テニス ストローク

ストローク

ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう

ストロークで実力差があると、どうしても受け身になって「走らされる」ことはあると思います。

しかし落ち着いて対応できれば、何も怖くありません。

一番まずいのは、焦って逆転を狙うこと。

テニスはそんな甘いスポーツではありません。

 

ストローク戦で「先に走らされてるな・・・」と感じたら、ラリーの中でイーブンに戻すことを意識しましょう

 


 

■テニスは一発で形勢逆転が難しいスポーツ

テニス、ソフトテニス、バドミントン、卓球・・・ネットを挟んで打ち合うスポーツは、目まぐるしく攻守が入れ替わります。

プロ選手の試合では華麗なカウンターを観る場面もありますが、基本的に挽回は少しずつ。

イーブンに戻すまでは、我慢のプレーが必要であるということを理解しましょう。

 

■時間を作るボールを、何種類持ち合わせていますか?

スライス、ムーンボールなど、アナタは走らされたときにしっかり時間を作れていますか?

テニスはサッカーやバスケのようにボールキープをできるスポーツではないので、必ず相手に打ち返さないといけません。

であれば、どんなボールを返すかを考える。

しっかり自分がポジションに戻れるような時間を作れる、そんな球種が試合では求められます。

 

■どこかで相手の「癖」を見抜いて、試合終盤に備えたい

いつまでも守ってばかりでは、体力も消耗してしまいます。

相手の配球、打つコースの癖を「走りながら」もしっかり読み解くようにしましょう。

同じ大会に出ている訳ですから、相手と自分でそこまで差は無いはず。

癖を見抜いて、しっかりコース読んで動けたときには反撃の狼煙を上げましょう!

 

我慢のテニスは、正直しんどい。

体力的にもそうですが、周りから「あぁ・・・アイツかわいそうだな・・・」という目線も辛い。

でもやっぱり試合に勝ちたければ、強い相手に粘るプレーは必要です。

イーブンに戻すボールと、癖を見抜く眼力、養っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    「前足?後ろ足?」テニスのストロークは素早い攻守の切り替えが必要なので・・・

    ストロークの時、足からパワーをもらってボールを打つんだけど、前足と後ろ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる

    手堅い並行陣、をどう崩していくのか。ベテランプレイヤー、は本当…

  3. ストローク

    「ハードコートでのストローク戦がきつい!」ヘビーなトップスピンストローカーへの対策4つ

    錦織選手のストロークの魅力の一つは、バウンド後も勢いを失わないストロー…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で、「ドロップショットが拾われて決まらない・・・」人は、回転の質をチェックしてみましょう…

    シングルスの試合、生粋のストローカーを相手にしたときには、前のスペース…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「前は得意だったフォアハンドストロークが、おかしい・・・」と感じたら、意識して欲しいこと

    テニスを始めた頃は、ストロークの中でもバックハンドが難しい。そ…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    強烈なスピン回転のストロークに対抗するには?

    全仏オープンの試合を観ていると、強烈なスピンのストロークは本当に厄介。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    スマッシュ

    身体を後ろに傾けて打つスマッシュ、が実は9割
  2. テニス メンタル

    ボレー

    ただつなぐだけのボレーでも、同じ構えからドロップボレーが打てれば試合で相手の脅威…
  3. 練習メニュー

    「限界のその向こう」へ導くテニスの練習には周りの声掛けが大切!
  4. 日々の雑記

    人を動かす、変えていくのは、いつだって「感動」じゃない?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「バックボレーが全然分からない!」人は、逆クロスから練習すると感覚掴みやすいです…
PAGE TOP