シングルス

深いコース、の後に同じコースに浅く!

シングルスの試合で、使える攻撃パターン。

錦織選手も、この形でよくポイントを取っている形で、ぜひみなさんにも実践して欲しい形。

ドロップショットを逆クロス、に打って逆を突く形。

フォアハンドで使えるイメージが出来れば、難しくないですよ。

ぜひ、初級者の方も試してみて下さい!

 

深いコース、の後に同じコースに浅く!

 


 

1.まずはフォアハンドで逆クロス、でバックを攻める

シングルスの試合、まずは主導権を握りたい。

相手のショットが少しでも浅くなったら、まずフォアハンドの逆クロスで同じ右利きの相手のバックハンド、を狙いましょう。

左利きが相手でも、同じで良いと思います。

赤側、がアナタ側だと思って見て下さい。

まず1本、しっかり深く逆クロスに打つ。

その返球を、しっかりフォアハンドで回り込んで構えること、が大事です。

シングルスの試合は、とにかくこういうポイントを増やしましょう。

武器は、基本フォアハンド。

ここで自分のフォアハンド側を空けておいて、相手に打たせてチャンスを拡げる。

早いテイクバックでしっかり構えると、相手は「ダウンザラインもあるかも・・・」と、コースが読めない。

こういうポイントを増やせば、シングルスの試合は楽に主導権を握れます。

 

2.相手をバック側に動かした後は・・・?

相手を深いボールで、バック側に動かした後。

相手は、何を考えるでしょうか?

やはり、シングルスですからまず戻ろう、ポジションを戻して守ろうとしますよね。

フォアハンド側に体重を乗せて、センター近くまで戻る感じになると思います。

ここで、アナタの必殺技、ドロップショットを繰り出します。

通常は、ココ↓を狙いたくなると思うんですが、あえて狙いません。

相手も想定してますし、前とはいえ「戻ろうとしている方向」ですので、加速が良い。

相当厳しいコースじゃないと、逆にカウンターを喰らってしまうでしょう。

ですので、狙いはココ↓です。

あえて、深いコースと同じコース、の浅い場所。

ここに、フォアハンドの逆クロスのような形で、ドロップショットを打つ。

逆を突かれた相手は、一瞬反応が遅れると思います。

それに、右利きの方であれば、浅い場所のバックハンドでの処理になりますからね。

何も恐れる必要は無いでしょう。

少し甘くなって、相手に触られてもOK。

逆を突いている利点を活かして、アナタ自身も前に出ましょう!

 

3.最後はネットで勝負!が基本

ドロップショットを打ったら、この心意気で。

最後は、ネットでボレー戦で勝負をつける。

しっかり前に入っておかないと、相手のドロップショットでのカウンターもありますからね。

ドロップショットを打つ、のと前に出る動きはセットにして考える。

これがシングルスの試合での大事なポイントです。

前に入ることが出来ていたら、相手の甘い返球をすぐに返球出来て、自然と良い攻撃が出来る。

相手はとにかく、どんどん時間を奪われていくようなイメージですね。

余裕を与えない、逆を突いて、意表を突く。

このイメージで、ぜひ作戦を実行してみて下さい。

 

錦織選手も、この形でよくポイントを取っています。

フォアハンドの大きな構えから、浅く逆クロスにドロップショット、効きますよね。

ぜひ、アナタ自身もモノにして、試合で使ってみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

関連記事

  1. テニス 打点

    シングルス

    テニスの練習で簡単に諦める人が、試合でボールを追える訳が無い

    試合は練習のように、練習は試合のように。と思っていても、なかな…

  2. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ

    シングルスの試合、みなさんも出たり観たり、たくさんして来たと思います。…

  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    全豪オープンでジョコビッチ選手を苦しめた「センター返球セオリー」は、シングルスで有効な戦略です

    今年の全豪オープン、圧倒的な強さを見せつけたジョコビッチ選手ですが、唯…

  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合で浅いボールは、一貫して相手の逆を突こう

    プロ選手の試合を見ていると、シングルスの試合での攻撃にリズムがある。…

  6. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    隣のコートからボールが入って来たくらいで、自分のリズムは崩さない覚悟を
  2. フットワーク

    「ナイス反応!」にはポイントがある!テニスの試合で必要な反応における大原則
  3. テニス ストローク

    リターン

    リターンのポジション、シングルスとダブルスで違う?
  4. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「ミスしないで・・・」とアドバイスした時点で、ミスへの序章が始まる
PAGE TOP