テニス メンタル

その他

「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

大会で、勝ち進んでいくということ。

みなさんにとって、これは目指しているべきところだと思います。

テニスの試合、個人戦が基本ですよね。

その個人戦で勝ち進んでいくということは、当たり前ですが自分に負けた人を増やしていく、ということ。

厳しいようですが、その覚悟、はアナタ自身にあるでしょうか?

 

「試合を勝ち進んでいく」ということは、敗者の想いを背負っていくということ

 


 

1.時代は、変わった

私は、思うんです。

昔はインターネットも無かったから、実績を調べることなんてほとんど出来なかった。

試合会場で、手書きのトーナメント表、があるくらいでしたよね。

でも、今はどうでしょう。

「名前 テニス」で検索すると、面白いように試合結果はたくさん出て来ます。

勝った試合もあれば、負けた試合もある。

そして、自分が負かした相手だって、世の中に示されている。

考えなくても良いこと、なのかも知れませんが、私はそこに責任が生まれて来ると思っています。

 

2.自分が勝った相手、の想いまで背負っていこう

試合会場でも、そうだと思います。

自分が勝った相手が、自分の試合を応援してくれているようなこと、よくありますよね。

応援されないまでも、「自分に勝ったあの人、どこまでいったかな・・・」というのは、気になっているはず。

アナタ自身、自分の試合なんだし好きにやらせてくれ!と思うかも知れません。

それも、一つの考え方。

ですが、自分が強くなるための考え方としては、どうでしょう。

自分が負かした人の為に頑張る、というのも、悪くない考え方だと思いますよ。

 

3.恥ずかしくない試合をしたい、と思えたら強い

こういう人って、目が違う。

自分にとって、そして仲間や負かしてきた相手に恥ずかしくない試合をしたい、と思っている相手は、強い。

目線が落ち着いているし、メンタルも研ぎ澄まされているような雰囲気、を感じることが出来る。

勝ちたいのはもちろんだけど、「なんだ、アイツはこんな相手に負けたのか」と、対戦相手に思われたくない。

勝ち続けているアナタの背中には、そこまで倒して来た相手より強い、という称号がある訳ですから。

胸を張って、堂々と。

恥ずかしくない試合をする、ことに集中出来れば大丈夫。

気負う必要は無いですけど、アナタ自身が意識するべきところはそこ、だと思いますよ。

 

4.だから「アナタに勝ちたい!」と言われるようになろう

尊敬される、人から認められている人って、みなさんの周りのテニス仲間にもいると思います。

「この人に、勝ちたい!」と、思える人。

そういう人に、アナタ自身なって欲しい。

いや、気付かないだけでもうそ思われている人も、読者のみなさんの中にはたくさんいることでしょう。

人から目標にされる、ということは、アナタ自身の人生にとって財産でしかない。

テニスが上手い、下手、そういう問題じゃないと思うんですよね。

人の想いを背負って、目の前の試合を一生懸命、必死で頑張る、やり切る。

その先に、きっとアナタ自身がなりたい自分、大会を勝ち抜いていく選手、になれるはずです。

 

個人戦ですけど、ある意味団体戦。

私は、テニスの試合ってそういう要素もあると思うんですよね。

決勝戦がAという選手とBという選手の試合なら、Aに負けた人たち対Bに負けた人たち、の想いを背負った戦いでもある。

ちょっと大げさな考え方かもしれないですけど、それくらいの責任感があるから、試合は楽しい。

そう思いませんか?

ピックアップ記事

  1. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. メルマガ配信、登録を開始します!
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるようになる

    まだまだ、暑さが続く日もある。皆、ちゃんと身体を暑さに慣らして…

  2. テニス フットワーク

    その他

    テニスの試合では、「体力が低下すると思考能力も著しく低下する」ことを覚えておこう

    試合で激しく体力を消耗したときのこと、アナタは覚えていますか?…

  3. テニス 環境
  4. テニス メンタル

    その他

    テニス選手としての洞察力を養うには、「日頃から相手の立場で考える」癖を付けるのが一番効果的

    試合の中で相手を観察し、洞察して試合の勝ちにつなげる。その為に…

  5. テニス 粘り

    その他

    テニスの試合で、相手に攻撃される!と感じたら慌てずに、「逃げのコース」をイメージしておくこと

    相手の攻撃を、どう凌ぐか。テニスはネットを挟んで打ち合うスポー…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ボレーが手堅い並行陣ペアは、どうやって崩そう?
  2. シングルス

    深いコース、の後に同じコースに浅く!
  3. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと
  4. その他

    第1回 読者ミーティング 無事終了しました!
  5. テニス ストローク

    ストローク

    並行陣相手でも怖がらずに、ショートクロスのときこそラケットを振り切っていこう
PAGE TOP