テニス サーブ

サーブ

攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

自分のサーブをパワーアップさせたい、と考えているみなさんへ。

まず、ここから意識してみると良いと思います。

サーブって、どうしても足下のラインが気になりますよね。

フットフォルト、はもちろん反則。

でも打った後は・・・どうでしょうか?

 

攻撃力の高いサーブを打ちたければ、コート内に着地しよう

 


 

1.フットフォルト、意識し過ぎじゃない?

ベースラインを踏んではいけない、のは打つ前のこと。

打った後は、ラインを踏んでも良いんです。

これ、意外と意識出来ていない方が多いですよね。

サーブは、少しでもネットに近い位置、打点で打った方が威力も出るし、安定感もある。

なのに、打ち終わってもベースラインの後ろに立っているような形では、ボールに力は伝わり辛いでしょう。

ベテラン、シニアの方でもサーブは前にトスアップして、コート内に着地が基本。

これでかなり、サーブの雰囲気は変わりますよ。

 

2.小さくジャンプ、でも効果大!

「でも、足腰が弱くてジャンプなんて・・・」と思う方も多いでしょう。

特に、ベテランやシニア、女性の方はそういう意識が強い方も多い。

私は、3cmで良いので、ジャンプした方が良いと考えています。

少しジャンプして、コート内、またはライン上に着地する。

これだけでも、かなり威力はアップすると思いますよ。

全くジャンプしないサーブは、どうしても腰が引けて後ろに体重が残っている形、になりやすい。

威力が出ないだけじゃなくて、なかなか安定もしないでしょう。

 

3.どこに着地するのか?をイメージしてトスアップ

男性の方であれば20cmくらいはネット寄り、コート内に着地すること。

これが出来るように、トスアップを調整する。

すると、自然に前への推進力が上がりますので、サーブの威力はアップします。

それに、不思議と安定感もアップするんですよ。

ジャンプするような身体の動きを入れると、しっかりラケットも振れますからね。

ずっと地面に足を着けた状態だと、トスに合わせるようになって、上手くいかない。

もっと身体をしっかり使うサーブ、に変えていきませんか?

 

4.自然にサーブ&ボレー用のサーブになる!

これも、魅力ですね。

試合では、要所でサーブから前に出る、サーブ&ボレーを入れて相手を揺さぶりたい。

でも、サーブ自体を変えていては・・・安定しないですよね。

コート内に着地するサーブに普段から出来ていれば、サーブ&ボレーだって楽勝です。

だって、そのまま前に入る1歩目、になっている形ですからね。

出るにせよ出ないにせよ、やることは変わらない。

コートの内側に着して、攻撃力の高いサーブを打っていく。

試合には、これでいきましょう!

 

最初は、前にトスアップして打つの、難しいと思います。

前足に体重を乗せて、軽く膝を曲げてフラフラしないようにするには練習が必要です。

あとは、腹筋と背筋のトレーニングですね。

1日5分で良いので、意識して鍛える時間を作っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    サーブだけは相手に左右されない、本当にそうですか?

    私の周りにも、何人かこういう考え方の人がいます。これは、良いよ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    【保存版】テニスの試合でのセカンドサーブに悩む方へ贈る人気のTOP7記事

    テニスの試合、やってて辛いのがダブルフォルト。セカンドサーブを…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブのポイント奪取率こそ、試合の結果を左右する

    以前に、セカンドサーブがお互いのレベルを測る一つの基準になる、という記…

  5. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある

    サービス力、つまりはサーブの力、ですね。これについて、考えてし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく
  2. メンタル

    競争があるから人は努力し、頑張った人が最期は勝つ
  3. テニス コントロール

    その他

    「なぜ、出来ないのか?」を、実は誰も真剣には考えない
  4. テニス ボレー

    ボレー

    テニスにおいて相手が前に詰めて来る、ということは「上が空く」ということ
  5. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
PAGE TOP