テニス ダブルス

ダブルス

サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

ダブルスでサーブ&ボレー、と言えば並行陣。

確かにそうですが、その形に凝り固まっていても、試合では勝てない。

正攻法、は相手にとってもプレーしやすいですからね。

もっと発想を柔軟にして、ダブルスの試合でサーブ&ボレーからどんな作戦が出来るのか、考えてみませんか?

きっと、ダブルスの試合での視野が拡がると思いますよ。

 

サーブ&ボレーを、もっともっとダブルスで有効活用する発想とは?

 


 

1.サーブ&ボレー、だけど前衛が動いて良い!

並行陣、サーブ&ボレーがメインになると、つい「ファーストボレーまで、サーブの選手が」と、考えてしまいませんか?

間違いではありませんが、前衛が動いてはいけないというルールは無い。

むしろ、リターン側の選手の立場に立ってみると、「よし!沈めてやるぞ!」と息巻いて待ちかまえている訳ですからね。

沈めようとしたボールは、ネット際まで出て前衛がポーチで叩く。

サーブ&ボレー、のボレーをサーブの選手にさせない、というのも立派な作戦です。

前衛が動く、のがダブルスの何よりの基本ですからね!

 

2.ファーストボレーから、ストレートへ展開もOK!

つい、ファーストボレーは確実にいきたくなる。

クロスへ深く返して、その次は・・・と考えてしまう。

でも、それってもったいない話。

せっかく最初からチャンス、浮いたボールが来たら、どんどんストレートに打って良い。

もしくは、厳しく沈められたら、ドロップボレーで切り返しても良い。

ファーストボレー=深くクロスに、だけだと自分で自分を苦しめてしまうんですよね。

たくさんのバリエーション、があっても良いんです。

 

3.変則陣形、サーバーだけサービスダッシュ

これは、試合で「どうにも手が無くなった時」にやるケースがあります。

サーブ側のペアが2人ともベースライン、その後サーブの後に、サーブを打った選手だけが前に出る。

サーブ&ボレーなんですけど、前衛がいないんです。

前衛をあえて置かないで、相手をかく乱する。

相手が慌ててストレートに打ってくれたりすると、それはそれでしめたもの。

クロスに良いリターンが続く時とか、オススメです。

サーブ&ボレー、そのまま変則陣形というのも、ダブルスでは有りです。

 

4.相手にロブを上げさせる、のが3回戦までの基本

実は、ダブルスでは3回戦くらいまでは相手も並行陣に慣れていない。

サーブ&ボレー、よりもサーブ&スマッシュ、が多いはずなんです。

これは、アナタ自身意識して欲しいポイント。

前に出ることで、相手は逃げるようにロブを上げてくれる。

だからこそ、スマッシュの準備を前衛と一緒にしておく、ことが大事なんですね。

綺麗な並行陣でポイント、よりもいかに「ロブを上げさせて、仕留めるのか」が肝。

サーブ&ボレーは、初中級レベルの相手からはロブを引き出す作戦、ですから。

 

とにかく、まずはやってみること。

サーブを打って前に出る、やられたって気にしない。

最初から上手くはいかないですからね。

陸の上で泳ぎの練習をしても、成長は遅い。

まずは海に飛び込んでみて、もがきながら前に進んでいくこと。

サーブ&ボレー、まだまだ色々出来ますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう

    ダブルスの試合で、ちょっとしたことだけど大事なこと。その一つは…

  2. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合で「ダブルスの雁行陣の弱点」は、学生プレイヤーの皆さんにも覚えておいて欲しい

    「雁行陣」という言葉が、テニスにはあります。前衛と後衛が、はっ…

  4. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    2バックで粘るダブルスは、「深いセンターへのボレーとアングルボレー」を組み合わせて崩そう!

    私が学生時代に経験して、衝撃だったこと。それは、体育会テニス部…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ダラダラ並行陣、ハイ卒業!

    ダブルスの試合を観ていて、感じること。並行陣でせっかく前を取っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ダブルス

    相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    試合で使える「回り込みフォアハンドストローク」を鍛える、クロスラリーの基本メニュ…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「深いボールをフォアハンドストロークで切り返す!」為に必要な、額から頭の後ろに抜…
  4. ロブ

    前に入りながらロブ、が攻撃的なテニスの基本
  5. テニス 予測

    メンタル

    「今日を変えないと、明日は変わらない」ことに気付いた人から、テニスも強くなる
PAGE TOP