メンタル

空気を読んで、それを壊せる人が試合でも強い

独特な雰囲気だけど、試合に強い人。

テニスプレイヤーでは、結構多いと思いませんか?

周りと仲が良いように見えて、いきなり何か動き出して、周りはつかみどころが無い。

こういう人が、試合でも強いんです。

 

空気を読んで、それを壊せる人が試合でも強い

 


 

1.空気が読めるだけ、でもダメ

客観的で、合理的に。

このキーワードで言えば、まず空気は読めないといけない。

今、みんなが何を考えているのか。

対戦相手、パートナー、試合を観ている観客の立場に立って考えられることは、最低限必要です。

でも、勝ちたいならそれだけじゃダメ。

ここまでは、ほとんどの人が慣れてくれば出来るようになる。

大事なのは、その空気を自ら壊すことです。

 

2.空気を読んでいると、相手の脅威にはなれない

試合では、相手の嫌がることをしないといけない。

それも遠慮なく、続けてこそやっとポイントが取れる。

でも、空気を読んでそれだけ、の人が多いと思いませんか?

ともすれば、相手に同情するような気持ち、を持ってしまう。

空気を読む、という行為は勝負の現場では危険なんです。

その後、相手の脅威に自分がならないといけないですから。

思い切り空気を壊す、ということを、アナタ自身から興していかないと試合では勝てないんです。

 

3.アナタの作戦は、読まれているし想定内

だと考えた方が良いでしょう。

試合では、アナタ自身の考えは相手にバレている。

普段から空気を読んだ生活をしていると、「相手が望む通り」にやることが癖になってますからね。

かなり意図的に、空気を壊すようなプレーを入れていかないといけない。

そのために必要なのは、実力じゃありません。

勇気、です。

孤独を受け入れてリスクを負う勇気、が試合を動かしていくんです。

 

4.勝ち上がるということは、何かを壊していくということ

アナタ自身も、きっと勝ちたい相手、はいるでしょう。

それが部内の同級生かもしれないし、スクールでのライバルかもしれない。

でも、アナタ自身が新しい実力を示して勝つ、ということは、何かを壊していくということ。

今の関係値、勢力図、壊していかないと変わらないですからね。

試合に出る、勝つとはこういうこと。

何となくでしか思っていないから、みんな怖くて空気を読んでしまうんです。

 

感じて、考えて、壊す。

これは、試合の中で必要なルーティーンです。

それはまさに、非日常の世界。

厳しいですが、だからこそ、楽しいとも言えますよね。

何かを守るのではなく、新しく創っていく戦いですから。

暑い毎日が続きますが、無理せず頑張っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「ホントのテニスを楽しもう」試合で駆け引きを使えるようになってからが本当の勝負!

    テニス好き?好きだから皆、テニスを毎日頑張っているんだろうね。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

    客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。それは、…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

  4. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう

    試合に勝ちたい、勝てるようになりたい。テニスを始めて、少しずつ…

  5. メンタル

    勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない

    テニスの実力で、もう一歩、次のステージに進みたい。そう考えてい…

  6. テニス 準備

    メンタル

    試合前5分で完了する、スタートダッシュに必要なメンタル準備

    試合前、緊張感が高まる場面をどう過ごすのか。試合が始まるまさに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ロブ

    相手のスマッシュをミスに追い込む、シンプルな方法は?
  2. 戦術

    自分の試合の中で、「ここでテニスのギアを上げたい!」と思ったときに実践出来ること…
  3. テニス スライス

    ボレー

    相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう
  4. テニス ボレー

    リターン

    超スローサーブ、苦手にしてない?
  5. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?
PAGE TOP