テニス メンタル

メンタル

全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず

テニスをやってきて、良かったなと思うこと。

もしかしたら、テニスコート上では感じ辛いことかも知れませんね。

だって、勝つ試合寄りも負ける試合、の方が多いし印象には残っている。

試合の中で経験してきたこと、これからも経験していくこと。

ただし、アナタ自身が「全力」というのが大前提です。

 

全力でテニスを頑張れたなら、この先何だって出来るはず

 


 

1.試合に出る、という経験は誰にでも出来ることじゃない

「テニスを頑張っています」という方。

私の周りでも多くいらっしゃいますが、一つだけ、私の中での流儀があります。

誤解を恐れずに言えば、頑張っている人とは「試合に出ている人」。

試合に出ていないけど、頑張ってます、という方もいるでしょう。

でも、それはどこかで自分に対する甘え、があると思うんです。

結果を知りたくない、自分では頑張っていると思うことが、否定されるのが怖い。

頑張っている人とは、試合に出ている、出続けている人。

だと、私は思います。

 

2.なぜ、テニスの試合は辛いのか?

色々あると思いますが、個人競技という点。

それから、自分からサーブを打って試合を始めますが、このサーブ自体がまずテニスは難しい。

サーブが入らないと、失点になりますからね。

ダブルフォルトが嫌、だから試合に出ない、テニスが辛いという人も多いと思います。

これを乗り越えるのって、大変ですよ。

自分から事を興して、相手を攻撃していかないといけない。

辛いことが多い、だからこそ成長出来るのがテニスの試合なんです。

 

3.「あの試合に比べれば、大したこと無いな」と思える幸せ

私自身、テニス以外で難しいことはあります。

仕事でつまずいたり、病気でしんどかったり・・・みなさんも当然、今目の前にあることだと思います。

でもやっぱり、私たちにとってラッキーなのはテニスの試合を経験してきた、ということなんですよね。

「あの試合に比べれば、これは軽いもんだ」と、どこかで思える。

ちょっとしたことですが、私はこういう思考に何度も救われたんですよね。

そして、また新しい経験が、私たちには待っている。

仕事やプライベートでで厳しい経験、をすることも大事。

ですが、私たちにはそれ以外で経験値を詰める場所がある。

それだけで、すごく心強いしラッキー、なことでしょう。

 

4.ただし、全力で取り組むことが大前提

「テニスにそんなに本気になって、どうするの?」と、思われても良い。

とにかく、全力で試合に出る、そのために自分を鍛える。

だからこそ、良い経験になるんです。

全力で取り組むからこそ、知恵が出るし主体的になれる。

中途半端にやっていると、3.のような発想になれないですからね。

全力でやること、は辛いですか?

いや、きっと中途半端な方が辛いでしょう。

そこに気付ければ、全力で成長出来ることって嬉しいし、ある意味楽なんです。

 

「いやでも、しんどいよ」と思っている方も多いと思います。

先々のことは考えられない、それでも良いです。

ただ、私たちはテニスを通じて学べる、学び続けることが出来る。

こんな特権、他に無いと私は思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    アナタの周りに、「練習も試合も他人任せ」な雛鳥みたいな人、いませんか?

    学校で部活やサークルに所属していたときには、あまり感じなかったこと。…

  2. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかどうか?

    日本は調和の社会。どこか今あるもの、今まで踏襲してきたものや継…

  3. テニス 打点

    メンタル

    自分の実績を気にしてるのは、自分だけ

    テニスの試合で、自分のメンタルが弱いと嘆いているみなさん。それ…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    どんなに相手が強敵でも、人間の力に大差は無い

    テニスの試合、どうしようも無いくらいの実力者はいる。第一シード…

  5. メンタル

    「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタの負けです

    団体戦、いや個人戦でもあるかも知れませんね。相手の応援が大挙し…

  6. テニス ドロップショット

    メンタル

    「打たれる」から「呼び込む」に意識の変えることでテニスは強くなる!

    テニスが上手い人を見ると、いつも落ち着いているように見えます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスのサーブ&ボレーでスプリットステップする場所は?
  2. テニス ストローク

    ストローク

    クロス方向へ振り抜くストロークは、ボールの横を捕らえるから安定する!
  3. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「サーブで崩して次のボールから攻める」為に必要な意識…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、卒業しましょう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合において、強いリターナー側にこそ、「前衛がネット近くまでポ…
PAGE TOP