テニス ストローク

その他

テニスが楽しい、と思えている時は成長期

自分の練習が、苦しくても楽しい。

この楽しい、という感覚、最近はみなさんどうでしょうか?

試合にで始めてからは、練習も「苦しいこと」ばかりじゃないですか?

でも、それが楽しいと感じ始めた時。

それは、きっとアナタにとって最高の成長期かも知れませんね。

 

テニスが楽しい、と思えている時は成長期

 

1.楽しい、の基準が変わって来るはず

最初は、テニスを始めた頃は違ったと思います。

少しボールが飛ばせる、サーブが入る、だけでも楽しいし嬉しい。

周りの人も褒めてくれるし、試合にも出れるようになる。

でも、この楽しさが味わえるのも「外の世界を知るまで」ですよね。

試合に出る、ということは外の世界に出て自分に対して評価を下される、ということ。

その為の練習、になれば楽しいと感じることは少なくなる。

むしろ、苦しく頭を使うようなことばかり・・・になるはずなんです。

でも、そこに楽しさ、を見いだせるかどうか。

私は、アナタ自身の成長を計るうえで、大事なポイントだと思いますよ。

 

2.誤解される、楽しい=楽

楽しいという言葉、日本語って「楽(らく)」という字を使いますよね。

楽しいとは、楽なこと・・・という、ちょっとした誤解も生まれやすい。

もちろん、楽して楽しいこと、があればそれに越したことはないでしょう。

でも、試合に勝つ、勝てる選手になっていきたいなら、楽なことはむしろ少ないはず。

自分で考えて、自分で決断して評価を下される。

これを、楽しいと思えるかどうか・・・は、結局は自分次第。

周りから褒められるのではなく、自分で楽しさを見出していく、評価を受け入れる。

試合に出る為の練習、テニスが楽しいと思えている時は、間違いなく自分で自分を認めてあげることが出来ている時、でしょう。

そういう時間を、ぜひ大切にして欲しいと私は思います。

 

3.自分で考えるから、楽しいし面白いのがテニス

自分の舵は、自分で握る。

自分の行く先を、自分で決めていくから楽しいはず。

初心者のころから上達するまでは、ある程度周りの人がサポートしてくれて、道筋を立ててくれる。

その先、の道を楽しめるかどうかは、アナタのスタンス次第です。

正直、目に見えて何かが上達する、というのは難しいでしょう。

私だってそうです。

でも、パッと見変わらないようなところでも、日々自分なりに進化させていく、その過程が楽しいのがテニス。

サーブだって、去年だいぶ良くなった気がします。

良くなった、というのはより試合で効果的に使えるようになった、ということですね。

小さいことですが、自分で進化を感じられるかどうか。

楽しいと思える人は、こういう小さい気付きがある人でしょう。

 

4.試合に勝てないから上達していない、のは勘違い

私の周りでも、結構こういう人が多いように思います。

確かに、目に見えて分かる試合という結果で、成果が出ないと不安。

でも、実際には自分より上のレベルの試合にチャレンジしている人がほとんどですからね。

負けた試合、をもっとひも解いて見る必要がありますね。

競ったゲームは増えているのか?

サービスの確率は?

ブレイクポイント、どれだけ握れた?

出来るだけ、試合後の早い段階でテニスノートに書き出してみる。

可視化することで、勝敗だけに現れない変化、も感じ取れるはずです。

試合に勝つ前、までにいかに自信を自分で作れるか。

これも大事な、テニス選手としてのスキルですから。

 

試合に勝てないと、テニスも楽しくない。

当然だと思います。

勝って負けても、不快指数が変わらない人は、ちょっとおかしい。

でも、だからこそ「テニスが楽しい」と思える工夫は、待っていても降りて来ない。

アナタ自身で動いてこそ、楽しいと思えるようになるはず。

そして間違いなく、その期間で強いテニス選手に成長出来るはずです。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく

    俺がコーチしていた東京の大成高校男子テニス部がインターハイ東京都予選で…

  2. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります

    普段何気なく見ているテレビや、他のスポーツ、受けている授業・・・。…

  3. テニス 楽天

    その他

    「スポンサー様」という意識はプロテニス選手にだけ必要?いやいや、学生のみんなにも必要!

    高校生の頃、学校のコートを使って練習をしていた。たまに父親に他…

  4. テニス シングルス

    その他

    「T-PRESS」は、こんな環境で更新しています

    毎日サイトをご覧頂き、ありがとう御座います!Twitterでも…

  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合、「序盤にリードして少しずつ追いつかれてきた・・・」ら、アナタならどうしますか?

    テニスの試合、辛いときはどんなときですか?試合に負けそうなとき…

  6. テニス メンタル

    その他

    横幅が狭いテニスコートでの試合では、「極端にワイドやアングルをケアする戦術」が必要になります

    日本には様々なテニスコートがあり、試合も色々なコートで行われる。…

特集記事

  1. ストローク

    なぜ、ほとんどの人がストロークで「身体が開いてしまう」のかを解き明かす5つの理由…
  2. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り…
  3. テニス 守備

    スマッシュ

    スマッシュが入らなくて悩んでいる人は、「上方向に打つ」ことで全てが解決されるはず…
  4. テニス 雪

    メンタル

    メンタルの弱さとは、そのままアナタの意志の弱さである
  5. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方
PAGE TOP