シングルス

深いコース、の後に同じコースに浅く!

シングルスの試合で、使える攻撃パターン。

錦織選手も、この形でよくポイントを取っている形で、ぜひみなさんにも実践して欲しい形。

ドロップショットを逆クロス、に打って逆を突く形。

フォアハンドで使えるイメージが出来れば、難しくないですよ。

ぜひ、初級者の方も試してみて下さい!

 

深いコース、の後に同じコースに浅く!

 


 

1.まずはフォアハンドで逆クロス、でバックを攻める

シングルスの試合、まずは主導権を握りたい。

相手のショットが少しでも浅くなったら、まずフォアハンドの逆クロスで同じ右利きの相手のバックハンド、を狙いましょう。

左利きが相手でも、同じで良いと思います。

赤側、がアナタ側だと思って見て下さい。

まず1本、しっかり深く逆クロスに打つ。

その返球を、しっかりフォアハンドで回り込んで構えること、が大事です。

シングルスの試合は、とにかくこういうポイントを増やしましょう。

武器は、基本フォアハンド。

ここで自分のフォアハンド側を空けておいて、相手に打たせてチャンスを拡げる。

早いテイクバックでしっかり構えると、相手は「ダウンザラインもあるかも・・・」と、コースが読めない。

こういうポイントを増やせば、シングルスの試合は楽に主導権を握れます。

 

2.相手をバック側に動かした後は・・・?

相手を深いボールで、バック側に動かした後。

相手は、何を考えるでしょうか?

やはり、シングルスですからまず戻ろう、ポジションを戻して守ろうとしますよね。

フォアハンド側に体重を乗せて、センター近くまで戻る感じになると思います。

ここで、アナタの必殺技、ドロップショットを繰り出します。

通常は、ココ↓を狙いたくなると思うんですが、あえて狙いません。

相手も想定してますし、前とはいえ「戻ろうとしている方向」ですので、加速が良い。

相当厳しいコースじゃないと、逆にカウンターを喰らってしまうでしょう。

ですので、狙いはココ↓です。

あえて、深いコースと同じコース、の浅い場所。

ここに、フォアハンドの逆クロスのような形で、ドロップショットを打つ。

逆を突かれた相手は、一瞬反応が遅れると思います。

それに、右利きの方であれば、浅い場所のバックハンドでの処理になりますからね。

何も恐れる必要は無いでしょう。

少し甘くなって、相手に触られてもOK。

逆を突いている利点を活かして、アナタ自身も前に出ましょう!

 

3.最後はネットで勝負!が基本

ドロップショットを打ったら、この心意気で。

最後は、ネットでボレー戦で勝負をつける。

しっかり前に入っておかないと、相手のドロップショットでのカウンターもありますからね。

ドロップショットを打つ、のと前に出る動きはセットにして考える。

これがシングルスの試合での大事なポイントです。

前に入ることが出来ていたら、相手の甘い返球をすぐに返球出来て、自然と良い攻撃が出来る。

相手はとにかく、どんどん時間を奪われていくようなイメージですね。

余裕を与えない、逆を突いて、意表を突く。

このイメージで、ぜひ作戦を実行してみて下さい。

 

錦織選手も、この形でよくポイントを取っています。

フォアハンドの大きな構えから、浅く逆クロスにドロップショット、効きますよね。

ぜひ、アナタ自身もモノにして、試合で使ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 格上相手

    シングルス

    シングルスの試合で勝てない人は、「ストロークで崩しても前にいない」だけの話かも・・・

    シングルスの試合を観ていると、テニスは本当にポイントを「締める」技術が…

  2. テニス 調子

    シングルス

    今出来るテニスで精一杯戦うことは、アナタが思っている10倍は難しい

    自分が出来るテニスを、やり切ること。言葉では簡単なようで、何と…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  4. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない

    もうすぐ全豪オープンも本戦開幕。いよいよ、今年もテニスシーズン…

  5. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、走らせるショットを打った後が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れ…

  6. テニス 戦術

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で有効な「ドロップショットとロブボレー」の黄金の組み合わせ

    テニスのシングルスの試合は、どうしてもストロークラリー主体で一定のリズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    サーブの威力とコントロールを両方アップさせるには、「相手コートに背中を向ける」だ…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ジャンプしてのフォアハンドストロークは、しっかり膝を曲げて厚いグリップで!
  3. その他

    相手の声に、惑わされるな
  4. テニス リターン

    ストローク

    攻撃的なスピンストロークを、安定させる要素5つ
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
PAGE TOP