テニス ストローク

ストローク

ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう

ストロークで実力差があると、どうしても受け身になって「走らされる」ことはあると思います。

しかし落ち着いて対応できれば、何も怖くありません。

一番まずいのは、焦って逆転を狙うこと。

テニスはそんな甘いスポーツではありません。

 

ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう

 


 

■テニスは一発で形勢逆転が難しいスポーツ

テニス、ソフトテニス、バドミントン、卓球・・・ネットを挟んで打ち合うスポーツは、目まぐるしく攻守が入れ替わります。

プロ選手の試合では華麗なカウンターを観る場面もありますが、基本的に挽回は少しずつ。

イーブンに戻すまでは、我慢のプレーが必要であるということを理解しましょう。

 

■時間を作るボールを、何種類持ち合わせていますか?

スライス、ムーンボールなど、アナタは走らされたときにしっかり時間を作れていますか?

テニスはサッカーやバスケのようにボールキープをできるスポーツではないので、必ず相手に打ち返さないといけません。

であれば、どんなボールを返すかを考える。

しっかり自分がポジションに戻れるような時間を作れる、そんな球種が試合では求められます。

 

■どこかで相手の「癖」を見抜いて、試合終盤に備えたい

いつまでも守ってばかりでは、体力も消耗してしまいます。

相手の配球、打つコースの癖を「走りながら」もしっかり読み解くようにしましょう。

同じ大会に出ている訳ですから、相手と自分でそこまで差は無いはず。

癖を見抜いて、しっかりコース読んで動けたときには反撃の狼煙を上げましょう!

 

我慢のテニスは、正直しんどい。

体力的にもそうですが、周りから「あぁ・・・アイツかわいそうだな・・・」という目線も辛い。

でもやっぱり試合に勝ちたければ、強い相手に粘るプレーは必要です。

イーブンに戻すボールと、癖を見抜く眼力、養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

    試合で重たいスライス、打って前にアプローチ・・・理想ですよね。…

  2. ストローク

    テニスの試合でロブが使えないと、「アナタが打てるスペース」はどんどんせまくなっていく

    速いショットで相手を追い込んで、オープンスペースにバシッと決める。…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合、「緊張する場面でストロークでコントロールが悪い人」は、肘の位置を修正するとコンパクトに…

    試合の緊張する場面では、ストロークが急に崩れてしまったりしてパニックに…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    「片手バックハンドストロークでトップスピンがかからない・・・」人は、グリップチェンジと打点をしっかり…

    学生の皆さんの中で、片手バックハンドストロークを得意にしている人、どれ…

  5. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕」を持って返球したい…

    スライスのストロークやボレー、皆さんはしっかり「返球」出来ていますか?…

  6. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つの理由

    スポーツは、基本に始まり基本に終わる。常に意識はしていても、ス…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 走力

    サーブ

    テニスの試合で、「身長が低いけど、とにかく足が速い選手」を相手にしたときに、有効…
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?
  3. テニス 言葉

    フットワーク

    テニスの試合で流れを変える、「超攻撃的守備」を実現させる為の4つの発想
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスのサーブを考えるなら、ノータッチエースより「相手に触らせる」ことを意識し…
  5. テニス 駆け引き

    練習メニュー

    チームの練習で、「駆け引きを磨く練習メニュー」を実践したい人は、球出し側に選択肢…
PAGE TOP