テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で、守備力を上げる基本戦術とは?

シングルスの試合で、簡単に負けてしまう方へ。

まず、大事なのはしっかりと守備を安定させること。

ダブルスの試合と異なり、シングルスの試合では走って打つ、それも3歩以上動くようなショットが増えますよね。

どんなショットを選択するのか、その基本を回転量の視点から見直していきましょう!

 

シングルスの試合で、守備力を上げる基本戦術とは?

 


 

1.走らされて、なぜフラットで返球?

もう、破れかぶれにしか見えません。

相手に走らされて、ドッカーンとフラットショットを打って終わり。

いや、10本に1本くらいは入るのかも知れないですけど・・・それが入ったとしても、次に返球されたら間に合わない。

シングルスの試合で、走らされてフラットショット、無謀過ぎます。

プロ選手がたまに入るショットが、YOUTUBEやニュースで繰り返し放送されるので、つい私たちもトライしてみたくなる気持ちは分かりますが・・・。

走らされたら、フラットではなくスピンかスライス。

ボールに回転をかける、それも普段より多めに、が基本でしょう。

 

2.ボールに回転をかければ、魔法がかかる

ちょっと言葉は大げさですが、私はこう考えています。

回転をかければ、それはボールに魔法をかけるのと同じだということ。

それは、どんな魔法でしょうか。

走らされて、苦しいアナタを助ける為の魔法です。

つまり、滞空時間は長いんだけど、ボールが相手コートにバウンドしてからは、伸びてくれる、または滑って打ち辛くなってくれる。

滞空時間が長ければ、それだけ戻る時間が出来るということ、になりますよね。

バウンド後に相手が打ち辛いボールになれば、それだけ次の攻撃が難しくなる。

魔法をかけるショット、を打つんだと。

シングルスの試合で走らされた時には、この意識でいきましょう!

 

3.クロス方向に、回転量が多いストロークを

走って走って、追い付いて打つ。

難しいですよね、この技術。

ですが、回転量を多くする、という点だけ意識出来れば大丈夫。

例えば私は、バックハンド側に走らされたらスライスで返球が多いんですが、いつもよりラケットをしっかり高く掲げます。

テイクバックで、高い準備をして、ボールをいつもより上から抑えるイメージで打つ。

スウィングは、上から下に、を大きくする感じですね。

普通のラリーの中でのスライスよりも、この違いを作る。

すると、どうでしょう。

いつもより、回転量が多いゆっくりしたスライス、が打てるんです。

男性の方であれば、ぜひ身に付けて欲しい守備のテクニックの一つ、ですね。

 

4.フォアハンド側で走らされたら・・・?

本当に厳しいならスライス、少し余裕があればスピン、でいきましょう。

スピンのストロークも、回転量が多くなればスピードは落ちます。

しっかりと下から上、に振ることを意識しましょう。

走らされて厳しい状態なら、あまり前にフォロースルーは確保出来ませんよね。

だったら、しっかり上に振り抜いて、高い位置まで振り切る、フィニッシュする。

この意識だけ、でだいぶ変わりますよ。

アウトするくらいの軌道、でも回転をしっかりかければスピンは変化して入ります。

高い軌道で、しっかり戻る時間も確保しましょう。

 

戻る時間を確保しつつ、相手に連続攻撃させない。

これがテニスにおける守備の基本、ですね。

走らされて、どんなショットを選択するのか。

これは、アナタ自身のテニスの実力そのもの、です。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合に必要なストローク、バウンド後の伸びをアップする方法5つ

    シングルスの試合、欲しいのはストロークの伸び・・・ですよね。バ…

  2. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る

    シングルスの練習、皆さんはどんな意識でやってますか?「自分一人…

  3. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

    シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスのラリー戦では、「チャンスを引き出すボール」を自分の武器として磨いていこう!

    シングルスの試合で、アナタの武器は何ですか?フォアハンド?ネッ…

  6. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう…
  2. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「日記ってスゴイ」テニスの試合で強くなるには、自分を見つめ直し続けること
  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手のショートクロスを潰したいなら、「ネットプレーでセンター」に詰めないと
  5. ストローク

    バックハンドに高く弾むボール、をなぜ打たれるのか?
PAGE TOP