テニス ミーティング

メンタル

みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない

大坂なおみ選手の優勝、その表彰式が物議を醸しています。

私自身、何が正しいのか、どうあるべきなのか・・・を考えてみました。

色々な価値観、考え方があると思います。

もし答えがあるとすれば、これなのかな・・・と。

それは、ニューヨークの大きな大会だけじゃない、私たちの身近で行われている大会、でもそうなんです。

 

みんなが望む結果は、テニスの試合では得られない

 


 

1.高校3年、最後の大会

私個人では、思い出深い試合は高校生最後の大会。

インターハイ予選で、個人戦。

負けたら引退、勝っていけば、それだけ部活生命が伸びるという感じ、経験した方も多いと思います。

ある程度勝っていけば、戦う相手ってもう顔なじみの相手なんですよね。

高校3年間、一緒にしのぎを削ってきた相手。

中学からなら、6年間ですかね。

そんな相手と試合をして、負けた方が引退。

その選手を応援する後輩や家族、仲間・・・。

結局、どちらかの選手が負けて、一旦テニスを引退する。

こういう試合って、当たり前ですが全員が望む結果なんて無い。

残酷ですが、これが試合なんですよね。

 

2.スポーツの試合は、SHOWとは別

アメリカのニューヨーク、華やかな舞台。

私たちはつい、錯覚してしまいますが、あそこで行われているのはスポーツの試合、です。

ですので、勝者が生まれ、敗者も生まれる。

そのシナリオは、試合前は誰も分からない。

だからこそ、胸が躍るしワクワクする。

決められた演目を行うSHOWとは違う、だからこそ、残酷でもある。

女子シングルスの決勝の後の雰囲気は、確かに異常な雰囲気。

でも、そうなってしまう、その結果を自分で作り出すのが、テニス選手の仕事なんです。

 

3.誰かを悲しませる、ことを受け入れよう

規模は比較にならないですが、1.で書いたような試合でも同じ。

地方大会、高校生の試合、でもその選手や仲間にとっては、大事な節目の試合になる。

自分が勝てば、誰かが悲しむ、辛い想いをする。

それは、仕方のないことなんです。

どんなに優秀なコーチでも、神様でも、全員を勝利させることは出来ない訳ですから。

一歩間違えば、自分が反対の立場になって引退しないといけない。

そうならないように、必死であがいて、もがく。

そんな試合が出来るから、テニスは価値があるんだと私は信じています。

大げさな話でも何でもなく、これはこれからみなさんが歩んでいく未来、テニスなんです。

 

4.アナタ自身が、何を望むのか?

そして、今日のテーマはこれです。

アナタ自身が、何を望むのか。

これを明確にしておくことが、アナタ自身にとっても一番大事なこと。

試合に勝てるような選手になり、誰かを悲しませることがあっても、結果を出したいと願えるかどうか。

意志を強く、持てるかどうか。

みなさんの試合でも、勝ち上がっていけばたくさんの人が応援してくれる。

同時に、相手の応援も増える。

背負っていくもの、が大きくなる。

ものすごいプレッシャーに押しつぶされそうになっても、「これは自分が望んだことなんだ」と思えるかどうか。

私は、そこが一番大きいポイントだと思います。

 

「あの表彰式について、どう思いますか?」というご質問、何件か頂きました。

答えになっていないと思いますが、私はこう感じました。

「人間臭い表彰式、テニスの試合だったな」と。

もちろんセリーナ選手の行為は罰せられるべきでしょうし、観客のマナーも悪かったのかもしれない。

でも、あれがテニス、なんです。

大坂選手は、もっともっと大きな渦の中にこれから入っていく。

私たちも、負けてられません。

誰かを批判するより、自分を磨く。

私たちには、私たちの戦いがあることを、忘れてはいけないでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに真剣に取り組んでいれば、批判に対するタフさは自然に身につく

    皆さんも、これからテニスを続けていけば色々な経験をする。時には…

  2. テニス 客観視

    メンタル

    試合の中で良い流れを手放したくなければ、「テニスの基本」を徹底することを貫こう

    テニスの試合、調子や流れは行ったり来たり。だからこそ、アナタ自…

  3. テニス ウェア

    メンタル

    試合後の君のテニスウェアは、しっかり汚れているだろうか?

    ふと、思い出してみる。自分の小学生時代を。きっかけは、…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    調子が悪い時に、自分を追い込んでませんか?

    試合の序盤に、自分の調子が悪いと感じる。問題は、そこからです。…

  5. テニス 観察

    メンタル

    テニスを通じて、「もっともっと強くなりたい」と思えるアナタの心こそ、既に強いということ

    「夢中になっている」という経験、アナタにはありますか?もしかし…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスにおいては、「プレッシャーの中でのボールコントロールこそ、実力」という意識が大事

    練習で強い人、良いボールを打てる人は五万といる。テニスの世界で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」か…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い
  3. ボレー

    意表を突いたボレー、が効果的な場面は?
  4. テニス メンタル

    メンタル

    指示や指導で、基本人は動かないしテニスも変わらない
  5. ストローク

    打点が遅れたと感じたら、前ではなく上方向に振り抜こう!
PAGE TOP