テニス メンタル

メンタル

全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず

テニスをやってきて、良かったなと思うこと。

もしかしたら、テニスコート上では感じ辛いことかも知れませんね。

だって、勝つ試合寄りも負ける試合、の方が多いし印象には残っている。

試合の中で経験してきたこと、これからも経験していくこと。

ただし、アナタ自身が「全力」というのが大前提です。

 

全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず

 


 

1.試合に出る、という経験は誰にでも出来ることじゃない

「テニスを頑張っています」という方。

私の周りでも多くいらっしゃいますが、一つだけ、私の中での流儀があります。

誤解を恐れずに言えば、頑張っている人とは「試合に出ている人」。

試合に出ていないけど、頑張ってます、という方もいるでしょう。

でも、それはどこかで自分に対する甘え、があると思うんです。

結果を知りたくない、自分では頑張っていると思うことが、否定されるのが怖い。

頑張っている人とは、試合に出ている、出続けている人。

だと、私は思います。

 

2.なぜ、テニスの試合は辛いのか?

色々あると思いますが、個人競技という点。

それから、自分からサーブを打って試合を始めますが、このサーブ自体がまずテニスは難しい。

サーブが入らないと、失点になりますからね。

ダブルフォルトが嫌、だから試合に出ない、テニスが辛いという人も多いと思います。

これを乗り越えるのって、大変ですよ。

自分から事を興して、相手を攻撃していかないといけない。

辛いことが多い、だからこそ成長出来るのがテニスの試合なんです。

 

3.「あの試合に比べれば、大したこと無いな」と思える幸せ

私自身、テニス以外で難しいことはあります。

仕事でつまずいたり、病気でしんどかったり・・・みなさんも当然、今目の前にあることだと思います。

でもやっぱり、私たちにとってラッキーなのはテニスの試合を経験してきた、ということなんですよね。

「あの試合に比べれば、これは軽いもんだ」と、どこかで思える。

ちょっとしたことですが、私はこういう思考に何度も救われたんですよね。

そして、また新しい経験が、私たちには待っている。

仕事やプライベートでで厳しい経験、をすることも大事。

ですが、私たちにはそれ以外で経験値を詰める場所がある。

それだけで、すごく心強いしラッキー、なことでしょう。

 

4.ただし、全力で取り組むことが大前提

「テニスにそんなに本気になって、どうするの?」と、思われても良い。

とにかく、全力で試合に出る、そのために自分を鍛える。

だからこそ、良い経験になるんです。

全力で取り組むからこそ、知恵が出るし主体的になれる。

中途半端にやっていると、3.のような発想になれないですからね。

全力でやること、は辛いですか?

いや、きっと中途半端な方が辛いでしょう。

そこに気付ければ、全力で成長出来ることって嬉しいし、ある意味楽なんです。

 

「いやでも、しんどいよ」と思っている方も多いと思います。

先々のことは考えられない、それでも良いです。

ただ、私たちはテニスを通じて学べる、学び続けることが出来る。

こんな特権、他に無いと私は思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  5. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…

関連記事

  1. メンタル

    格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿

    自分の本当の実力、どれくらいなんだろう。この疑問を常に持ち続け…

  2. テニス ミス

    メンタル

    「1本集中!」ばかり口癖にしていては、狼少年になる

    試合会場を見ていると、この声がいつも響き渡る。「1本集中!」…

  3. テニス 指導

    メンタル

    チャンスを活かせる人は、いつも気負い過ぎていない

    試合でチャンスを活かせる人。例えばたまにしか来ないようなブレイ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるときです

    皆さんは試合の中で、プレッシャーに押しつぶされそうになった経験、ありま…

  5. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  6. メンタル

    「苦手って思わないことが一番だけど・・・」テニスの試合で打点が遅れないようにしっかり練習!

    得意なショットと不得意なショットがある。でもそれはね、意外と最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    良いサーブの後に、人はなぜ力んでしまうのか
  2. テニス メンタル

    リターン

    「この一つの技術で勝てる試合が必ず増える」テニスでアドサイドからの逆クロスリター…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合、「アドバンテージサイドからのセンターへのサーブ」は、磨けば磨くほど…
  4. 戦術

    ミックスダブルスで、男性が女性を攻撃していく基本戦術について
  5. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこ…
PAGE TOP