テニス サーブ

サーブ

攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

自分のサーブをパワーアップさせたい、と考えているみなさんへ。

まず、ここから意識してみると良いと思います。

サーブって、どうしても足下のラインが気になりますよね。

フットフォルト、はもちろん反則。

でも打った後は・・・どうでしょうか?

 

攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

 


 

1.フットフォルト、意識し過ぎじゃない?

ベースラインを踏んではいけない、のは打つ前のこと。

打った後は、ラインを踏んでも良いんです。

これ、意外と意識出来ていない方が多いですよね。

サーブは、少しでもネットに近い位置、打点で打った方が威力も出るし、安定感もある。

なのに、打ち終わってもベースラインの後ろに立っているような形では、ボールに力は伝わり辛いでしょう。

ベテラン、シニアの方でもサーブは前にトスアップして、コート内に着地が基本。

これでかなり、サーブの雰囲気は変わりますよ。

 

2.小さくジャンプ、でも効果大!

「でも、足腰が弱くてジャンプなんて・・・」と思う方も多いでしょう。

特に、ベテランやシニア、女性の方はそういう意識が強い方も多い。

私は、3cmで良いので、ジャンプした方が良いと考えています。

少しジャンプして、コート内、またはライン上に着地する。

これだけでも、かなり威力はアップすると思いますよ。

全くジャンプしないサーブは、どうしても腰が引けて後ろに体重が残っている形、になりやすい。

威力が出ないだけじゃなくて、なかなか安定もしないでしょう。

 

3.どこに着地するのか?をイメージしてトスアップ

男性の方であれば20cmくらいはネット寄り、コート内に着地すること。

これが出来るように、トスアップを調整する。

すると、自然に前への推進力が上がりますので、サーブの威力はアップします。

それに、不思議と安定感もアップするんですよ。

ジャンプするような身体の動きを入れると、しっかりラケットも振れますからね。

ずっと地面に足を着けた状態だと、トスに合わせるようになって、上手くいかない。

もっと身体をしっかり使うサーブ、に変えていきませんか?

 

4.自然にサーブ&ボレー用のサーブになる!

これも、魅力ですね。

試合では、要所でサーブから前に出る、サーブ&ボレーを入れて相手を揺さぶりたい。

でも、サーブ自体を変えていては・・・安定しないですよね。

コート内に着地するサーブに普段から出来ていれば、サーブ&ボレーだって楽勝です。

だって、そのまま前に入る1歩目、になっている形ですからね。

出るにせよ出ないにせよ、やることは変わらない。

コートの内側に着して、攻撃力の高いサーブを打っていく。

試合には、これでいきましょう!

 

最初は、前にトスアップして打つの、難しいと思います。

前足に体重を乗せて、軽く膝を曲げてフラフラしないようにするには練習が必要です。

あとは、腹筋と背筋のトレーニングですね。

1日5分で良いので、意識して鍛える時間を作っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    狙った場所にサーブを打って入れる、のに必要なシンプルなコツ4つ

    サーブを打っていく上で、自分の狙ったコースに打てない人は、試合で厳しい…

  2. サーブ

    サーブで「ネットミス」が多い時の改善策4つ

    試合の中で、自分のサーブがネットミス。これ、改善出来ないとずる…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    「今すぐ、サーブの威力をアップさせたい!」人は、一度この呼吸法を試して欲しい

    サーブの威力を強くしたい!と、思っていない人はいないと思います…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?

    ダブルスの試合、自分のサービスゲーム。これは、4回に1回、必ず…

  5. テニス 走力
  6. テニス メンタル

    サーブ

    自分のサーブのトスのやり直しは、1ゲームに1回までが目安でしょう

    サーブのトスアップ、みなさんはどの程度「やり直す」ことがありますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い
  2. テニス スライス

    スマッシュ

    バドミントンのように、スマッシュの後は前をケアしよう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    冬の時期に意識したい「気温が低い時期のテニスの試合」で、気を付けておきたい4つの…
  4. テニス ストローク

    リターン

    リターンミスが多い人は、「自分の脇が空き過ぎている」ケースが多いので要チェック!…
  5. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント
PAGE TOP