ロブ

合わせるロブから、振り切るロブへ

ロブを打って、相手を攻める、崩す。

これは、ダブルスの試合では必須の技術。

意識したいのは、攻撃的に使うということ。

守備でしかロブを使わない、という人はもったいないし強くなれない。

攻撃的に打つには、ロブの概念から変えていきましょう。

 

合わせるロブから、振り切るロブへ

 


 

1.スライスロブ、でも振り切ろう

合わせるだけのロブ、は初中級まで。

これを身に付けたら、手放すことがステップになります。

相手のボールに合わせる、コツンと当てるロブから、振り切るロブへ。

スライスのロブでも、ある程度しっかり振る、ことが大事です。

何も、振り切ると言っても大振りする必要はありません。

コンパクトに、1メートルくらいのラケットの振り幅で良いでしょう。

しっかりスライスで抑える、自分から回転をかけるという意識が大事なんです。

 

2.スピンロブも、振り切るから入る

トップスピンロブも、振り切る意識が大事。

技術的なポイントもありますが、大事なのはしっかり振り切るんだ、という意識ですね。

ここで、「絶対入れないと・・・」と思うと、置きにいくような弱い振りになってしまう。

振り切る、という意識においては「多少アウトでも良い」という感覚は大事です。

ラケットのスウィングスピードを出せば、回転量は増えて変化量も増える。

自然と、コートに収まってくれるはずですよ。

 

3.振り切るから、安定した武器になる

ロブを振り切れるようになると、安定感がアップする。

振り切っていく型、が身に付くから試合でも使えるようになるんです。

合わせるロブは、結局相手次第。

でも、振り切っていくロブは、自分でコントロールしていくのが基本になりますから。

振り切って入る、軌道と回転量を覚えて、身体に染み込ませる。

この意識が大事、です。

 

4.まだまだメリットがたくさんある!

振り切るロブに変えると、何が良いのか。

それは、通常のストロークにフォームが近くなること、なんですよね。

相手からバレない、打った後も、ロブだと判断するのが少し遅れる。

これが、試合では有効な武器になります。

無理に隠そうとしなくても、自然と打ち方が近い感じですから、ミスも少ない。

攻撃的なロブって、ほとんど打ち方はストロークと同じ。

これを意識して、振っていきましょう!

 

振れる選手、になれるかどうか。

ロブを使える選手は、いつでもこれを意識して振っています。

気持ちが籠っているし、相手に触られてもミスを誘えるんですよね。

そういう強いロブ、打っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. ロブ

    女性にお勧め!トップスピンロブは「両手バックハンドならコンパクトに」打ちやすい理由とは?

    現代テニスでは、ラケットの進化によりストロークの技術がどんどん進歩して…

  2. テニス メロブ

    ロブ

    苦し紛れのロブは、大抵入らない

    深いアプローチで追い込まれたときに・・・皆さん、どんな感じですか?…

  3. ロブ

    攻めるロブは、あえてクロスに!

    攻撃的なロブ、をしっかり打って攻めたい試合。ダブルスで結構、あ…

  4. ロブ

    ロブの精度の見極め、職人技にまで極めよう

    自分、または自分のパートナーが打ったロブ。このロブが、良いのか…

  5. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ

    相手のスマッシュを、ロブで返球する。こういう技術って、ちゃんと…

  6. テニス ダブルス

    ロブ

    一見スマッシュを打てそうなロブ、こそダブルスでは最高に使えるロブ

    試合で使える、良い攻撃ってどんなイメージでしょうか。ダブルスの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    コート上では一人、そんな経験テニスじゃなきゃ出来ない
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン
  3. テニススクール

    テニスが上手い人は、コーチに向いている?
  4. テニス ボレー

    メンタル

    1セットマッチ、「5-5や6-6は望むところ」でありたい
  5. テニス ボール

    戦術

    試合はニューボール、だから気を付けたい5つのこと
PAGE TOP