?私は、まず「男…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、「味方のサーブでポーチに出れない」人にとっておきのコツを

    前衛にいるときに、いざポーチ!でも、せっかく良いサーブなのに出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    メンタル

    「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作…
  2. テニス メンタル

    ロブ

    試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない
  3. テニス サーブ

    メンタル

    テニスの経験を積んでいけば、「試合を諦めること」が癖になっていく
  4. テニス

    スマッシュ

    「スマッシュ上達したキッカケ」は、スポーツ全般に当てはまる上達のコツ
  5. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
PAGE TOP