テニス リターン

ボレー

逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い

ボレーはとにかく、打点を前に!

これは、正しいようで、少し誤解の元。

逆クロス方向へのボレーを考えた時に、みなさんはどうでしょうか?

打点が前、で本当にコントロール出来ると思いますか?

 

逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い

 


 

1.普通のクロス方向へは、打点前だけど・・・

通常のクロス方向なら、打点は前が良い。

なぜなら、ボールの外側を触ることでコントロール出来るので、ラケットを前に出しても動きとして自然なんです。

でも、逆クロス方向へのボレーはどうでしょう?

逆クロスに打つ時には、ボールの内側、つまりは自分の身体に近い側をラケットで触る。

ですので、打点が前だと変な打ち方になると思いませんか?

無理やり前に出しても、力は入らない。

だからこそ、大事なのは「呼び込む意識」です。

 

2.ボールを呼び込んで、逆クロスへボレー

これが自然で安定した打ち方、です。

逆クロス方向へのボレーは、自然に考えると打点は前じゃない。

身体に近い位置、まで呼び込んだ方が絶対に打ちやすいんです。

焦ってラケットを前に出しても、逆クロス方向にボレーは打てないですよ。

打ちたいなら、引き付ける。

そしてポイントになるのは、上半身の使い方、です。

 

3.上半身を捻ることで、打点を調整出来る

例えば、右利きの方のフォアハンドボレー。

逆クロス方向に打ちたいなら、しっかりと左の肩を出す。

そして、打点は左の肩、よりも少し後ろでも良い。

上半身を捻って、横向きを作りながらボールを呼び込んであげる。

これが出来れば、すごく安定して逆クロス方向に打てるはず。

バックハンドでも、やり方は一緒です。

右肩を出して、呼び込んであげる。

そうすると、ボールの内側も触りやすいですからね。

 

4.遠いボールを触っても、逆クロスなら打てる!

逆クロスへのボレーって、これが使えます。

もしかしたら、みなさんももう使っている技術かもしれませんね。

ネットに出てボレーでやっと触れる、遠いボールを打つときには、逆クロスが便利。

打点が少し遅れても、逆クロスなら打てる。

これがボレーです。

ボールの内側を触る、のは結構楽ですからね。

打点が前だと、逆に難しい。

逆クロス方向のボレー、慌てずしっかり呼び込んで打てるようになりましょう!

 

何でも打点が前、は間違い。

ボレーを習ったときの先入観、があれば捨てましょう。

少し遅らせるくらいで、コントロールしやすいのが逆クロス。

これ、本当に試合で使えるテクニックですよ。

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. メルマガ配信、登録を開始します!

関連記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」です!

    ボレーが上手くなりたい、上達したいと思ってもなかなか難しい。な…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「まずい、浮いた!」と思っても、相手の正面なら焦る必要は無い

    ボレー戦の中で、ボールが浮いて相手のハイボレー。まずい!と思う…

  3. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

    ネットプレーの選手にとって、一番大事なこと。私は、この「予測力…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「毎日ちゃんとボレーボレー」でしっかり身に付くテニスの基本を再確認

    ボレーはどういう練習をしている?ボール出し練習?ボレー…

  5. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    速いボールをブロックボレー、で返球するコツ5つ

    テニスの試合の中で、難しいのがこの技術。相手のボールが速い時に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    自分にコミット出来ない人は、裸になれない
  2. アシックス

    テニス知識

    テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニス 楽天

    その他

    「スポンサー様」という意識はプロテニス選手にだけ必要?いやいや、学生のみんなにも…
  4. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスでサーブ&ボレーが得意なら、「たまにステイして雁行陣にする」と、…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い
PAGE TOP